プリマスタイル

2012年04月06日

【ソールドアウト商品情報】床島佳子さん プリマスタイル フットベッドシューズ

442306L

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

女優の床嶋佳子(とこしまよしこ)さんがプロデュースした<プリマスタイル>
“プリマスタイル フットベッドシューズ”のご紹介です。

【床嶋佳子さんプロデュース】
舞台、ドラマでおなじみの、床嶋佳子さんがプロデュース。
幼少時から行なっていたバレエにより、現在も綺麗な姿勢と美しいプロポーションをキープし続けています。そんな美しさの秘訣は、“日ごろから丹田を引き上げることを意識し、正しい姿勢を心がけること”、“女優としてしなやかで女性らしく見せるためのこだわりを入れたウェアを着こなすこと”の2つ。そんなすばらしいポイントを、身に着けるだけでサポートしてくれるアイテムを開発しています。人間は楽な姿勢を続けていると、姿勢の歪みから、タレ尻、下腹ポッコリ、猫背、肥満、筋肉のコリ、X脚、O脚、外反母趾など、お悩みの原因になってしまうことも。そこで、普段からなるべく足に負担がかからない靴を履き、重心を安定させ人間本来の歩行を行なうことが大切です。正しい姿勢を意識して毎日の生活を送っていくと、美しく正しい身体づくりへとつながり、それが美しいプロポーションへと導いてくれます。

【3層構造のインソールで快適歩行をサポート】
インソールの素材は、直接肌に触れる部分の合成皮革と、2種類の衝撃吸収素材を組み合わせた3層構造なので、足裏が沈み込むように柔らかく、重心が安定しやすいつくり。まるでインソールが足裏に吸い付くような感覚で、足にかかる衝撃を優しく受け止めて吸収し、負担を軽減します。歩行時は踵でしっかり衝撃を吸収し、つま先で柔らかいインソールを掴んでしっかりかき出すように歩行をサポート。砂浜を裸足で歩くような感覚で歩行することができます。また、ゆったりめのワイズなので、外反母趾や足がむくみやすい方でも気になりにくくなっています。

【お洒落なデザイン】
普段から人に見られる女優という職業を持つ床嶋さんならではの、こだわり満載のシューズ。足先がすっきり綺麗に見えるような、バレエシューズ風のデザイン。アッパーにはレザー調の素材、足先部分にはエナメル調の素材をセレクトし、またアッパー部分と同素材のレザー調のリボンをあしらうことで、高級感と可愛らしさを表現しています。スカートやワンピースなどとのコーディネイトだけでなく、クロップトパンツなどと組み合わせても、カジュアルになりすぎない着こなしに。ウェッジヒールのため、脚を長くすらっと見せながらも、接地面積が広いので安定感のある履き心地が得られます。お洒落で歩きやすいので、普段履きはもちろんご旅行などにもおすすめ。さまざまな洋服にマッチし、気分やコーディネイトに合わせて困ったときの1足として活躍してくれそう。

予定していた個数〇千セット が1時間弱で完売!
今後の床嶋さんの美しさのノウハウが詰まった
プロデュースブランド 「プリマスタイル」 次の商品も期待したいと思います!




emplexfuruya at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年08月10日

プリマスタイル 床嶋佳子さん

418886L
418885L

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プリマスタイルは、舞台、ドラマでおなじみの、女優 床嶋佳子さんがプロデュースしたブランド。
床嶋さんは、幼少時からやっていたバレエにより、現在も綺麗な姿勢と
美しいプロポーションをキープし続けています。
綺麗にみせる女優のこだわりを、レギンスとチュニックに凝縮し商品開発しました。

チュニックは、
内蔵インナーでバスト周りをサポート
首が長く見え、女性らしい綺麗なデコルテを演出します。
チュニック丈で気になるお腹周りやヒップを、ゆとりのある七分袖で二の腕を隠してくれるので安心。また袖口部分には幅広のレースをあしらうことで、手の動きにエレガントな表情をプラスしてくれます。

レギンスは、
2種類の生地を使ったインナーを内蔵しているため、着用している間は、正しい姿勢を意識付けできます。また、インナーにはパワーメッシュを採用し、着用していても苦しくないような設計に。窮屈な感じではなく、ポッコリお腹やタレ尻など、気になる箇所を優しくサポートしてくれます。

8月23日 火曜日 17時よりショップチャンネルにて床嶋佳子さんが出演します
詳しくは↓をご覧ください
http://hba.horipro.co.jp/talent/tokoshimayoshiko.html

バレエのノウハウをベースとした、綺麗にみせる女優のこだわりブランド
「プリマスタイル」 今後の新しい商品開発が楽しみですね

emplexfuruya at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド