管理会計

2016年02月08日

三井造船が受注工事損失引当金計上で16年3月期業績予想を一転減益へ修正

10931089_788683924500048_5396096991157448382_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

三井造船が受注工事損失引当金計上で16年3月期業績予想を一転減益へ修正

16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の8300億円から8100億円(前期比0.8%減)へ、営業利益を180億円から120億円(同9.8%減)へ、純利益を130億円から60億円(同36.6%減)へ下方修正しており、営業利益・純利益は増益予想から一転して減益予想

 船舶海洋部門の見通しを見直して売上高を下方修正したことに加えて、建造中の海洋支援船4隻に関して受注工事損失引当金の計上などで72億円の追加損失を売上原価に計上したことが響くしている。

 なお、同時に発表した第3四半期累計(15年4〜12月)決算は、売上高5875億8700万円(前年同期比5.3%増)、営業利益48億4500万円(同53.3%減)、純利益24億7500万円(同73.2%減)だった。

プロジェクト管理会計研究所では このたび元大手監査法人出身 公認会計士の末永貴志さん
と共同で「受注損失引当金に関する会計実務」を販売することになりました

受注損失引当金に必要な運用手法・会計実務を網羅
ファイルダウンロード方式
詳しくはこちらをご覧ください
http://projectkanri.shopselect.net/items/1666150

emplexfuruya at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年02月03日

病院の管理会計

10408831_792036137498160_1077335360920785578_n


プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は病院のプロジェクト管理会計について

病院の経営状況はほとんど赤字という書籍をよく目にします
病院経営を取り巻く環境は、まさに今、激動の時代を迎えています。

病院経営は基本固定費ビジネスなので
その中で損益分岐点を超えるような管理会計をしていけば 管理はしやすいと思います。
総合病院の場合、複数のセグメントに分かれておりますので
医師の生産性を追求することが求められます。
所謂ABCの考え方

医師がタイムシートを入力することにより
1患者当たりの利益を算出することが可能になります。
実務上、医師のプライド上そういったタイムシートの管理が困難かもしれません

もうひとつの方法はセグメント毎の採算管理
適正なコスト配分、売上見込みの安定化予測を図れば
採算予測管理はできるはずです。

また薬品の品質保持期限を無視した仕入れを大量に行って
いることも利益の機会を損失していることも重要なポイントです。
在庫管理は期限管理で利益に大きく影響を与えます。
在庫調整を勘ではなく、きちんとした予定管理をしていくことが
確実な利益を確保するポイントになります。

低コストでどれだけ質の高いサービスを提供できるか、
適切な投資で十分な生産性を得ているか、
業務の効率、投資の効率は向上しているかということがポイントです。

photo by yukiharu furuya

プロジェクト管理会計研究所では このたび元大手監査法人出身 公認会計士の末永貴志さん
と共同で「受注損失引当金に関する会計実務」を販売することになりました

受注損失引当金に必要な運用手法・会計実務を網羅
ファイルダウンロード方式
詳しくはこちらをご覧ください
http://projectkanri.shopselect.net/items/1666150

emplexfuruya at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2016年01月28日

出版業の管理会計

写真 4 のコピー


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

出版会社のプロジェクト管理会計について
出版業の業務は大きくわけて、営業、企画(編集)、制作管理の3つ

営業は取次や書店に対し、新刊の案内をしたり、受注交渉(配本部数交渉)をしたり、
納品や集金をしたりするルートセールスにあわせ、ヒット企画のネタ集めも行います。
媒体を発行している場合には広告営業も重要
特に読者収入よりも広告収入に頼っている場合は最重要です。
クライアント開拓のために新規開拓や、あてにならない広告代理店を回って企画を話し、
広告を取ってきてもらうものです。

企画(編集)は、いかにヒットする商品を企画できるかにかかっています。
単発の特集企画からシリーズ本の企画まで幅広く行います。
また原稿作りや撮影、取材などのページ制作は編集プロダクションやフリーの
契約スタッフに丸投げすることが多いので、
そうした外注先のコントロールも主たる仕事になります。

制作/管理。売りにつながる造本と、コストセーブに頭を使う部署です。
印刷会社の選定や進行・コスト管理に常に頭を悩ませています。

一般的に部門毎でいうと
営業は、販売費
企画(編集)は、製造直接費
制作管理は、製造間接費
で会計処理をします。

プロジェクト管理会計という観点で言えば、出版業は
受注を受けて仕事を回すのではなく、自社で企画したもので利益を出していくため
投資型のプロジェクト型ビジネスと言えると思います。

費目別でいうと
外注先のコントロール「外注費」をまずおさえるべきポイントですが
次のステップとして最大の社内コスト労務費をプロジェクト毎に
企画・制作管理のみならず営業コストも予算管理していくことが
出版業のプロジェクト管理会計のポイントです。

営業コストをどこでどのプロジェクトにつけるのかが出版業の
先読み経営をするための大きなポイントです。

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 21:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月22日

フォーキャスト作成方法について

11203054_821249997910107_5012091211279906948_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

フォーキャストの予測
どこの会社も当月の売上予測はエクセルで集計していることが多いようです

先日一部上場企業のマネージャーに聞いたときは驚きでした
数千名の社員がいる企業が当月分の売上予定をエクセルで部門毎
集計し、経営企画がその部門集計をまたしているそうです。
おそらくズレやダブりもあることでしょう・・・
結局は、財務会計の数値が実績になるわけですが
ここの乖離を図るのに人間力が必要なのは
ここの会社さけではないように思われます。
貴方の勤めている会社は大丈夫ですか?

規模が大きくなればなるほど、
・この集計をエクセルでは面倒だし
・ダブりもありえますし
・検収や納品のズレがあるとそこもなかなか見えてこないし
・保守の売上などは月次できちんと計上しなければなりません
・当月だけで相当苦労を要するのですから今期全てを把握する
 ことは相当な労力を使うことになるでしょう
・特にこの集計をマネージャークラス(年収1000万円を超える)
 人がおそらくゾロゾロいるのであれば相当なコスト負担になりますね

売上予算に対してリアルタイムに今の達成度合いが見えるのは
経営者としては、重要ですね

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年03月26日

【プロジェクト管理会計アプリのあり方】GoogleAppsの発展

DSC_0258

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日ネットで「クラウドがもたらすSIの終焉」という記事がありました
お話されていたのは
Google Appsの導入などを手がけるサイオステクノロジーの栗原氏

リーマンショック以降、ユーザーのコスト削減意識が高くなり、
クライアントから ユーザー自身でIT導入の一部を肩代わりするセルフサービス化、
段階的で柔軟な価格付けが求められるようになり
「使っている時間だけ、あるいは人数分だけ支払うという料金制が求められるようになった」
といいます。

サーバーなどの仮想化も購入の前提になりつつある。
こうした状況の中、クラウドの導入が一気に進んでおり、
特にノンコア領域領域のGoogle Apps利用が増加

GoogleAppsの主な業務としては、
グループウェア
ワークフロー、
経費精算、
営業支援、
勤怠管理、
など
一方で、会計や販売管理、給与などのERPがカバーする分野はなかなかクラウド化までは難しいもの、
なのでクラウド化したアプリケーションと仕訳や受注・売り上げデータのやりとりが不可欠です

このパーツ毎の業務アプリの情報から何が得られるか?
それは
事業毎の採算
チーム毎の採算
個人ベースの採算
プロジェクト毎の採算
取引先毎の採算
が見えるはずです
さらには ERPでは決定カバーできない先を読む経営情報から管理会計が実現できます。

重要なのは必要最小限のマスタ運用管理から得られる
有機的な繋がりをもった統合的な情報です。
GoogleAppsをさらに発展させるには ここが重要なポイントです。

photo by YF
 




emplexfuruya at 21:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月25日

マーケティングとプロジェクト管理会計との連携

74099611_v1305282942

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロジェクト管理会計とマーケティングはつながるのでしょうか?
ABC(Activity Based Costing)を使うと、顧客別損益管理に分解できます。
これにより
プロジェクト管理会計は顧客単位で紐付けることができます。
セールス部門でもABCを連携し意識を変えることが出来ます。

この数字を活用し
プロジェクト利益を、R&D部門や製造部門に反映し、マーケット志向を持たせることが重要です。
技術志向や、製造部門のコスト志向に引っ張られて、
マーケット志向が失われないよう
まずはプロジェクト原価管理を実践することがファーストステップだと思います。

photo by MK

emplexfuruya at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月11日

書籍紹介 イノベーションを興す創発人材をさがせ

4532317037

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

皆さんの会社には、創発人材はいるでしょうか?
探求心旺盛で、管理を嫌い、扱いにくい。
要領が悪く、つきあいが苦手、主流でないところに生息。

創発人材はアスペルガー症候群(自閉症、発達障害の一つ)であることを示唆しています。
昨今の横並び主義や、見下すかひれ伏すかの思考停止状態が彼らを排除していることが多いと思います。

偏りのない人、欠点のない人はいないので、性格を持った人たちが社会から大量に排除されるような
システムができてしまうと社会全体が正しく機能しなくなってしまうと思います。

この本は
キヤノン元研究所長がその能力を開花させる組織変革を実践例で詳説しています。
新規事業を創出させたい経営者には参考になる1冊です。

プロローグ 誰がイノベーターを殺すのか
第1章 こんな創発人材が身近にいませんか
第2章 創発人材を活かして、イノベーションを興す条件
第3章 みにくいアヒルの子から白鳥に育つマネジメント
第4章 白鳥になって羽ばたく
第5章 なぜ日本のイノベーション創出力が劣化したのか


emplexfuruya at 15:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月10日

先読み管理会計とSFA(営業支援管理)

4808694623_b8471b4abf











プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「管理会計とSFA(営業支援管理)」についてお話します。

プロジェクト型ビジネスにおいて
取引先毎にプロジェクトの状況を把握することは
お客様の取引状況全てを把握することと同じです。

プロジェクト毎の採算実績
プロジェクトの契約状況
プロジェクトの進行状況
がそれにあたると思います。

ここにSFA(営業支援管理)を連携させると
更にその先を読んだ経営を行うことができます。
所謂「先読み管理会計」

取引先をキーとして
営業マンの訪問状況
新規案件の進捗状況
受注済案件とプロジェクト化した進行状況などを
連携し受注見込み案件を戦略的受注すべきかどうか
把握することができます。

またこの連携を元に
レベニューフォーキャストレポートを作成することができます。

受注済売上予定数値+未受注売上予測数値=実現可能レベルの売上予測額
この実現可能レベルの売上予測額と年度の予算を比較し
あと新規案件獲得をいくら追加すれば良いか経営者は確認することができます。

この予測額の増減の内容を毎週確認することが重要なポイントです。

photo by MK

















emplexfuruya at 21:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド