2016年11月

2016年11月29日

受注損失引当金 システムインテグレーター 17/2期2Qは不採算プロジェクトの影響で減収減益

14390938_1084600691575035_5244248444211966508_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

システムインテグレータの2017年2月期第2四半期累計の業績は、売上高が前年同期比15.1%減の1,572百万円、営業利益が同78.5%減の66百万円、経常利益が同77.9%減の68百万円、四半期純利益が同85.1%減の41百万円と減収減益となり、期初計画も下回る結果となった。

第2四半期において、ERP事業の大型開発案件で不採算プロジェクトが発生し、受注損失引当金194百万円を売上原価に計上したことが主因だ。同案件の影響を除けばほぼ期初計画どおりに推移したと言える。また、営業利益の前年同期比での増減益要因を見ると、受注損失引当金及び戻入の差分で284百万円、販管費の増加で50百万円の減益要因、その他粗利益の増加で91百万円の増益要因となっている。前年同期は2年前に発生した不採算プロジェクトに関連した受注損失引当金の戻入れを89百万円計上していたため、これらの要因を除けば実質増益であった。なお、販管費の増加は、前年同期が収益改善施策として開発費やその他経費全般を極力絞っており、当期はこれら費用を通常状態に戻したことによる増加となっている。

なお、第2四半期に発生した不採算プロジェクトに関しては、スケジュールの見直しを行い、開発要員などのリカバリ対策を行い、プロジェクトの完遂に向けて取り組んでいる段階にある。納期については当初の予定を半年程度延期し、2018年2月期の前半を予定している。同案件の受注額は数億円程度のもので、売上高の計上時期も2018年2月期にずれ込むことになる。なお、想定される費用は引当金として計上しており、今下期業績へのマイナスの影響はないものと考えられる。

2016年11月21日

オススメの一冊 顧客生涯価値のデータベース・マーケティングの紹介

40d21ace


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

顧客生涯価値のデータベース・マーケティングの紹介

この本は データベース・マーケティングの初心者にもわかりやすいように、
顧客ロイヤルティ育成の重要性から、
データベースマーケティングとマスマーケティングの考え方の違い、
データベースマーケティングを行なうにあたっていかに社内の理解、
生涯価値を最大にさせるための戦略の策定方法、
RFM分析、顧客リレーションシップの構築方法、
小売業から金融業まで、さまざまな事例を豊富に紹介しています。

データベースを駆使して、いかに顧客とのリレーションシップを構築し、
顧客の生涯価値を引き上げていくか、、
そのための計画立案のサポートとなるすぐにでも実践可能な戦略策定の考え方

データベースマーケティングに興味のある方には お薦めの一冊です。




目次(BOOK):
第1部 戦略的データベース・マーケティングの時代
(顧客ロイヤルティを支えるデータベース・マーケティング;マス・マーケティングからデータベース
・マーケティングへ;データベース・マーケティングと組織内の権力闘争);

第2部 戦略の策定(LTV(顧客生涯価値):その定義と計算方法;
データベースによって利益を向上させる方法;RFM分析による利益の向上 ほか)

第3部 業界別事例に学ぶ(小売業のデータベース・マーケティング戦略;
パッケージ商品メーカーのデータベース・マーケティング戦略;
金融業のデータベース・マーケティング戦略 ほか)

emplexfuruya at 21:05|PermalinkComments(0)書籍紹介 

2016年11月17日

美茶会 Beauteapartyビューティーパーティー

プロジェクト管理会計 古谷です

本日は 美茶会 Beauteapartyビューティーパーティーのご紹介
http://beautea-party.com/



emplexfuruya at 22:13|PermalinkComments(0)

ソフトウェア開発の規定案

14980837_1123957007639403_7518955557748573552_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

ソフトウェアの会計処理は、
研究開発目的のソフトウェアと、研究開発目的以外のソフトウェアとに大きく区分します。

研究開発目的のソフトウェアの制作費は研究開発費として処理します。
また研究開発費に該当しないソフトウェアは、
販売目的のソフトウェアと自社利用目的のソフトウェアとに区分、
さらに販売目的のソフトウェアを受注制作目的のソフトウェアと市場販売目的のソフトウェアとに区分します。

受注制作のソフトウェア
受注制作のソフトウェアについては、請負工事の会計処理に準じた処理を行います。

市場販売目的のソフトウェア
ソフトウェアを市場で販売する場合には、通常、製品マスター(複写可能な完成品)を制作し、これを複写したものを市場で販売することとなります。したがって市場販売目的ソフトウェアの制作過程は、
(1)研究開発に該当する部分と(2)製品の製造に相当する部分とに分けて考えることができます。

(1)研究開発に該当する部分
研究開発とは新しい知識を具体化するまでの過程をいいます。したがって、ソフトウェアの制作過程において、製品番号を付すこと等により販売の意思が明らかにされた製品マスター、すなわち「最初に製品化された製品マスター」が完成するまでの制作活動は研究開発であるとと考えられます。この製品開発に該当する部分については研究開発費として処理します。

(2)製品の製造に相当する部分
ソフトウェア製作過程において、出来上がった製品マスターから市場販売目的のソフトウェアを複写することにより、市場販売目的のソフトウェアを制作する過程で発生する費用は資産計上しなければなりません。

ちなみに、製品マスター又は購入したソフトウェアの機能の改良・強化を行う制作活動のための費用は、著しい改良と認められない限り、資産に計上しなければなりません。なお、バグ取り等、機能維持に要した費用は、機能の改良・強化を行う制作活動には該当せず、発生時に費用として処理することとなります。

自社利用のソフトウェア
将来の収益獲得又は費用削減が確実である自社利用のソフトウェアについては、将来の収益との対応等の観点から、その取得に要した費用を資産として計上し、その利用期間にわたり償却を行うべきと考えられます。

このように プロジェクト管理会計上でのソフトウェア制作のコード体系が非常に重要です。
・マスター作成
・著しい改良
・軽微なバージョンアップ
・バグ取り
など労務時間をそれぞれの工数別に管理していくことが求められます。
また製品がいくつも別れている場合には、それぞれコードを付番していくことがポイントとなります。

◆プロジェクト管理会計研究所の最新情報はメルマガにてご案内しています。
プロジェクト管理会計・先読み経営・新規事業開発など専門書にはない深い情報を
無料で配信いたします。
プロジェクト管理会計研究所のメルマガご登録はこちら
↓ ↓ ↓ ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/d24f0507134923

プロジェクト管理会計研究所 業界初業務ノウハウ コンテンツ
「ソフトウェア会計規定(案)」
ソフトウェア業 管理体制強化には必須のノウハウです
http://projectkanri.shopselect.net

2016年11月14日

日本最大級のクラウド勤怠管理システム「ジョブカン勤怠」が工数管理機能をリリース!

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

株式会社Donuts(東京都渋谷区、代表取締役:西村啓成)が提供するクラウド勤怠管理システム「ジョブカン勤怠管理」が工数管理機能をリリースしたことをお知らせいたします。出勤管理、シフト管理、休暇/申請管理プランに加えた新オプションとして月額100円/人(税別)にてご提供いたします。※工数管理単独のご利用は出来ません。出勤管理プランのお申込みが必須となります。

20161111-img01-300x174


■工数管理機能概要

今までは打刻を行うことで出勤、退勤、休憩を認識し、労働時間を集計するという形でしたが、工数管理機能を利用することで『何をどれぐらい行ったか』を把握、分析することができるようになります。

勤怠管理に加えて工数管理を正しく行うことで、企業経営における収益性アップや、PDCAサイクルの実施、他の企業の管理部門とのデータ交換・データ連携による経営効率のアップを図ることが可能になります。

20161111-img02-300x125


■今後の追加予定機能

≪工数かんたん入力機能≫
基本の入力ルールを設定しておくことができます。 スタッフの日々の工数入力作業が簡単になります。

≪人件費設定・コスト分析機能≫
プロジェクトのスタッフごとに人件費を設定することができます。 工数データをもとに、各プロジェクトの人件費を把握・分析することができます。

≪売上設定・採算性分析機能≫
プロジェクトごとの売上を設定することができます。 各プロジェクトの人件費データと照らし合わせて、採算性の分析ができます。

≪打刻による工数入力機能≫
プロジェクトとタスクを選択して打刻することで、工数データを入力管理することができます。

■ 勤怠管理システム「ジョブカン勤怠管理」について

ジョブカン勤怠管理とは、勤怠管理とシフト作成が同時に行える、クラウド型の業務支援システムです。複数拠点の勤怠データをリアルタイムに確認・集計・抽出ができ、給与支払いまでの業務を簡素化、迅速化します。また、シフト管理機能も搭載している為、勤務予定に対しての勤怠状況や予算管理をリアルタイムで把握することが出来ます。
電話、メール、チャットによる充実したサポート体制を備え、管理画面の操作や設定に不安のあるお客様でも、スムーズに本導入まで進めることが可能です。業種、業態を問わず、幅広いお客様にご利用頂いております。


emplexfuruya at 21:09|PermalinkComments(0)勤退管理製品ご紹介 

2016年11月09日

タイムレポートの書き方

14390938_1084600691575035_5244248444211966508_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「タイムレポートの書き方(例)」について
タイムレポートの目的は、原価計算を主たる目的とするところが大きいですが
IPOを目的にスタートさせる企業が多く見受けられます
その内容をあまり精査されている企業は意外と少ないと思います

そもそも
タイムレポートは、その人が一日にどんな業務を行ったか把握するもの
良心に基づき正しく入力することが求められます

ポイントは締め
以前外資系のコンサル企業とおつきあいとしていたときは
毎月15日(提出日は16日)と月末(提出日は翌営業日)としていました。
ベストは毎週の締め 毎週金曜日締めで前週の工数と翌週の工数予定を
把握できることがベストだと思います
マニュアルの一文には
「自分ひとりくらい遅れてもかまわないだろう・・・」という意識を捨てるコト
確かに 一人の入力遅れで全ての労務費配分ができなくなります

また時間は、6分単位で正しく記入
6分=0.1時間
30分=0.5時間
とします

残業時間のルール
トレーニングの場合チャージできないルール
移動時間のルール
海外で仕事をした場合のルール
などもあると入力者はわかりやすいと思います

上司の承認フローも押さえておきたいと思います

ジョブNOの記入 プロジェクトコード毎に時間を管理
有償稼動と無償稼動に分かれます
有償稼動は 主なプロジェクトにチャージ
無償稼動は 研修・会議・セールス・全社キックオフなど
明確にアナウンスをする必要があります。

photo by yukiharu furuya

2016年11月08日

月次決算の早期化

13690764_1034143729954065_3964839793333171032_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「月次決算の早期化のポイント」について
月次決算は、利益計画の達成状況とその改善策を迅速に把握することが目的
月次決算の早期化のための方策

月次売上スケジュールと業務分担を決める
月次決算チェックリストを作成する
エクセル等への転記がないように会計ソフトのデータ抽出機能を確認する
売上、売掛金に関して、売上計上基準による検収や役務等
あらかじめ予定をデータとして保持しておく
仕入、買掛金に関しても、仕入計上基準による検収や役務等
あらかじめ予定をデータとして保持しておく
労務費等はデータを集計し配賦することが多いので
個人別のデータを決められたフォーマットで入力できるよう 仕組みを作ること

以上ポイントとしては
売上や原価データの付け合せや集計、加工をいかに正確にスピーディー に行うかがになります。

photo by yukiharu furuya


経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド