エクセルで始めるプロジェクト管理会計

2016年06月22日

エクセルで始めるプロジェクト管理会計

13327609_1010468235654948_119997891707055101_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

中堅IT企業の役員よりエクセルでプロジェクト管理会計を実現したいという相談を受けました
この会社の事業は 
受託システム開発
保守運用
派遣
などを行っています。

まず改善したのは売上と請求のルール
売上計上のルールが不明確だと保守フェイズへの移行ができません
まずは顧客との検収および社内での売上確定ルールを明確にすることをアドバイス

ここを踏まえて 次に整理することは
プロジェクトコードの採番
部門と組織コード ※機能別か事業別か
受注データから売上予定データの並び替え
発注データから原価予定データの並び替え

これらのデータを整理しながら
締めのルール
売上完了後のプロジェクトコード制御
内部売上/内部費用
コストレートのあり方を順番に決めていきます

ここから得られたデータを元に
各種レポート
レベニューフォーキャスト
見込み案件SFAとの連携
ABC分析
セグメント別売上高/粗利益一覧
へ落とし込みます

現在は 売上予定データを整理しています。

データの制御をしっかり行えば 
エクセルでもプロジェクト管理会計データは作成できます



プロジェクト管理会計研究所では このたび元大手監査法人出身 公認会計士の末永貴志さん
と共同で「受注損失引当金に関する会計実務」を販売することになりました

受注損失引当金に必要な運用手法・会計実務を網羅
ファイルダウンロード方式
詳しくはこちらをご覧ください
http://projectkanri.shopselect.net/items/1666150

emplexfuruya at 20:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年05月13日

エクセルで始めるプロジェクト管理会計

11115714_813750161993424_8052355078283832066_n

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日中堅IT企業の役員よりエクセルでプロジェクト管理会計を実現したいという相談を受けました
この会社の事業は 
受託システム開発
保守運用
派遣
などを行っています。

まず改善したのは売上と請求のルール
売上計上のルールが不明確だと保守フェイズへの移行ができません
まずは顧客との検収および社内での売上確定ルールを明確にすることをアドバイス

ここを踏まえて 次に整理することは
プロジェクトコードの採番
部門と組織コード ※機能別か事業別か
受注データから売上予定データの並び替え
発注データから原価予定データの並び替え

これらのデータを整理しながら
締めのルール
売上完了後のプロジェクトコード制御
内部売上/内部費用
コストレートのあり方を順番に決めていきます

ここから得られたデータを元に
各種レポート
レベニューフォーキャスト
見込み案件SFAとの連携
ABC分析
セグメント別売上高/粗利益一覧
へ落とし込みます

現在は 売上予定データを整理しています。

データの制御をしっかり行えば 
エクセルでもプロジェクト管理会計データは作成できます

エクセルでプロジェクト管理会計を行いたい企業担当者が
いらっしゃいましたらプロジェクト管理会計研究所までお問い合わせください

◆プロジェクト管理会計研究所の最新情報はメルマガにてご案内しています。
Financial Planning & Analysisの必要スキルや
プロジェクト管理会計・先読み経営・新規事業開発など専門書にはない深い情報
とワクワクする体験情報を無料で配信いたします。

プロジェクト管理会計研究所のメルマガご登録はこちら
↓ ↓ ↓ ↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d24f0507134923

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2015年04月07日

不採算プロジェクトの撲滅

写真 2 のコピー

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

不採算プロジェクトの撲滅について
先日ある大手SI会社の部長と会食した時のお話です。
システム開発における顧客からのシステム構築のコスト要求は
ますます厳しくなっているようです。

受託システムは、ギリギリの利益で提案しなければ受注できないということです。
受託案件が並行で走っている状態で 1本の不採算プロジェクトが
多くのプロジェクトの利益を吹き飛ばすことは未だにあるということです。
不採算プロジェクトが発生する原因に対処するためには

プロジェクト毎の原価実績管理は当然リアルタイムに把握は必要ですが
過去実績は把握できるソフトウェアはありますが
その後の進捗管理と原価予測をシミュレートするソフトウェアはなかなかないというお話でした。

またシステム業界の中では、サーバをクラウド化は必須になってきているということです。
この会社の不採算プロジェクトの撲滅のポイントは
プロジェクト原価管理・予測シミュレート・クラウド化です。

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年09月05日

エクセルで始めるプロジェクト管理会計 2 外注費管理

DSC_3281

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

エクセルで始めるプロジェクト管理会計 2回目 外注費管理

外注費は プロジェクト型ビジネスにおいて大きな要素を占める原価です

したがって外注費を予測する ことは プロジェクトの着地利益を予測する
重要なポイントになります。
外注費の計上はタイミングは 納品受入 検収による 原価計上です

プロジェクトによって刻一刻と 外注費の計上タイミングは変わります
エクセルによって外注費を管理するには プロジェクト予算を作成するタイミングから始まります
発注時では納期予定月を整理しておきましょう
取引先
プロジェクト
発注担当者
発注金額
納品月に応じた支払予定月

これらの情報を 週毎 外注費の計上タイミングを確認します

また外注費は 大きくわけて二種類 
一括外注費
月次で計上される役務によってわかれます

エクセルでこれを1行ごとに管理していきます

発注担当者毎に 週次で動きを確認していきます
動いた外注費を マネージャーや経営管理担当者がチェック
外注費が変化することは 将来の獲得利益に大きな影響を与えます

売上の遅延と同時に 外注費によって
プロジェクト毎の着地予測の変化を読むことが重要なポイントです。

前職では 先週の着地利益 と 今週の着地利益との差を
プロジェクト毎にウォッチしていました。

ただ動きを管理するのではなく
未来の利益予測することがプロジェクト管理会計の重要なテーマです

photo by YF








emplexfuruya at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月23日

エクセルで始めるプロジェクト管理会計

DSC_2287

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日中堅IT企業の役員よりエクセルでプロジェクト管理会計を実現したいという相談を受けました
この会社の事業は 
受託システム開発
保守運用
派遣
などを行っています。

まず改善したのは売上と請求のルール
売上計上のルールが不明確だと保守フェイズへの移行ができません
まずは顧客との検収および社内での売上確定ルールを明確にすることをアドバイス

ここを踏まえて 次に整理することは
プロジェクトコードの採番
部門と組織コード ※機能別か事業別か
受注データから売上予定データの並び替え
発注データから原価予定データの並び替え

これらのデータを整理しながら
締めのルール
売上完了後のプロジェクトコード制御
内部売上/内部費用
コストレートのあり方を順番に決めていきます

ここから得られたデータを元に
各種レポート
レベニューフォーキャスト
見込み案件SFAとの連携
ABC分析
セグメント別売上高/粗利益一覧
へ落とし込みます

現在は 売上予定データを整理しています。

データの制御をしっかり行えば 
エクセルでもプロジェクト管理会計データは作成できます

エクセルでプロジェクト管理会計を行いたい企業担当者が
いらっしゃいましたらプロジェクト管理会計研究所までお問い合わせください

photo by YF

emplexfuruya at 22:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド