フォーキャスト

2016年08月24日

業績予測と予算 専門書ご紹介 Budgeting and Forecasting

プロジェクト管理会計研究所 古谷です

「Budgeting and Forecasting」 という本のご紹介

イギリスの Financial Times から出版されている洋書です
タイトルの通り 「予算」 と 「予測」のノウハウ本です

著者は、Nigel Way さん
英国での管理会計のスペシャリストです

日本では業績予測に関する本は探してもありませんが
欧米では 業績予測 フォーキャストを重視していることから
出版化されています

経営学に関する洋書なので 普段使わない単語もありますが
雰囲気で読み通せば理解できます
経営者をはじめ 経営管理 経営企画 経理 財務を担当させれおられる方にオススメです!




emplexfuruya at 00:01|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年10月22日

フォーキャスト作成方法について

11203054_821249997910107_5012091211279906948_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

フォーキャストの予測
どこの会社も当月の売上予測はエクセルで集計していることが多いようです

先日一部上場企業のマネージャーに聞いたときは驚きでした
数千名の社員がいる企業が当月分の売上予定をエクセルで部門毎
集計し、経営企画がその部門集計をまたしているそうです。
おそらくズレやダブりもあることでしょう・・・
結局は、財務会計の数値が実績になるわけですが
ここの乖離を図るのに人間力が必要なのは
ここの会社さけではないように思われます。
貴方の勤めている会社は大丈夫ですか?

規模が大きくなればなるほど、
・この集計をエクセルでは面倒だし
・ダブりもありえますし
・検収や納品のズレがあるとそこもなかなか見えてこないし
・保守の売上などは月次できちんと計上しなければなりません
・当月だけで相当苦労を要するのですから今期全てを把握する
 ことは相当な労力を使うことになるでしょう
・特にこの集計をマネージャークラス(年収1000万円を超える)
 人がおそらくゾロゾロいるのであれば相当なコスト負担になりますね

売上予算に対してリアルタイムに今の達成度合いが見えるのは
経営者としては、重要ですね

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 21:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年06月23日

リテナー契約とスポット契約

10446676_840909999277440_3296533146866368549_n

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

「リテナー契約」と「スポット契約」について

この2つの契約は、主にPR業で使われています。
「リテナー契約」とよばれる長期契約
「スポット(プロジェクト)契約とよばれる特定の活動を短期契約
のことを言います。

リテナー契約は継続こそ命。
お客様から信頼を得て長期間にわたって仕事をしていれば、
安定した経営へもっていくことができるでしょう。
セグメントとしての経営管理は積み上げた月次売上/利益に対して
固定費の割合が高いか低いかによって安定度が変わります。

またスポット契約は
主に検収時売上が計上されます。
しっかりとしたプロジェクト毎の原価管理が重要です。

フォーキャストを見るためには
当月あがる検収予定が予定通りかどうかが利益予測管理の肝となります。

photo by yukiharu furuya

※プロジェクト管理会計研究所の最新情報はメルマガにてご案内しています。
プロジェクト管理会計・先読み経営・新規事業開発など専門書にはない深い情報を
無料で配信いたします。
プロジェクト管理会計研究所のメルマガご登録はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d24f0507134923

※プロジェクト管理会計研究所 業界初業務ノウハウ コンテンツスタート
第一弾は「ソフトウェア会計規定(案)」
ソフトウェア業 管理体制強化には必須のノウハウです
↓ ↓ ↓ ↓
http://projectkanri.shopselect.net

emplexfuruya at 20:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年06月03日

「リテナー契約」と「スポット契約」

1546318_606976892670753_1683126782_n

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

「リテナー契約」と「スポット契約」について

この2つの契約は、主にPR業で使われています。
「リテナー契約」とよばれる長期契約
「スポット(プロジェクト)契約とよばれる特定の活動を短期契約
のことを言います。

リテナー契約は継続こそ命。
お客様から信頼を得て長期間にわたって仕事をしていれば、
安定した経営へもっていくことができるでしょう。
セグメントとしての経営管理は積み上げた月次売上/利益に対して
固定費の割合が高いか低いかによって安定度が変わります。

またスポット契約は
主に検収時売上が計上されます。
しっかりとしたプロジェクト毎の原価管理が重要です。

フォーキャストを見るためには
当月あがる検収予定が予定通りかどうかが利益予測管理の肝
となります。

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 22:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年08月06日

プロジェクト型ビジネスの先読み管理会計

4831189728_203bd27ab0

























プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は「プロジェクト型ビジネスの先読み管理会計」
についてお話します。

プロジェクト型ビジネスは
契約形態が受注請負型か役務提供型に2種類になります。
受注管理 契約管理をしっかりして
将来の売上情報を入力しそれを随時状況により変更できる
ようにすることが重要です。

この将来予測が先週よりも今週が上回っていれば
新たな受注が増えているということになります。

逆に減っているということがあれば
失注若しくは契約解除ということになります。

週次でチェックを行っている状況の中
この失注や保守やサービスの契約解除が
いきなり数字で表現されてしまうことも
あるでしょう

しかし、本当は現場の最前線では
そのようなアラートが鳴っているはずです。
経営会議等ではこの情報を数字がでた時点ではなく
なくなるかも知れないという情報を
オープンにして、皆で解決することが必要だと思います。

先読み管理会計は
数字のヨミだけではなく
将来起こりうることを皆で情報共有することなのです。

photo by MK
















emplexfuruya at 23:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年07月20日

リテナー契約とスポット契約

4759203556_ecbacef3e9







プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「リテナー契約」と「スポット契約」について
お話したいと思います。

この2つの契約は、主にPR業で使われています。
「リテナー契約」とよばれる長期契約
「スポット(プロジェクト)契約とよばれる特定の活動を短期契約
のことを言います。

リテナー契約は継続こそ命。
お客様から信頼を得て長期間にわたって仕事をしていれば、
安定した経営へもっていくことができるでしょう。
セグメントとしての経営管理は積み上げた月次売上/利益に対して
固定費の割合が高いか低いかによって安定度が変わります。

またスポット契約は
主に検収時売上が計上されます。
しっかりとしたプロジェクト毎の原価管理が重要です。

フォーキャストを見るためには
当月あがる検収予定が予定通りかどうかが利益予測管理の肝
となります。

photo by MK







emplexfuruya at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年06月26日

仕掛品の予測

4573100993_a940a34811_m











プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は仕掛品の予測についてお話をしたいと思います。

仕掛品とは受注プロジェクトの原価進捗で
月次で原価を集計した結果となります。

この原価を集計した結果は
外注費や労務費などの直接費と
地代家賃や水道光熱費また社会保険等の間接費を
配賦したものになると思います。

仕掛品の予測とは
当該月までの実績を積み上げた原価と
次月以降のコストを月次で積み上げたものになります。

この次月以降のコストの積み上げは
人別の作業単位でのコストレート配賦で
行うものが一般的です。

ここのコストの積み上げ方法がノウハウになります。

稼動・非稼動をどう予測するか?
刻一刻と変わるアサイメント状況をどう把握し
プロジェクト管理会計へ積み上げるか?
が重要なポイントです。








emplexfuruya at 11:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年04月03日

CFOのあり方

small







プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「CFO」のあり方についてお話をしたいと思います。

以前「日本CFO協会」のCFO本部代表取締役社長
谷口さんと出会いまして
http://www.cfo.jp/
日本でのCFO(最高財務責任者Chief Financial Officer)
を育成していくことが重要な課題になってきているというお話を
いただきました。

この協会の目的は
海外の関係機関・組織とも積極的な交流をはかり、
企業の経営はどうあるべきかなど幅広く調査・研究を進め、
調査研究活動を踏まえて高度な知識・技能・倫理観をもったCFOを育成
して、日本企業並びに日本経済の発展に寄与していくことです。

CFO(最高財務責任者)は、単なる企業財務の専門家ではありません。
財務戦略無しには経営戦略が立案できないと言われる現在、
CFOは財務を戦略に取りこめる経営者として、
欧米ではCEO(最高経営責任者)と並びそのステータスが確立されています。

企業活動のグローバル化に伴い、
日本を取り巻く経営環境はめまぐるしく変化しています。
時価会計・連結会計・キャッシュフロー会計といった一層の透明性
を要求される国際会計基準の導入、さらには金融機関を主体とした
株式持合構造の崩壊による欧米機関投資家を主体とした株主重視の
経営指標の導入など、企業の財務パフォーマンスを向上させる
財務セクションの強化、それを前提とした財務戦略の立案・遂行が
不可欠となってきました。

日本法人が中小規模の場合、
実際には経理、総務等の管理部門全体をとりまとめる
所謂管理本部長はCAO
(Chief Administrative Officer、最高管理責任者)、
という名をつける場合もありますが
対外的なわかりやすさを優先してCFOを名乗る場合が多いようです。

私が思うCFOの理想像としては
・経理財務の実績をセグメント毎に正確に迅速に報告できる体制
・セグメント毎の対予算予測フォーキャストを随時報告できる体制
・営業 マーケティング・制作製造・管理部門の業務効率化 情報効率化
・情報共有をはかり 内部統制への課題問題点のリスクを随時報告
できる理想形をもっている方だと思います。

過去の実績に囚われず、前を向いた経営を実践していくことを
常に意識すること
ここが一番重要なポイントですね

photo by MK (Tiffany by NY)





emplexfuruya at 12:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド