プロジェクト型ビジネスのIPO(株式上場)

2012年06月25日

【無料セミナーのご紹介】本音で語るIPOセミナー

DSC_2287

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は プロネット主催「本音で語るIPOセミナー」のご紹介

ここ最近のIPOを巡る環境は、IPO氷河期を乗り越え、激しく回復しつつあります。
証券取引所・証券会社・監査法人はIPOを増やそうと積極的に営業活動を展開しており、監査法人や証券会社主催のIPOセミナーが数多く開催されています。
しかし、そのようなセミナーではIPOのプラス面が強調されがちで、必ずしもIPOの実態を表しているとは言えません。実際には、IPOには手間もコストもかかり、中には、IPOを断念する企業もたくさんあります。
今回のセミナーでは、IPOの難しさやIPOの真実を知り尽くし、IPOの最前線で活躍する講師陣が、
営業トーク抜きで本音で語ります!
ぜひ、この機会にIPOの疑問や不安をぶつけてください!

会場:六本木ヒルズ 森タワー22F TMI総合法律事務所セミナールーム
受講料:無料    定員 : 150名

第1部 「反社会的勢力対応と労務コンプライアンスの要点」
(14:30〜15:10)
TMI総合法律事務所 パートナー 行方 國雄氏

IPO審査では反社会的勢力対応と労務コンプライアンスは最重要論点です。
取引先の反社属性チェックの方法、具体的な関係遮断の方法や、
近年、増え続ける労務問題への対応についてご説明します。

第2部 「IPOを取り巻くプレイヤーとIPOスケジュール」
(15:10〜16:00)
株式会社アイ・コンセプト 代表取締役 鈴木 正士氏

IPOには、証券会社・監査法人等数多くのプレイヤーが登場します。
それらプレイヤーの役割とIPOのスケジュール感を最新の動向も踏まえご説明します。

第3部
Q&A形式で迫る 「本音で語るIPOの裏側」
(16:10〜17:30)

「監査法人や証券会社はどうやって選ぶの?」
「本当はIPOに向かない会社とは?」
「IPOには最低いくらかかるの?」

IPOの裏側・真実について、IPOの最前線で活躍する講師陣が本音で語ります。
皆様からの個別・具体的なご質問にもお答えします。
高橋廣司氏(螢廛蹈優奪 代表)
石川正敏氏(あいわ税理士法人 代表)
大野実氏(社労士法人大野事務所 代表)
行方國雄氏(TMI総合法律事務所 パートナー)
川田篤氏(螢ロ 代表)
鈴木正士氏(螢▲ぁΕ灰鵐札廛 代表)
堀之内泰治氏(螢汽セスサポート 代表)

<お申し込み方法>
プロジェクト管理会計研究所 古谷 ykfuruya@ybb.ne.jp まで 
「本音で語るIPOセミナー」希望ということで
メールをいただければ 後日、メールにて「受講票」をご送付致します。

photo by YF

emplexfuruya at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月22日

【株式会社プロネット主催】 本音で語るIPOセミナーのご案内

menu-pronet

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

【株式会社プロネット主催】 本音で語るIPO セミナーのご紹介

ここ最近のIPOを巡る環境は、IPO氷河期を乗り越え、激しく回復しつつあります。
証券取引所・証券会社・監査法人はIPOを増やそうと積極的に営業活動を展開しており、
監査法人や証券会社主催のIPOセミナーが数多く開催されています。

しかし、そのようなセミナーではIPOのプラス面が強調されがちで、必ずしもIPOの実態を表しているとは言えません。実際には、IPOには手間もコストもかかり、中には、IPOを断念する企業もたくさんあります。
今回のセミナーでは、IPOの難しさやIPOの真実を知り尽くし、IPOの最前線で活躍する講師陣が、
営業トーク抜きで本音で語ります!
ぜひ、この機会にIPOの疑問や不安をぶつけてください! .

第1部
「反社会的勢力対応と労務コンプライアンスの要点」
第2部
「IPOを取り巻くプレイヤーとIPOスケジュール」
第3部
「本音で語るIPOの裏側」

日 時:平成24年8月1日(水) 14:30〜17:30(受付14:00〜)
会 場:六本木ヒルズ 森タワー22F TMI総合法律事務所セミナールーム

講 師
第1部:TMI総合法律事務所パートナー 行方 國雄氏
第2部:株式会社アイ・コンセプト代表取締役 鈴木 正士氏
第3部:株式会社プロネット代表取締役 高橋 廣司氏 ほかプロネットメンバー

定 員:150名
受講料:無料

申込期限:7月21日(土)

運営事務局:プロネットセミナー事務局(あいわ税理士法人内)

お申し込みは↓からどうぞ
http://www.aiwa-tax.or.jp/seminar/index.php?c=seminar_view&pk=1340244073

emplexfuruya at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年02月24日

【無料セミナー情報】IT・サービス産業のためのIPOを目指す研究会セミナー

DSC_0463

プロジェクト管理会計研究所 古谷です

IT・サービス産業のためのIPOを目指す研究会セミナーを紹介します。

最近のIPOをめぐる環境は、2009年の新規上場会社19社を底辺に緩やかに回復しつつあります。
これから、上場を目指されるIT・サービス産業の会社にとりましても、
この時期に上場のための基礎を固め、2-3年後の上場に向けて万全な体制を構築しておくことが肝要です。

この度、IPOを目指されるIT・サービス産業のためのIPO研究会をSBI証券と
新日本有限責任監査法人共催で開催する運びとなりました。
この研究会では、IT・サービス産業の会社が上場準備を進めるうえでのポイントをわかりやすく
解説をいたします。

当研究会では、少人数制で実施し、参加者との双方向でのコミュニケーションを心がけますので、
この機会にぜひご参加をいただきますよう、お願い申し上げます。

IPOを成功に導く進め方
最近のIPOマーケットの状況や特にIT・サービス産業におけるIPO上の動向、IPOのメリット、上場審査のポイントにについて、解説をします。合わせて、IPOを円滑に実現するための進め方についてもお伝えします。
株式会社SBI証券

IT・サービス産業における会計処理のポイント
IT産業並びにサービス業が上場準備において留意すべき会計上並びに管理上のポイントについて解説します。
新日本有限責任監査法人

コンサルタントから見た最新のIPOの動向
証券取引所、証券会社、監査法人との関わり方や利益計画、内部統制、人事労務などにおけるIPOのポイントなど、最短でのIPO実現のポイントをお伝えします。
株式会社アイ・コンセプト

IT・サービス産業を利益体質に導く、
システムの導入・選定のポイント
T・サービス産業のIPOにおいては、効率的なプロジェクト管理・原価計算等を実現しながら、経営判断を助けるシステムの導入が有効です。システム導入およびプロジェクト管理のポイントをご説明致します。
株式会社オロ

(※)講師等の都合により内容が一部変更になる場合があります。

研 究 会 の 対 象 
 IT・サービス産業でIPOを志向する経営者、管理者
 業種例 :ソフトウェア開発、各種コンサルティング、情報提供サービス、広告制作、アウトソーシングサービス など

開 催 日 時
 平成24年 3月 6日 (火) 14:30~18:00

会  場
 株式会社SBI証券 7階会議室 (詳細は裏面をご参照ください)

定  員
 20名(定員になり次第締め切らせて頂きます)

photo by YF

emplexfuruya at 22:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年02月16日

トップマネジメントのための株式上場サミット2011 "大きく変わる新興市場IPOを徹底検証"セミナーのご案内

logo-shinnihon

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。


本日は、新日本有限責任監査法人主催

トップマネジメントのための株式上場サミット2011
"大きく変わる新興市場IPOを徹底検証"セミナーを紹介します。

IPOについて考える経営者・経営管理者向けのセミナーです。

サミナーの詳細は以下の通りです。

テーマは、
中堅・成長企業の皆様が日々推進している経営戦略を更に
強化する一環として「株式上場(IPO)」を
どのように位置づけるかを説明すると共に、
本年4月以降に新興市場IPOがどのように大きく変わるかも
最新の情報を元に解説します。 

事業展開、更には海外進出との関連でもIPOについて言及し、
IPOをする前後で、経営資源の拡充や事業基盤の強化が
どのように図られていくのかをイメージしていただきます。
更に、サミット当日は企業成長を支援する専門家が一堂に結集し、
成長支援に関する枠組みを多角的に説明し、
かつディスカッションも交えます。

日時: 2011年3月18日(金) 
13:20〜17:40(受付開始 12:50)
会場: 東京国際フォーラム B7ホール
http://www.t-i-forum.co.jp/function/map/index.html
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号

定員: 300名
受講料:無料

対象者:株式上場を目指す会社の以下の方々
    ・取締役、監査役
    ・上場準備、経営企画の責任者
    ・経理、財務の責任者
備考: ・同業他社、コンサルティングファーム等の方の
     ご参加はご遠慮願います。
    ・プログラムは変更となる場合がありますので、
     予めご了承ください。
主催: 新日本有限責任監査法人
後援: 株式会社東京証券取引所
    株式会社日本政策投資銀行
概要: 
第一部 
13:30〜 中堅・成長企業における経営戦略としての株式上場
14:30〜 新興市場の信頼性向上及び活性化に向けた最新施策
        と市場が求める企業像

第二部
15:45〜 起業家表彰制度
     「EOY(Ernst&Young Entrepreneur Of
              The Year)」の概要
16:00〜 パネルディスカッション
     :中堅・成長企業の成功ストーリーと支援の枠組み

講演・パネルディスカッション
   (モデレータ、パネリスト)の主な出演予定社:
   ・モデレータ  早稲田大学 教授 松田 修一
   ・パネリスト  
    一般財団法人 日本ベンチャーキャピタル協会 
        会長 呉 雅俊
         野村證券株式会社 公開引受部長 石井 巨道
         株式会社日本政策投資銀行 
         中堅・企業成長ファイナンスグループ 
                  次長 片岡 明
・第一部講演者 兼 パネリスト
        株式会社東京証券取引所 上場部 
         部長 兼 上場推進室長 小沼 泰之
        新日本有限責任監査法人 
         監査業務本部 事業推進担当 
           シニアパートナー公認会計士 三浦 太
申込要領:
Web: www.shinnihon.or.jp/seminar/top/

・お申し込みはWeb上から1社1名様の参加登録ができ、
  事前登録制(先着順)
・お申し込み確認後、
  ご登録頂いたメールアドレス宛に「サミット受講証」を送付
・当日は、上記の「サミット受講証」(メールのコピー)
  をご自身で印刷のうえ、お名刺とともに受付にご提出下さい。

※定員300名になり次第、自動的にWeb登録を締め切らせていただきますので、ご了承いただきますようお願い申し上げます。

お問い合わせ先:
新日本有限責任監査法人
監査業務本部 事業推進 サミット担当
吹田(ふきた)、政池(まさいけ)
Tel. 03 3503 1504
〒100-0011
東京都千代田区内幸町2丁目2番3号 日比谷国際ビル

最近MBOが多くなって来ていますが
中堅・成長企業が経営戦略を更に強化する一環として
「株式上場(IPO)」を見つめ直す良い機会だと思います。
参加希望の場合には、プロジェクト管理会計研究所 古谷
からのご紹介ということで申し込みください。


emplexfuruya at 22:41|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年01月22日

上場支援サービス

201001031434000プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

先日日経にありましたIPO関連の記事を紹介したいと思います。

記事の内容は
みずほフィナンシャルグループの
みずほ銀行とみずほインベスターズ証券が連携し、中堅、中小企業の
株式公開を支援するというものです。

このニュースは、ごくあたり前のニュースに聞こえますが
この金融危機以降上場会社は十分な資金調達が見込めないということで
その数は激減していました。

株価の上昇傾向を背景に上場を志向する企業が増えることみて
この2社は態勢を強化するそうです。

銀行の取引先を中心に開拓していくとのことですが
「専門的な話を聞きたい」というニーズがあるということで
より連携を強化、スピード感を重視した動きになるということです。

私も3年ほど前までIPO予備軍を中心とした
営業活動を行っていた時期がありました。

最近のIPOを志向する企業は一般的にはITを活用したサービスなど
プロジェクト型の企業が多く
・監査法人
・証券会社
・証券代行
・IPOコンサルティング会社
などと連携し情報共有を図っておりました。

IPO+プロジェクト型企業+個別原価計算など
監査対応・証券対応は重要なキーワードになります。

プロジェクト管理会計研究所では
今後、このニーズに応えるべく
上記のような専門的スキルをもった企業や専門家とタッグを組んで
セミナーなどのサービスを企画していく予定です。

今後サービスがかたまりましたらいち早く皆さんへ情報配信を
していこうと思います。

写真は間もなく完成する「横浜日産本社ビル」「富士ゼロックスビル」で
ものすごくインテリジェンスなビルですよ。

プロジェクト管理会計研究所:古谷 幸治 
email: ykfuruya@ybb.ne.jp
ご相談はこちらから!

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います 
人気ブログランキングへ 





2010年01月09日

オーナーズブレイン 小泉社長

photo_koizumi

本日は私のブレーンの一人をご紹介させていただきます。
会社名もその名は、オーナーズブレイン 当社の代表の小泉さんです。

小泉さんとの出会いは今から7年ほど前です。
IPO準備時で様々なアドバイスをいただき上場支援サービスを受けました。

小泉さんの経歴は↓
1970年 9月5日生まれ、東京出身
1993年 上智大学経済学部経済学科卒業
1995年 公認会計士第2次試験合格
1995年 朝日監査法人(現あずさ監査法人)入社
1995年 公認会計士第3次試験合格
2000年 朝日監査法人(現あずさ監査法人) 株式公開部へ異動
2002年 新日本監査法人入社
2003年 (株)KIAプロフェッショナル設立 現在、同社代表取締役
2005年 (株)オーナーズブレインに社名変更

公認会計士であり
JSOXから最近ではIFRS(国際会計基準)など
様々な執筆/講演をされております。

またプロジェクト管理会計やプロジェクト原価管理の考え方は
私と共感していただき
PBM開発についてのJSOX関連や月次決算の早期化の対応についてのアイデア
を多くいただきました。
ソリューションとして独自のノウハウを取り込んでいます。

小泉さんのそのレクチャー手法は
非常にわかりやすく私も私の部下も大変お世話になりました。
IPO支援サービスは是非おすすめします。

当社のサービス内容を記載しておきますので参考までにどうぞ・・・

株式公開(IPO)支援 事業計画作成支援
資本政策策定支援
内部管理体制構築支援
各種規程作成支援
内部監査導入支援
申請書類(Iの部、IIの部)の作成支援
審査質問等に対する対応支援
組織再編/M&Aコンサルティング 組織再編/M&Aスキーム立案
M&Aアドバイザリー
企業評価・株式価値評価
買収調査(デューデリジェンス)
会計・税務・法務のリスク検討

経理業務改革・決算早期化支援 業務フロー構築
管理帳票改革
規程・マニュアル作成支援
システム導入支援
内部統制コンサルティング/J-SOX対応 リスク評価・分析
業務フロー・マニュアルの整備
コントロール・テスト
内部監査導入支援
セルフ・アセスメント(自己テスト)のアドバイザリー
社内研修

株価算定・財務デューデリジェンス 第三者割当にあたっての株価算定
株式譲渡にあたっての株価算定
ストックオプション発行にあたっての株価算定
組織再編にあたっての価値算定
増資にあたってのデューデリジェンス
買収にあたってのデューデリジェンス
企業再生サポート デューデリジェンス
再生計画の策定支援
再生計画の実行支援
私的整理に伴う支援

ストラクチャー支援(証券化・流動化) ストラクチャー構築支援
会計・税務・法務のリスク検討
経理のアウトソーシング 記帳代行
給与・賞与計算、年末調整計算
その他社会保険関係

ディスクローズ・連結決算支援 連結財務諸表作成支援
計算書類作成支援
有価証券報告書作成支援
会計・税務顧問 会計・税務全般に関わる顧問業務

外部向けセミナー 会計・財務の基本
会計・財務の実務家育成
内部統制構築(J-SOX)
企業価値評価
株式公開

このブログが気に入ったら投票(クリック)願います 
人気ブログランキングへ 


経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド