ライフスタイル

2011年05月04日

書籍紹介 7つの制約にしばられない生き方

4479793151

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は本田直之さんの「7つの制約にしばられない生き方」を紹介します。

日本人の価値観が変化しています。
常識は誰かが作ったものであり、自分たちを縛っています。
本田さんは新しい価値観を提案している。
時間、場所、人、お金、働き方、服装、思考の7つに注目し、
経験し役立った考え方、スキル、やり方などを紹介している。

逆に「制約がなかったらどんなライフスタイルを送りたいか」という発想から、
それを向かうための方法をステップを踏んで説明しています。

自分はどんな制約の中 生きるのがベストなのか
足りないことを埋めるためにはどんな努力をすればよいのか
気づかせてくれる1冊でした。

第1章 
7つの制約にしばられない生き方とは?
(何も制約がなければ、あなたはどんなライフスタイルを送っているのか?;具体的に書いてみる ほか)

第2章 
7つの制約にしばられないための考え方は?(覚悟する・リスクを受け入れる;すべてを得ることはできないので、捨てる物を決める ほか)

第3章 
7つの制約にしばられないためのスキルは?(タイムマネジメント力;検索力 ほか)

第4章 
7つの制約にしばられないための実践方法は?(住む場所は大事;会社以外の仲間や趣味を持つ ほか)


emplexfuruya at 13:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年12月24日

電子書籍端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」

sharp_galapagos01_m










プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日ヨドバシカメラにて
日本ならではの電子書籍端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」が店頭で
販売されていました。
普段はネットでの販売ということで興味があったので
メーカーの方と色々とお話させていただきました。

電子書籍配信サービスが活気付き始める中、
いまだに各社が主導権を争う形でにらみ合いを続けている感のある日本です。
シャープが日本の書籍文化に適した豊かな表現力と使いやすい
ユーザーインターフェースを備えた
電子書籍端末「GALAPAGOS(ガラパゴス)」を発表しました。

電子ブックストアサービスを12月よりスタートしたようです。
定期購読(有料)を申し込んだ新聞や雑誌などの
最新のコンテンツを利用できるほか、
おすすめの電子書籍コンテンツの体験版(無料)が自動配信されるとのこと。
サービス開始当初のコンテンツ数は新聞、雑誌、書籍など約3万冊。
コンテンツ量としては、なかなかの数字ですね

5.5インチ液晶を搭載して文庫本感覚で手軽に読めるモバイルタイプと、
10.8インチ高精細HD液晶で雑誌が見開きで楽しめるホームタイプの2機種
重さも軽く、片手で電子書籍も読むには十分な感触でした。

ipadとは違い、あくまで利用の目的が電子書籍端末になるのですが
ネット閲覧やゲームもできます。

さて私が思っているのは
本当に電子書籍のコンテンツ販売が一般化されるか?という疑問です。
ipadとは違い、GALAPAGOSはあくまで電子書籍端末なので
コンテンツの利用がこのビジネスを左右します。
このハードはあくまでパーソナルユースだと思うので
いかにライフスタイルに即した新しい形のメディアを
作りあげることができるかがポイントだと思います。

多様化・細分化が進めば進む程
雑誌のあり方も変えていく必要があります。
シャープさんは現在ハードメーカーですが
コンテンツを充実させるためには
このあり方を追求できればビジネスモデルの成功も見えてくると思います。
私もその何かを追求していきたいと思います。








emplexfuruya at 17:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド