ASP

2011年08月19日

「Time Krei ASP」、Windows Azure(TM) Platformを活用して「MCFrame online原価管理」とクラウド連携

MC_091

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

ソフトウェア開発企業である株式会社テンダと東洋ビジネスエンジニアリング株式会社は、
テンダの提供するグループウェアとプロジェクト管理を統合したSaaS/ASP型Webシステム
「Time Krei ASP(タイムクレイASP)」と、B-EN-Gが提供するSaaS型原価管理システム「MCFrame online 原価管理」をマイクロソフトのWindows Azure(TM) Platformを活用してクラウド連携し、
8月19日(金)より、非製造業向けに新たなプロジェクト原価管理ソリューションを提供しました。

今回の両システムのクラウド連携により、それぞれの強みを生かし、
プロジェクトの正確な作業工数と原価を効率的に導き出し、企業が適正な利益を生み出すための
プロジェクト原価管理ソリューションが短期間で導入することができるそうです。

<Time Krei ASPとMCFrame online 原価管理のクラウド連携の概要>
企業が適正な利益を上げるには、売上と原価とのバランスが重要です。特に非製造業においては、プロジェクトの遅延などにより予定以上のコストがかかるということが日常的に発生しており、これを、利益を生む構造へと変えていくことが必要です。

この点において「Time Krei ASP」は、プロジェクトの進捗状況をリアルタイムに把握でき、都度プロジェクトの問題を検知しながら軌道修正し、成功に導くためのマネジメントを行うことが可能です。また、要員個々の予実管理も行えるため、誰がどの業務をどのぐらいの時間で行ったのかが明確になり、要員原価を算出する上での正確な情報を取得することができます。一方、「MCFrame online 原価管理」では、人件費・間接費などプロジェクトにかかるすべての原価を集約し管理することができ、特に非製造業では面倒とされる配賦作業を、指定した一定の基準に従って自動で行うことが可能です。また、「Time Krei ASP」で集約された各要員の工数から人件費を割り出し、常に正しい情報に基づいた原価を算出することが可能となります。

今回のクラウド連携により、プロジェクト推進においてポイントとなる、プロジェクトの健全化と正確かつ緻密な原価管理の両方を短期間で実現できるようになることで、企業を黒字体質へと変える環境作りに貢献してまいります。

<「Time Krei ASP」とは>
URL(http://timekrei.tenda.co.jp/
テンダが開発した「Time Krei ASP」は、600社を超える利用実績を持つ、グループウェアとプロジェクト管理を統合したSaaS/ASP型Webシステムです。プロジェクト管理では、本格的なWBS機能によりプロジェクトにおける作業予定と進捗、要員などの情報を一元管理することができます。またEVM分析で、プロジェクトの予定、現在の出来高、コストを数値で具体的に把握することもでき、問題の早期検知と軌道修正の判断材料として活用できます。「Time Krei ASP」は、業務にかかる「時間」と「コスト」を、経営者側・管理者側・従業員側のそれぞれ3者の視点で情報を提供し、企業マネジメントに必要な情報の管理・収集・分析によって、業務改善・組織の健全化を支援するソフトウェアです。

<「MCFrame online 原価管理」とは>
URL(https://www.mcframeonline.com/cost2/
B-EN-Gが開発した「MCFrame online 原価管理」は、すでに260社以上で導入されているMCFrameの原価管理のクラウド・SaaS型による提供サービスです。中堅・中小規模の製造業・ソフト開発業の中には、本格的な基幹系システムの導入ニーズがあっても、初期投資額、導入/運用のための要員不足、要求仕様の取り纏めの問題など、システム導入に踏み切れないケースも多く見受けられます。「MCFrame online」はそのようなお客様に向けて、「MCFrame」やその関連機能をクラウド・SaaS型で提供するサービスで、お客様はサーバ・ハードウェアなどのまとまった初期投資が不要となり、Windows PCとインターネット接続があれば先進の原価管理機能をすぐに利用することができます。

このソリューションの特長は、
マイクロソフトのWindows Azure(TM) Platformを活用してクラウド連携
勤怠や工数データを、原価管理システムへCSVでデータを流すことにありそうです。
導入前のしっかりとした業務フローの構築が必要だと思います。
先読み管理会計を実現するためには、このフローを慣らしてから導入することをおすすめします。



emplexfuruya at 18:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月29日

広告代理店向け販売管理システム ADMANのご紹介

adman_logo

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日ご紹介する ADMANは、アップクロスさんが提供されている
広告代理店向け販売管理システムです。
広告代理店特有の案件(プロジェクト)単位での取引 
受託型のサービスを提供される企業などで活用いただけるシステムです。

広告代理店の販売管理上の課題は
・案件(プロジェクト)ごとの損益管理をシステム化
・証憑(注文書、発注書、請求書)をシステムから出力
・財務会計システムに連携したシステムを構築
・内部統制に対応した社内の業務フローを確立したい。
というポイントがあります。

【ADMANシステム構成図】
adman_img_04


本システムの主な特長は以下の通りです。
・広告代理店特有の業務に対応したシステム!!
・案件、業務内容、原価を、プロジェクト、JOB、原価というシステム概念で管理が可能。
・同一プロジェクト内で、異なった月での売上計上や、請求書の発行が可能。
・プロジェクト別損益管理の実施。
・コスト意識の徹底〜原価管理の実践ルール
・取引データの一貫処理〜データの一元管理と活用
・入力系端末はWEBブラウザから入力が可能。
・媒体売上管理機能標準装備

「ADMAN」の歴史は古く、販売開始から10年が経過し、実績のあるシステムです。
また最近クラウド型サービスの提供もされたそうです

ご興味のある方は↓のフォームから資料請求ください
https://ssl.form-mailer.jp/fms/6a0b6a42147194

emplexfuruya at 21:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月26日

クラウド ASP・SaaS イノベーション・シンポジウム

main_img

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は 2011年7月5日(火)〜6日(水) に行われる
クラウド ASP・SaaS イノベーション・シンポジウム(ASIS2011)を紹介します。

「深化するクラウドが拓く新たな世界」〜災害危機管理・事業継続に向けたクラウド活用〜
情報システムの柔軟性を高め、迅速な経営展開に貢献するクラウドコンピューティング。

「ASP」・「SaaS」などのサービスが進化する中、危機管理や防災対策においても注目が高まり、
製造、情報通信、建設・不動産、医療・福祉、流通、金融、行政など、
活用のすそ野は広がりつつあります。本シンポジウムでは、
クラウドコンピューティングの活用に向けた最新のクラウドサービスを紹介

http://www.aspicjapan.org/asis2011/index.html

日時 :
2011年7月5日(火)〜6日(水)
開催時間 : 5日9:00-18:00/6日10:00-16:30
会場 : 日経ホール他
料金 : 無料(事前登録制)
主催 : 特定非営利活動法人ASP・SaaS・クラウド コンソーシアム(ASPIC)/日本経済新聞社

先日ネットワークのマーケティング担当の元同僚に話を聞いたところ
震災後問い合わせが数倍に伸びているとのこと
コストをカットしながらうまくリプレースを実現したい
システムインフラの考え方が変わってきているというお話をいただきました。

意外と自社内に置いている企業はまだまだ多いようですね



emplexfuruya at 18:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド