不機嫌な職場

2010年08月22日

成長するしかけ

32386080














プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「成長するしかけ」という本を紹介します。

ベストセラー『不機嫌な職場』という本でで、
良い会社の代表に挙げられた「サイバーエージェント」。

ITバブル崩壊後、離職率の高止まりに悩んでいた同社が、
いかにして「働きがいのある会社」「成長できる会社」に
組織を整えていったのか、その秘密に迫ります。

社員の定着を妨げた3つの問題は、
1)ビジョンや価値観の浸透が弱かったこと
2)社員同士のつながりが希薄だったこと
3)個人への認知や自己肯定感が不足していたこと
にあります。

社風や制度の変革の必要性を改めて振り返る機会をもったことにより
働き甲斐のある社風を創れたと思います。

この3点を踏まえていけば
あなたの会社も変革への道が開けるのではないでしょうか?
この価値観の共有こそが優秀な社員を束ねる重力を起こすポイントです。

近い将来、私の知人が
「企業向け社風・制度改革」を会社宴会を踏まえたサービスモデル
を立ち上げる予定です。
時期がきましたらご紹介をさせていただきます。

≪章立て≫
序章 ネットバブル崩壊
第1章 ビジョンと価値観を共有する
第2章 社員同士のつながりを強化
第3章 メンバーの自己充足感を高める
第4章 経営と現場をシンクロさせる
第5章 人も会社も競争の原理で伸ばす
第6章 人材を発掘して育てる制度
第7章 社員に報いる「安心」の福利厚生
第8章 将来を担うマネージャーの育成
第9章 優秀な人材を採用する仕組み
第10章 人事が考えていること
対談「サイバーエージェントの人事戦略」 藤田晋×曽山哲人

emplexfuruya at 13:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月30日

不機嫌な職場

287926-1














プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「不機嫌な職場」という本を紹介します。

・イライラした空気が職場に蔓延し、会話がない。
・困っていても「手伝おうか」の一言がない。
・「おはよう」等の挨拶もなく、皆淡々と仕事をはじめる。
こんな職場環境は皆さんの周りではありませんでしょうか?

前段に書かれている「不機嫌な」エピソードの数々に、
おそらく殆どの方が「うちの会社もあるある」
と思ったのではないかと思います。

この中の事例の2社はIT業界の企業だということです。
実際、IT業界は、社員のノリややる気だけで乗り切っている部分
も多く、会社のフラットさや遊び心は、
そういうテンションを保ち続けなければ立ち行かないという
必然の結果でもあると思います。
だからこそ社員同士のつながりや文化の形成
感謝心・報われた環境を経営者が創りあげていくことが必要です。

起きていることを客観視し、お互いの感情をシェアし
感情と認知のフィードバックを行うことは重要だと思いました。


emplexfuruya at 15:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド