2017年02月

2017年02月22日

宝塚受験スクール 初嶺麿代スタジオ

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は 宝塚受験スクール 初嶺麿代スタジオのご紹介

宝塚受験スクール東京 初嶺麿代スタジオ

講座をスタートして1年目で2名の合格者を輩出しています。

emplexfuruya at 12:14|PermalinkComments(0)起業家紹介 

2017年02月20日

フィンランド人が教えるほんとうのシンプル


16807417_1228036927231410_8776687727984713101_n


〜フィンランド人が教えるほんとうのシンプル〜

目指すべき時間の過ごし方
穏やかで気持ち良い生き方
本当の豊かさとはなにかを教えてくれる本
自分の中の成功イメージに少し近づけたような・・・

カッコよさではなくて
これからは心地よさなんだろうな

emplexfuruya at 08:24|PermalinkComments(0)書籍紹介 

2017年02月16日

東芝の粉飾決算にみる、FP&Aとしての減損処理の関わりと監査法人対応

14881250_1125985544144582_1295604091_o


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

今回も 奥井秀彦さんのFINANCIAL PLANNING AND ANALYSIS
〜financial planning and analysisを目指す方への専門メディア〜

より家計簿の複式簿記化の話の続きの前に、ちょっと寄り道してホットな話題を

『血のバレンタイン』

2017年2月14日、東芝はアメリカの原発関連子会社に対し7,000万円を超える減損処理を行うことを発表しました。これは今期の決算が約5,000万円の赤字、さらに約2,000万円債務超過となり、当然、このままでは上場廃止の道を辿ることになる事を意味します。(しかし、半導体部門をスピンオフしてそれを回避する予定とのこと)

何年かおきにやって来る大手企業の粉飾決算のスキャンダル。ついに113年の歴史を持ち19万人の連結従業員を抱える東芝が、減損処理という決定打により、名門の歴史を閉じようとしています。

「会計処理を誤ったからといって、電気機器具の製造等という原告(東芝)の主たる事業自体への信用も毀損されているとはいえない」

これは、2015年に同社が歴代3社長と2人のCFOを不正な会計処理を行った罪で訴えた裁判での、かつての社長である西田氏の発言です。

” 会計処理如きで我々が永年培ってきた事業そのものが揺るぐことは無い”

と、胸を張って言いたかったのでしょう。誰かが拍手でもしてくれるとでも思ったのでしょうか。

私には、”アホを通り越して悲しい開き直りの発言” にしか見えません。会計帳簿の重要性に対する認識が上場企業の社長として決定的に欠落しています。こんなやつが19万人の会社のトップだったと思うと、整理ポジションの会社になった会社で働き続ける従業員もうかばれないでしょう。(整理ポジションになるかどうかはわかりませんが)

今回の債務超過は、そもそも東芝が損失処理を先延ばしたが為に生み出したと言っても過言ではありません。これは単に “損失の後出しか先出しか” の問題ではありません。”キズが浅いうちに治療すればいろいろな治療の選択肢があったのに、末期がんと宣告され、終末期医療の道しか残されなかった” ということと同じです。

このFP&Aのコラムでも何度か触れましたが、悪い兆候を見つけたら、FP&Aとして早期にリスクヘッジと回避あるいはオフセットできる財務的な対策を考える事が重要です。膿みを隠し続ければのちに腫れて、大手術が必要になるのは子供の頃から親に耳にタコが出来るほど聞かされてきたことでしょう(笑)

このタコ…いや社長、そればかりかパソコン事業では、”バイセル取引” という、古典的な粉飾決算の手法まで使い、決算を良く見せていました。膿みを隠すだけでは無く、派手な化粧までして自分を良く見せようとしていたんです。 幼稚極まりない。

会計帳簿は、究極を言えば、企業の財務状況をありのままに見せる事を目的にしています。特に上場会社は、ディスクロージャーとも呼ばれることからもわかるように、全てを包み隠さず開示しなければ、そもそも株主の信頼など得られる訳がありません。

裁判でCFOはきっとこう言ったんでしょう。『19万人の従業員を守る為に必要だった』『会計処理は監査法人との解釈の違い』とでも。守りたいなら正直に膿みを出せば良かったし『解釈の違い』などというものを正当な理由として言い訳しているようでは、そもそもCFO失格です。” あなたそれを承認してるでしょ?”

事業に対する志の低い彼ら役員にしてみれば如何に自分の任期中に業績を上げるかということに集中するが常で、それが成功すれば多額の退職金が待ち受けているという、まぁ、官僚の天下り問題と争うほど醜い仕組みになっているからそれも仕方が無いのかもしれません。

さて、前置きが長くなりましたが、FP&Aと今回の事件の関わりです。冒頭で触れた減損処理とその決定に至るまでの監査法人とのやり取りには、通常、財務部門だけでなく管理会計部門もインボルブされます。減損処理では会社の将来の収益性を見極めることが要求されるため、FP&Aの作成するプランがその判断の基準として採用されるからです。

ではそもそも減損処理(減損会計)とはどのようなものなのでしょうか? wikiによると、こう定義されています。

減損会計(げんそんかいけい、impairment accounting)とは、資産の収益性が低下して投資額の回収が見込めなくなった場合、当該資産の帳簿価額にその価値の下落を反映させる手続きをいう。減損処理ともいう。

続きはこちら・・・
http://projectinnovation.yokohama/fpa/archives/37

emplexfuruya at 21:20|PermalinkComments(0)FP&A 

2017年02月12日

奥井秀彦のFP&Aコラム 家庭のFP&A 〜 家計簿にも複式簿記を その1 〜

16244654_1214833028593166_494897784_o


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は、奥井秀彦のFP&Aマネージャーコラム

今回は少しFP&Aとは離れて柔らかい話『家計簿にも複式簿記を』について、(全くもって)勝手な持論を書き綴りたいと思います。

最近ではフィンテックやスマホアプリの進歩もあり、レシートをスキャンするだけで、あるいはクレジットカードの請求書を自動的に読みとることで家計簿が簡単に作れたり、そればかりでなく、それを元に支出項目別に傾向を分析し、グラフ化したり、連携している銀行の預金を元に将来のプランなんかも提案してくれるなどと、FP&A顔負けの機能を持つアプリなんかも登場し、そのうち会社のFP&A業務もAI化され ”将来消えてしまう仕事” にリストアップされてしまうのではないかと心配になる今日この頃です。(まぁ、このコラムでも書いている通り自動化とはほど遠い力仕事なので、しばらくは無いとは思いますが 笑)

そんな家計簿ですが、原始的なものでもフィンテックを活用した最新のものでも共通しているのは、現金をベースとした『単式簿記』であるという点です。

単式簿記には貸借対照表も損益計算書もありません。あるのは現金を中心にした出納帳のみで、結果として現金がいくら残ったかを記録するというものです。

家計簿はその単式簿記を採用した現金主義方式により、その増減要因をカテゴリー分けし、あるいは過去の推移と比較し、多かったか少なかったかの分析を行い、あるいはそれを次月以降の支出の参考にすることに使われているツールです。一般的には。

例えば電気代を毎月比較して『夏場に多かったのは、きっとエアコンをたくさん使ったせいだわ』とか、『12月に食材費が多かったのはおせち料理の用意のせいだわ』とか『ガソリン代が高かったのは最近の原油の値上がりのせいだわ』などと予算オーバーした理由を考えて ”自分自身を納得させる” とか、夏休みの家族旅行が響いて支出が多かった翌月は、被服費や外食費を抑えるようにコントロールし、これでなんとなく”帳尻があったような気分にさせて貰える” というのも、もっと言えば、 『今月はボーナスが入ったから、贅沢にホテルのレストランで外食でもしましょうかしら』と ”プチハッピーな気分にさせてくれる” のも、家計簿の大事な役割でもあります。

それはそれで、ある程度の効果はあるんでしょう。しかし、いくらフィンテックが進化したからとはいえ、家計簿をつけるのも分析するのも、それなりの時間をかけているし、やっぱり面倒なものです。そうとう暇な方や家計簿を趣味でつけている人を除いては。だからその費用対効果に疑問を感じてしまうのです。つまり、せっかく時間を掛けてつけているんだから、もっと効率的で役に立つ分析をしましょうという提案をしたいんです。

それが、”家計簿の複式簿記化” です。

続きはこちらへ
http://projectinnovation.yokohama/fpa/archives/32

emplexfuruya at 17:52|PermalinkComments(0)FP&A 

2017年02月08日

川崎重工、純利益39.2%落ち込む–船舶海洋事業が回復せず受注工事損失引当金の計上 

14883546_1112020858833018_3219188794694179058_o


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。
先日「川崎重工、純利益39.2%落ち込む船舶海洋事業が回復せず」というニュースがありました。

ノルウェー向けのオフショア作業船の受注工事損失引当金の計上、
それから新型LNG船のコスト悪化により、前年同期比で大幅の悪化となったようです。
造船業界はここのところ「受注損失引当金」の計上が多くなっています。
詳細は不明ですが、見積額の曖昧な査定、受注以降の仕様変更などが原因だと思われます。

photo by yukiharu furuya

2017年02月06日

フォーキャストの作成方法について

14980837_1123957007639403_7518955557748573552_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

フォーキャストの予測
どこの会社も当月の売上予測はエクセルで集計していることが多いようです

先日一部上場企業のマネージャーに聞いたときは驚きでした
数千名の社員がいる企業が当月分の売上予定をエクセルで部門毎
集計し、経営企画がその部門集計をまたしているそうです。
おそらくズレやダブりもあることでしょう・・・
結局は、財務会計の数値が実績になるわけですが
ここの乖離を図るのに人間力が必要なのは
ここの会社さけではないように思われます。
貴方の勤めている会社は大丈夫ですか?

規模が大きくなればなるほど、
・この集計をエクセルでは面倒だし
・ダブりもありえますし
・検収や納品のズレがあるとそこもなかなか見えてこないし
・保守の売上などは月次できちんと計上しなければなりません
・当月だけで相当苦労を要するのですから今期全てを把握する
 ことは相当な労力を使うことになるでしょう
・特にこの集計をマネージャークラス(年収1000万円を超える)
 人がおそらくゾロゾロいるのであれば相当なコスト負担になりますね

売上予算に対してリアルタイムに今の達成度合いが見えるのは
経営者としては、重要ですね

photo by yukiharu furuya

2017年02月05日

病院の管理会計

14962585_1117694628265641_4534837534472557218_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

病院の管理会計は、
部門別損益計算、行動別、疾病別原価計算があげられます。

病院においては、医療の質をあげることが最重要課題であり、
それを維持発展するために管理会計があります。
したがって、まず医師や職員の働き易い環境づくりが必要です。
まずは人事管理体系を整備し、
この処遇でこうしたビジョンを一緒に達成していきましょうという
提示が必要です。

次に彼らが目的を達成できるよう、場を提供します。
場には道具がつきものでハードだけではなくソフトがなければなりません。
制度や仕事の仕組みといったものにおいてベストのものを
どうつくるかにマネジメントは腐心しなければなりません。

成果をあげるための道具は現場まかせにせず、
マネジメントサイドがそれをどのように整備し、
どのように成果をあげていくのかについてトータルでの
コントロールをする必要があります。

但し、医療現場はそれぞれの医師、職員にしかし、
定量目標を設定し、それをクリヤーすることを義務として提示
することが必要です。

最高の医療の質を確保するために、
どのように効率的かつ合理的に動くのかについてのマネジメントの支援
が必要です。

photo by yukiharu furuya

2017年02月03日

統合型ERPパッケージ「MA-EYES」が、株式会社ヴァル研究所の経路検索API「駅すぱあとWebサービス」と連携

03


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

 株式会社ビーブレイクシステムズは3日、統合型ERPパッケージ「MA-EYES」が、株式会社ヴァル研究所の経路検索API「駅すぱあとWebサービス」と連携対応したと発表しました。

 MA-EYESは、企業の業務全般を統合的にサポートする基幹業務システム。プロジェクト管理や金単、購買・経費、SFA、帳票・分析などさまざまな機能を備えており、豊富な標準機能と企業個別の機能を組み合わせたセミオーダー型導入により“使えるERP”を実現。


 今回、この製品が、「駅すぱあと」の経路検索機能や公共交通機関のデータをAPIとして利用できる「駅すぱあとWebサービス」との連携に対応。従来は、旅費交通費の精算時に、申請者自身が経路や金額を調べた後、MA-EYESの経費申請機能に必要なデータを入力し、その後、管理部門が登録項目に関するチェックを行っていたが、今回の連携により、経路検索・選択した情報をMA-EYESの経費申請入力項目として自動読み取りできるようになった。

 MA-EYESで経費申請が承認されると、経費明細データはMA-EYES内で仕訳データに自動変換されるほか、あらかじめ定期区間を設定することで、定期利用時の差額運賃を自動計算する機能も備えている。

emplexfuruya at 17:53|PermalinkComments(0)製品・サービス紹介 
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド