広告代理店のプロジェクト管理会計

2017年05月25日

媒体売上の管理

17353539_1252689551432814_3603269807917401327_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

広告業界における媒体売上の管理はつきものです
市販の販売管理システムでは、「媒体」の管理そのものが考慮されていないので
エクセル等表計算ソフトで管理している会社も多いと聞きます

この媒体別に売上を管理する中で対応する媒体別の仕入れ原価の管理も必要です。
広告業界は 媒体は複数本数で仕入れることが多く
月次レベルに仕入れ単価を割り切れると便利です。

この売上と原価データを元に
媒体別に
売上ランキング
利益ランキング
を把握することが重要です。

システムで管理をする場合
各媒体をマスター化することをオススメします

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 12:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2014年01月21日

広告代理店手数料の総額純額表示について

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

広告代理事業者の収益に関する売上の会計処理は大きく分けると2種類あります
クライアントからの広告料金を売上として計上 かかる媒体費を原価として計上する総額基準と
広告売上から媒体費を控除した 代理店手数料のみを売上として計上する純額基準の2つがあります

原則的には 純額基準が 標準的な考え方にあるようですが
実務上は 企画立案からマーケティングに至るまで手掛けているケースなど
広告事業において付加価値のサービスを提供していることにより
単なる広告枠の販売というサービス提供ではないケースが多いです
また代金回収リスクや在庫リスクを負っているケースも含めて考えると
総額で表示することが適切であると判断されているのが実務上の考え方です

広告業では 一次代理店や二次代理店などの考え方もあることから
総額主義が多い日本の広告業マーケット全体ではかなりの金額が膨れているかも知れません

photo by yukiharu furuya

DSC_4522




emplexfuruya at 23:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年11月01日

広告代理店手数料の総額純額表示について

DSC_4037

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

広告代理事業者の収益に関する売上の会計処理は大きく分けると2種類あります
クライアントからの広告料金を売上として計上 かかる媒体費を原価として計上する総額基準と
広告売上から媒体費を控除した 代理店手数料のみを売上として計上する純額基準の2つがあります

原則的には 純額基準が 標準的な考え方にあるようですが
実務上は 企画立案からマーケティングに至るまで手掛けているケースなど
広告事業において付加価値のサービスを提供していることにより
単なる広告枠の販売というサービス提供ではないケースが多いです
また代金回収リスクや在庫リスクを負っているケースも含めて考えると
総額で表示することが適切であると判断されているのが実務上の考え方です

広告業では 一次代理店や二次代理店などの考え方もあることから
総額主義が多い日本の広告業マーケット全体ではかなりの金額が膨れているかも知れません

photo by YF


emplexfuruya at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年10月11日

バーター取引の売上計上について

47925_427229440645500_1992948031_n

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

バーター取引とは 同金額を交換して行われる取引
この取引は一般的に経済的価値を生まないことから
損益計算書上は収益と費用の相殺処理を行います

実務上は バーター取引を発見できない場合が多いのが実情です

内部統制上 このようなチェックは必要です。
チェック方法は 稟議書から随時確認する方法
売上と広告宣伝費の費用を確認する方法
取引を取引先毎 四半期毎 半期 年度毎
並べてレポートできるようにすると便利です。

最近では売上だけを拡大する傾向はなくなってきたと思います。
事業毎の粗利益 粗利益率を重視する経営手法でいけば
このようなバーター取引はなくなるはずです。

photo by YF


emplexfuruya at 20:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年08月21日

媒体売上の管理

DSC_3244

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

広告業界における媒体売上の管理はつきものです
市販の販売管理システムでは、「媒体」の管理そのものが考慮されていないので
エクセル等表計算ソフトで管理している会社も多いと聞きます

この媒体別に売上を管理する中で対応する媒体別の仕入れ原価の管理も必要です。
広告業界は 媒体は複数本数で仕入れることが多く
月次レベルに仕入れ単価を割り切れると便利です。

この売上と原価データを元に
媒体別に
売上ランキング
利益ランキング
を把握することが重要です。

システムで管理をする場合
各媒体をマスター化することをオススメします

今回の広告業の媒体管理業務にマッチしたシステムはアップクロスさんのアドマン 
↓のサイトでは、具体的な 広告業ビジネスの媒体管理のシステムの効率化を紹介されています
http://www.up-x.co.jp/kouka_baitai.html

広告業の経営管理 経理担当者は業務の参考になると思います。

photo by YF

emplexfuruya at 21:26|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年07月18日

データの一元管理

DSC_2307

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日 中堅広告制作会社の経理部長と情報交換をしてきました

この会社 販売管理業務についての悩みを聞いてみるとデータの管理はバラバラで
請求および売上管理は販売管理システム
原価管理は、エクセル
受注見込み管理もエクセル
だということです。
この場合 データが二重三重管理となるため業務効率が非常に悪いです。

理想はプロジェクトをマスタ化しながら
売上情報が請求情報に展開。原価情報が支払情報に展開にすることです。 

プロジェクトを中心としてデータの一元管理
各データは
売上計上予定一覧
原価計上予定一覧
請求予定一覧
入金予定一覧
支払予定一覧
など全データを網羅しながらデータを確定させていくと漏れもなくなります

今回の広告業のプロジェクト情報の販売データの一元管理にマッチしたシステムは
アップクロスさんのアドマン 
↓のサイトでは、具体的な プロジェクト型ビジネスのデータの一元管理業務を紹介されています
http://www.up-x.co.jp/kouka_itigennkanri.html
広告業の経営管理 経理担当者は業務の参考になると思います。

emplexfuruya at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年10月28日

広告業の会計と管理

135356669









プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

現代社会において、広告は消費者にとって不可欠な情報を提供し、
生産と消費を結ぶ経済活動の重要な一翼を担っています。
本書は広告の先進国であるアメリカの会計管理について、
アメリカ広告業協会から出版された、
「広告会社の利益管理」、
「広告会社の原価計算」、
「広告会社の制度会計」を翻訳し、1冊の著書にまとめたものです。

第1部 
広告会社の利益管理(創造的組織における財務管理;財務管理制度の基礎;利益計画;財務・業務データの報告;キャッシュ・フロー管理;効果的な財務管理)

第2部 
広告会社の原価計算(原価計算の有効性;原価計算制度;原価計算の概要;予算原価・実際原価データの収集;原価管理と予算報告)

第3部 
広告会社の制度会計(会計制度の目的;財務会計・管理報告書;基礎的会計記録;媒体に関する請求・支払;制作に関する請求・支払;内部統制のチェックリスト)

特に広告代理店に関連される方にはおすすめの1冊です。

photo by MK

emplexfuruya at 07:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド