アップクロス

2015年07月22日

広告代理店に特化した販売管理システム

c8206788


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日ご紹介する ADMAN
アップクロスさんが提供されている広告代理店向け販売管理システムです。

広告代理店特有の案件(プロジェクト)単位での取引 
受託型のサービスを提供される企業などで活用いただけるシステムです。

広告代理店の販売管理上の課題は
・案件(プロジェクト)ごとの損益管理をシステム化
・証憑(注文書、発注書、請求書)をシステムから出力
・財務会計システムに連携したシステムを構築
・内部統制に対応した社内の業務フローを確立したい。
というポイントがあります。

【ADMANシステム構成図】

c8206788


本システムの主な特長は以下の通りです。
・広告代理店特有の業務に対応したシステム!!
・案件、業務内容、原価を、プロジェクト、JOB、原価というシステム概念で管理が可能。
・同一プロジェクト内で、異なった月での売上計上や、請求書の発行が可能。
・プロジェクト別損益管理の実施。
・コスト意識の徹底〜原価管理の実践ルール
・取引データの一貫処理〜データの一元管理と活用
・入力系端末はWEBブラウザから入力が可能。
・媒体売上管理機能標準装備

「ADMAN」の歴史は古く、販売開始から10年が経過し、実績のあるシステムです。
また最近クラウド型サービスの提供もされたそうです

ご興味のある方はお気軽にFacebook にてメッセージをどうぞ・・・
https://www.facebook.com/ykfuruya

◆プロジェクト管理会計研究所の最新情報はメルマガにてご案内しています。
プロジェクト管理会計・先読み経営・新規事業開発など専門書にはない深い情報を
無料で配信いたします。
プロジェクト管理会計研究所のメルマガご登録はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d24f0507134923

プロジェクト管理会計研究所 業界初業務ノウハウ コンテンツスタート
第一弾は「ソフトウェア会計規定(案)」
ソフトウェア業 管理体制強化には必須のノウハウです
↓ ↓ ↓ ↓
http://projectkanri.shopselect.net

emplexfuruya at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月19日

アップクロス 飯尾さん

写真

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

アップクロスの飯尾さんのご紹介

飯尾さんのご経歴は
1996年 株式会社フォーバルに営業担当として入社。法人企業向けにOA機器の販売を担当
1998年 株式会社アルゴ21(現キヤノンITソリョーションズ)に入社 システム業界に転職。
        アルゴ21では、ホテルシステムの販売を担当
1998年営業新人販売賞受賞 新規開拓と並行で販売パートナー戦略の一環として、
        販売促進・広告戦略を兼任する。
2002年からは、全国のホテル・旅館業向けに経営改革セミナーを行い、セミナー講師を担当する。
【講演内容】
 ・データを活用した戦略的経営
 ・イールドマネジメントがもたらすホテルの革新
 ・ブライダル産業に起きている現実 等
 同時期、福岡県にあるホテル専門学校において、講義を担当。

2004年 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科に入学。 経営学修士(MBA)を取得
2005年には、営業部内にSFAシステムの導入を担当。
   システムの選定と同システムの導入担当者を請け負う。
   営業プロセス改善・データの有効活用を目的とし、導入を担当。
2007年株式会社アームに転職
   広告代理店向けシステム「ADMAN」、案件型管理システム「PJMAN」の販売を担当。
   販売促進を兼任。
2009年
   株式会社アームより「ADMAN」「PJMAN」事業の事業譲渡を受け、
「アップクロス株式会社」を設立(代表 北澤淳一)
新会社の立ち上げに参加されます
2010年 クラウド型販売管理システム「APLEX」のサービスを開始。
「ADMAN」「PJMAN」「APLEX」の営業責任者

現在飯尾さんは 主に広告業向けの販売管理システムを中心として営業をされています。
その業務+IT+会計ノウハウは そこらの広告業の経理専門職以上のものがあります。

広告業の販売管理を検討されている方 飯尾さんにご相談されていると良いと思います。



emplexfuruya at 20:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月28日

BI(Bussiness Intelligencce ビジネスインテリジェンス)

DSC_3222

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

BI(Bussiness Intelligencce)とは、
売上や顧客分布等の経営指標をエグゼクティブ層に、
分かりやすくレポートし、意思決定をスムーズにする事を目的
とした社内情報の見える化ツールの総称です。

販売管理システムには様々な情報が集まってきます。
・売上情報
・原価情報
・経費情報
・予算情報
等が基本的な情報になりますが、
取引先やプロジェクト 社員 媒体などほかにも様々あります。

市販の会計ソフトの基本的なレポートでは 
見れるレポートの軸に自由度がないケースが大きいです。

取引先別 で見ていくと
会社全体・事業全体として売り上げは重要なポジションを占める
顧客が意外と採算ベースでは赤字だったりします。

さらにプロジェクト別で見ていくと
不採算顧客の管理方法は、この実績を把握しながら
プロジェクトの利益実績
今後受注する可能性のある営業案件に対する予測利益
などドリルダウンによって今後の戦略を図ることも可能です。

プロジェクト情報と取引先マスタを確実に連携させ
事業毎に取引先の売上・利益管理をされることをおすすめします。

また、これらをBI化しながら
顧客別利益上位ランキングを把握することが
重要なポイントです。

今回の広告業のBI連携業務にマッチしたシステムはアップクロスさんのアドマン 
↓のサイトでは、具体的な 広告業の販売管理ビジネスにおけるBI連携を紹介されています
http://www.up-x.co.jp/kouka_BIDN.html

広告業の経営管理 経理担当者は業務の参考になると思います。

photo by YF





emplexfuruya at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月18日

データの一元管理

DSC_2307

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日 中堅広告制作会社の経理部長と情報交換をしてきました

この会社 販売管理業務についての悩みを聞いてみるとデータの管理はバラバラで
請求および売上管理は販売管理システム
原価管理は、エクセル
受注見込み管理もエクセル
だということです。
この場合 データが二重三重管理となるため業務効率が非常に悪いです。

理想はプロジェクトをマスタ化しながら
売上情報が請求情報に展開。原価情報が支払情報に展開にすることです。 

プロジェクトを中心としてデータの一元管理
各データは
売上計上予定一覧
原価計上予定一覧
請求予定一覧
入金予定一覧
支払予定一覧
など全データを網羅しながらデータを確定させていくと漏れもなくなります

今回の広告業のプロジェクト情報の販売データの一元管理にマッチしたシステムは
アップクロスさんのアドマン 
↓のサイトでは、具体的な プロジェクト型ビジネスのデータの一元管理業務を紹介されています
http://www.up-x.co.jp/kouka_itigennkanri.html
広告業の経営管理 経理担当者は業務の参考になると思います。

emplexfuruya at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月04日

広告業の見込み管理 と 販売管理システム

DSC_2220

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

広告業の「見込み数値管理」についてのノウハウ
広告業の経営者 経営管理担当者がリアルタイムに欲しい情報の中で
一番欲しい情報は精度の高い「見込みの数値」です

見込み数値の管理は多くの企業で実施されていますが、
Excelで個別管理を行っている企業がほとんどだと思います。
各営業からの報告を取りまとめ部門長や経営者は将来の着地予測を立てます。

Excel管理での集計は、見込み情報と実績情報の二重管理になることと、
見込み情報を登録したExcelの完成まで見込み情報がわかりません。
エクセルに対し、システムを活用するメリットは その実績管理と見込み管理を一元管理できることです

具体的にシステム管理をわかりやすく見ていただくため
今回はアップクロスさんの「広告代理店向け販売管理システム ADMAN(アドマン)」の画面で説明します。

nyuuryokurei

上記のデータを各営業が入力を行うことで、
プロジェクト別
担当別
グループ別
部門別
全社
の数字に集計されます。
この入力で最も重要なのは 見込み案件の受注確度と売上計上月の予測です

売上種目別やプロジェクト別の集計も同時にシステムで行いますので、
様々な角度からの分析を行うことが可能となります。

経営管理として必要なレポート例のひとつが
受注確度別集計
jyutyuukakudobetu

あらかじめ社内で共有した案件確度別に集計
案件ごとをドリルダウンすることにより
誰が何に集中すべきか 意識共有することができます

売上種目別集計
syumokubetu

売上種別によって粗利益率の傾向値がつかめていれば
精度の高い粗利益率を見込むことができます

予算実績推移
yojitu

予算と実績若しくは予想のかい離率を確認することにより
予算の精度を高めていくノウハウを社内共有することができます。

これらのレポートは本システムに入力されたデータを活用して自由に編集ができるように、
使いやすい内容でCSVデータを抽出することも大きなポイントです
出力されたCSVデータを加工してオリジナルの経営管理レポートに張り付けてること
また先週出力したレポートと今週出力したレポートを比較して
何が週次で変更されたレポートを会議で発表することも有効です。

アップクロスさんのアドマン システムはクラウド型でもパッケージ型でも提供されています
ご興味がある方は、↓フォームからお問い合わせしてみてください。
http://www.up-x.co.jp/kouka_mikomi.html
また営業マンの飯尾さんをご指名してみてください
広告業の業務と経営管理ノウハウはERP業界の中でも かなり深い方です。

photo by YF



emplexfuruya at 21:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年09月05日

広告代理店向け販売管理システム APEX

apexlogo

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

Apexは、アップクロスさんが提供する
中小企業広告代理店向けクラウド型販売管理システムです。

APEXの特長は
販売管理システムをコストを抑えて導入することが可能
クラウド型のため必要なユーザー数で、必要な機能を絞って使うことができます。

・案件が赤字になる時に気が付きますか?
・請求書の出し忘れはありませんか?
・3か月先の入出金予定が把握できていますか?
・外注先に余計に支払をしていませんか?
・社内で二重入力や二重管理が発生していませんか?
・請求書の発行や売上管理を手作業で行うことに限界を感じていませんか?

ポイントをいくつか
・クラウドシステムに興味があるお客様(クラウド型販売管理システム)
・中小企業のお客様
・社内にServerを置きたくないお客様。
・システム担当者がおらず社内にServerを置いても管理できないお客様。
・販売管理システムは導入したいがいいシステムがないと思ってらっしゃるお客様。
・運用にあったいいシステムを低コストで導入したいお客様
・広告代理店様、広告業界のお客様
・制作にかかわるお仕事をされているお客様
・案件型で仕事をされることが多いお客様
・クライアントにより、請求書の出し方や、金額調整が発生し困ってらっしゃるお客様。
      
Apexは、クラウド型販売管理システムです。
国内大手データセンターにサーバー環境を設置しております。
お客様の社内にサーバーを用意する必要がありません。
そのため、システム導入における初期コストを大幅に抑えることが可能です。
最少5ユーザ-から運用をスタートすることができます。
またライセンスの追加も可能ですので、最初は少人数でスタートし、運用になれてから使用ライセンスを増やす
といった柔軟な対応が可能となっています。

資料請求をしたい場合は↓から申込みをしてください
広告代理店の販売管理業務に精通した担当者のトークも参考になると思います。
https://ssl.form-mailer.jp/fms/a2e2cc2d157913

emplexfuruya at 20:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド