CRM

2016年03月29日

クラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」と継続請求管理クラウド「経理のミカタ」との連携サービス「Zohoつながるくんfor経理のミカタ」の提供を開始

12804723_952359401465832_2805073682314148041_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です
クラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」と継続請求管理クラウド「経理のミカタ」との連携サービス「Zohoつながるくんfor経理のミカタ」の提供を開始

利用ユーザー1,500万人を越えるクラウドサービス群「Zoho」を提供するゾーホージャパン株式会社(代表取締役:迫 洋一郎、本社:神奈川県横浜市 以下、ゾーホージャパン)は、当社が提供するクラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」と株式会社Cloud Payment(本社:東京都渋谷区、代表取締役:清久 健也、以下Cloud Payment)が運営する継続請求管理クラウド「経理のミカタ」との連携アプリ「Zoho つながるくん for 経理のミカタ」を2016年3月29日より開始します。
「Zoho CRM」は、従来より見積書・請求書を作成し、顧客にひも付けて管理する機能を有していましたが、このたびの「Zoho つながるくん for 経理のミカタ」により、「経理のミカタ」がサポートする、月末締めの合算請求や請求書の郵送、決済や会計サービスとの連携が可能となり、見積り・請求業務の効率化を実現できます。
具体的には、「Zoho CRM」に登録されている取引先情報と請求データを、「経理のミカタ」のAPIを通じて送信し、連携を実現します。連携には専用のアプリを利用する方法と、手動で設定する方法があります。
連携アプリの利用には別途「Zoho クリエーター(https://www.zoho.com/creator/)」の有料プランが必要となります。手動によるデータ連携は、「Zoho CRM」のカスタムボタンをユーザーが設置することにより利用可能となります。
「Zoho つながるくん for 経理のミカタ」について:

1、「Zoho CRM」の取引先から「経理のミカタ」の請求先との連携
- Zoho CRMの取引先データを経理のミカタに送信し、請求先として登録できます。


2、「Zoho CRM」の請求書から「経理のミカタ」の請求情報の連携
- 「Zoho CRM」の請求書データを「経理のミカタ」に送信し、請求情報として登録できます。
- 「Zoho CRM」の請求書の商品データ1件を「経理のミカタ」の請求情報1件として登録できます。


連携には下記のライセンスが必要となります。
・ 「Zoho CRM」エンタープライズプラン:(https://www.zoho.jp/crm/price/
・ 連携アプリを利用する場合は「Zoho クリエーター」(https://zoho.com/creator/)の有料プランが必要(有料プランならどのプランでも利用可)です。
・ 「経理のミカタ」有料プラン:https://www.cloudpayment.co.jp/service/mikata/plan/

<連携の提供方法>
(1)「Zoho つながるくん for 経理のミカタ」連携アプリは以下のZoho クリエーター マーケットプレイスよ り入手可能です。(近日公開予定)
サンプルアプリ:https://creator.zoho.com/jpzohodemo/zoho-tsunagaru-kun-for-keiri-no-mikata-demo#
(2)手動設定の手順は以下のZoho CRM活用マニュアルに掲載しています。
APIの設定手順 :https://teachme.jp/contents/827626
取引先の連携手順:https://teachme.jp/contents/827573/
請求書の連携手順:https://teachme.jp/contents/599803/

<導入ユーザーの声>
Zohoつながるくん for 経理のミカタはすでに、株式会社スタンダードテストピース(本社;神奈川県平塚市 http://standard-testpiece.com/)にて導入されています。

株式会社スタンダードテストピース 代表取締役 市川 直樹 様による賛辞
「正直、誰にも教えたくないほど、理想的で超絶的なシステムです!!
今すぐにも効果的で、さらに事業を拡張すればするほど、比例して、 効果が得られる最強のシステムです。
これで次のステップへの土台を固めたという感じです。急激に成長した場合、今までの請求システムでは資金回収漏れが発生していましたし、新たに人材を入れたところで教育時間もありません。さらなる成長を遂げるには、この請求自動化システム「Zohoつながるくん for 経理のミカタ」という土台がどうしても必要だったのです。」

<Zoho つながるくん for 経理のミカタ 特別セミナーの開催>
このたびのリリースを記念して、特別セミナーを開催いたします。
「ビジネス成功の鍵はクラウドにあり?!営業・経理のつながり強化セミナー」
 日時:2016年4月15日(金)15:30-17:00(受付開始15:00)
 場所:ゾーホージャパン株式会社 関内オフィス(横浜市中区山下町)
 主催:ゾーホージャパン株式会社、株式会社Cloud Payment
 定員:先着20名様
 詳細:http://www.zoho.jp/crm/seminar/s20160415/

クラウド型顧客管理・案件管理サービス「Zoho CRM」について:
「Zoho CRM」は、世界中で5万社以上の導入実績があるクラウド型顧客管理・案件管理サービスです。導入に必要な初期費用は不要で、ユーザー登録のみで開始できます。最安プラン(月換算1,440円)でも標準的なSFA・CRM機能を取り揃えているため、乗り換えによってライセンス料金を減らすなど、企業のコスト削減施策としても活用されています。現在、「Zoho CRM」無料版は、10ユーザーまで利用可能です。

継続請求管理クラウド「経理のミカタ」について:
「経理のミカタ」は、請求、集金を自動化してコストを大幅に削減する、請求管理クラウドサービスです。 毎月請求が発生する取引先に対して、請求・集金・消込・未収金催促が全自動でできる「請求管理システム」で、毎月同じ作業を繰り返していた請求管理業務から解放されます。経理のミカタを用いる事により、これまでの業務を自動化し、コストを大幅に削減する事が可能です。
------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

株式会社Cloud Paymentについて
Cloud Paymentは、創業以来15年間蓄積したインターネット決済代行事業のノウハウを活かし、継続請求管理クラウド「経理のミカタ」を販売しております。企業の業務の中でエクセルなどを活用することにより属人化しているとされる、請求から集金、消込、催促までの一連の商取引における金銭の授受を、管理することが出来るクラウドサービスを提供しています。

ゾーホージャパン株式会社について URL:http://www.zoho.co.jp  
ゾーホージャパン株式会社は、ワールドワイドで事業を展開するZoho Corporation Pvt Ltdが開発/製造したネットワーク管理開発ツールや企業向けIT運用管理ツール、企業向けクラウドサービスを日本市場に提供すると同時に関連するサポート、コンサルティングなども提供しています。ネットワーク管理開発ツール「WebNMS」は、シスコシステムズ、エリクソン、アルカテル・ルーセント、モトローラなど世界2
5千社の有力企業で採用され、ネットワーク管理のOEM市場でデファクト・スタンダードとして認知されています。また、WebNMSのノウハウや経験を生かして開発された企業向けIT運用管理ツール群「ManageEngine」は、世界10万社を超える顧客実績を誇り、国内でも販売本数を伸ばしています。その他、業務改善/生産性向上を支援する企業向けクラウドサービス群「Zoho」は、世界で1,500万人を超えるユーザーに利用されています。

photo by yukiharu furuya

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プロジェクト管理会計研究所では このたび元大手監査法人出身 公認会計士の末永貴志さん
と共同で「受注損失引当金に関する会計実務」を販売することになりました

受注損失引当金に必要な運用手法・会計実務を網羅
ファイルダウンロード方式
詳しくはこちらをご覧ください
http://projectkanri.shopselect.net/items/1666150

------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

プロジェクト管理会計研究所では、プロジェクト型ビジネス専門の
転職相談サービスをスタートする予定です
基本的な会計知識をベースにされている方向けにERP・業務知識をマスター
選りすぐりの管理部門専門エージェントをご紹介いたします。
お楽しみに・・・

emplexfuruya at 23:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年03月15日

日本マイクロソフト、CRMクラウドも専用線でダイレクト接続可能に


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

日本マイクロソフト、CRM(顧客関係管理)ソフトをSaaS型で提供するサービス
「Dynamics CRM Online」の使い勝手を強化し、ユーザー企業の社内システムからインターネットを介さずに専用線で直接接続するサービス「ExpressRoute for Dynamics CRM Online」を開始した。国内のデータセンター事業者4社が接続サービスを提供する。

 インターネットを介さずに閉域網で直接接続できるクラウドサービスの種類を拡充した。これまでは、Microsoft AzureのIaaS環境に直接接続する「ExpressRoute」(2015年1月提供)と、Office 365に直接接続する「ExpressRoute for Office 365」(2015年12月提供)をラインアップしていた。今回これにDynamics CRM Onlineを追加した。

 接続事業者と提供開始時期は、インターネットイニシアティブが2月23日、エクイニクス・ジャパンが3月中、NTTコミュニケーションズが2月25日、ソフトバンクが2月23日。4社のネットワークがExpressRouteを介してAzure/Office 365/Dynamics CRM Onlineと直接つながっているので、これを介して社内システムから閉域網でクラウドにアクセスできる。

 直接接続の対象をDynamics CRM Onlineに広げた背景には、CRMでは顧客情報などを蓄積しており、高いセキュリティが求められるという状況がある。社内システムとDynamics CRM Onlineを直接接続することで、ネットワーク経路上のセキュリティや、インターネットを介することによるアクセス性能の低下といった課題を解消する。

 価格例(税別)は以下の通り。ソフトバンクの場合、ExpressRouteへの接続回線サービス「ダイレクトアクセス for Microsoft Azure」が、帯域10Mビット/秒の最小構成で6万4000円。これに「Office 365接続オプション」を追加すると、Office 365、Skype for Business、Dynamics CRM Onlineへの ExpressRouteによるアクセスが可能になる。Office 365接続オプションの価格は、閉域網からOffice 365へ送信元アドレスを変換して接続する場合、IPアドレス当たり月額20万円。

emplexfuruya at 22:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月19日

Zoho CRMとSansanが連携、CRMに名刺情報を移管可能に

001l


Zoho CRMとSansanが連携、CRMに名刺情報を移管可能に

ゾーホージャパンは2月18日、同社のクラウド顧客・案件管理サービス「Zoho CRM」と、法人向けクラウド名刺管理サービス「Sansan」の連携を実現するアプリを19日より提供すると発表した。

同アプリでは、名刺管理と顧客データベースをつなぎ合わせることで、CRMへの名刺情報の入力作業を効率化。営業担当者が個別に管理して社内で共有されずにいた名刺情報を、組織の人脈として、共有・活用できるようになる。

連携は、2015年10月に公開されたSansan Open APIとの接続によって実現しており、連携アプリや連携の設定ドキュメントの利用は無料となっている。機能は、クラウド型Webフォーム&データベース作成サービス「Zohoクリエーター」より利用できる。

emplexfuruya at 22:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月02日

経営管理レベルアップレポート集 〜取引先依存度分析〜

2cbcd24a


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日はオリジナルの経営レポート「取引先依存度分析」です。

ポイントは
売上による依存度
利益による依存度です。

この2つのカラムを並べておく理由は
売上げの依存が高くても
利益依存は低い場合があります。
また利益依存に対してのプロジェクト別利益を
把握することが重要です。

この取引先をCRM(顧客管理)と連動して
受注や売上実績のみならず
案件獲得予定情報
契約情報
と連携させることによって
将来の取引先依存度分析を把握することが可能です。

取引先依存度は
受注ベースかつ売上ベースで行ったほうが良いでしょう。

なお 本レポートは
クリックビューというBIソフトからアウトプットさせています。

プロジェクト管理会計研究所では このたび元大手監査法人出身 公認会計士の末永貴志さん
と共同で「受注損失引当金に関する会計実務」を販売することになりました

受注損失引当金に必要な運用手法・会計実務を網羅
ファイルダウンロード方式
詳しくはこちらをご覧ください
http://projectkanri.shopselect.net/items/1666150

emplexfuruya at 22:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド