2016年10月

2016年10月31日

ツバイソERP 着地予想機能を含む予算管理機能をリリース。

d17603-5-270108-3


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

REST API対応クラウドERP「ツバイソ」(https://tsubaiso.jp/)を提供しているアカウンティグ・テクノロジーベンチャー、ツバイソ株式会社(本店:東京都渋谷区、代表取締役CEO:印具毅雄)は、着地予想やローリングフォーキャストを簡単にできる予算管理機能をリリースしました。
固めの予算/ストレッチな予算/4半期ごとの予算見直しなど複数の予算計画を管理し、リアルタイムに予実分析したり、予算と実績を組み合わせて期末の着地予想を行うことは、人的負担から中小企業にとって課題となっていましたが、この機能により簡単にリアルタイムに予算管理が可能となります。
有能な経営戦略室を持つことができるようになります。

複数の予算プランマスタを管理可能
予算プランマスタ
月別、部門別、勘定科目別に複数の予算プランマスタを登録可能です。
近年は、予算を複数持って経営したり、固定予算ではなく、4半期、半期毎に会計期間を超えて予算計画を見直すこと(ローリング・フォーキャスト)も多く行われています。複数の予算プランマスタを管理することで、これを可能とします。
予算プランマスタの登録、修正、削除は、権限管理により適切に統制することができます。

部門責任者は自分で好きなときに予実比較が可能
部門責任者は、経営企画室とやりとりをする必要なく、好きなときにリアルタイムに予実比較をすることができます。
部門責任者はダッシュボードから、年間の複数予算の比較、実績値を加味した着地予想、月単位の詳細な差異分析など自由にアクセスできます。
予実比較は部門単位でアクセス権限を設定できます。

着地予想機能
部門責任者は、自部門について予算に実績を加味した着地予想を簡単にできます。これは、ツバイソが業務プロセスから自動的、リアルタイムに管理会計情報を作成することで実現しています。
さらに、当ページから、「年月」をクリックすることで、詳細な予実差異分析ページへアクセスすることができます。

詳細な予実差異分析
部門責任者は、自部門について、単月の予実分析と、期首から当月までの累計額の予実分析が簡単に行えます。
また、複数予算も簡単に切り替えて比較できます。
更に、前年同月の実績比較もボタン一つで切替可能です。
各実績数値(青色)はドリルダウンすることで、経費精算申請書や見積書など、エビデンスまでトレースすることができます。
会計期間の制約もなく、過去に遡って自由に分析することができます。

プロジェクト別の損益・貸借対照表の自動作成など、管理会計が簡単
ツバイソERPは、部門別会計だけでなく、プロジェクト別、顧客別、エリア別、チーム別など、複数の軸で簡単に損益管理することができる、管理会計に強いクラウドERPです。
プロジェクト管理の詳細については8/3付のリリース「ツバイソERP。プロジェクト別の月次損益、債権債務、原価明細を管理できるタグ機能をリリース」
https://tsubaiso.jp/news/2016/08/20160809.html

部門別人件費(法定福利費含む)の自動計上も自動
ツバイソは、社員毎に会計部門へ人件費を自動計上する機能もあります。
法定福利費を含む人件費の管理会計は人数と会計部門が増えるほど複雑で時間がかかり、中小企業においては課題となっていましたが、この機能により、自動的に人件費にかかる管理会計が可能となります。
管理会計は、部門ごとの詳細な業績把握による経営力向上、公正な社員評価によるモチベーション向上に役立ちます。
詳細は、9/26付のリリースを御覧ください。
https://tsubaiso.jp/news/2016/09/20160926.html


emplexfuruya at 14:27|PermalinkComments(0)ERP業界ニュース 

2016年10月27日

プロジェクト・デザイン・パターン




プロジェクト管理会計研究所 古谷です

オススメ書籍紹介:プロジェクト・デザイン・パターン

オリジナリティがある画期的な企画のつくり方
「買ってみる」「自分なりの引き出し」「ダメ事例の研究」など誰でも使えるコツとしてまとめた本
本書は建築プロデューサーとしてさまざまなプロジェクトを成功させてきた梶原文生さんの経験則を、パターン・ランゲージの研究者である井庭崇さんが一般化してまとめたもの。

企画・プロデュース、新規事業にたずさわる方
企画・アイデアを練るとき、ビジネスを考えるとき、参照することで、きっと新たな知見とヒントが得られるます。

emplexfuruya at 21:26|PermalinkComments(0)書籍紹介 

2016年10月26日

フィナンシャルプランニング&アナリシス(fp&a)になるためには?

14063879_1056265361075235_4370753845619982418_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

フィナンシャルプランニング&アナリシス(fp&a)になるためにはどうしたら良いのでしょうか?
という質問をよく聞きます
外資系企業における 日本で言うところの経営企画は
経営幹部と一緒に働き、戦略的な経営上の意思決定の基となる分析を提供するため
人気があるようです。

僕がFP&Aに必要な経験値ポイントは5つ

1)業務経験
2)会計の知識と月次会計の経験
3)業務改革プロジェクトの経験
4)ERPなどの導入経験
5)ITを活用した情報分析能力

これらの経験を意識してすることは不可能に近いですね
前向きに取り組んでこそ経験できる運に恵まれると言って過言ではないと思います

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 21:17|PermalinkComments(0)FP&A 

2016年10月25日

コンサルティングフィーの計算方法

13177649_995134710521634_6122956373742301496_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

コンサルティングフィーの計算方法は大きく分けて2種類有ります。
「ビリングレート×工数」で計算する方法(工数比例法)と、
「実施後の成果」を算出し、そこから計算する方法(成果報酬法)です。
正当なファームやコンサルタントは、ほとんど工数比例法で計算しています。

ここでいう
ビリングレートはコンサルタント1名当たりの売値です。
大手コンサル会社では1ヶ月分の給与の3倍と言われています。
残念ながら私はその給料の3倍の価値に値するコンサルタントに出会ったことはありませんが・・・

またコンサルタント費用は前払いではなく
各フェイズ終了後 分割で支払う事をおすすめします。

photo by yukiharu furuya

2016年10月20日

売上高の補助科目と部門コードの設定について

13327609_1010468235654948_119997891707055101_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

補助科目は、勘定科目の内訳
補助科目の設定は 会社任意で決めることができますが
プロジェクト型システムで行う売上高の補助科目は売上の明細管理です

たとえば ASPサービス売上の場合
明細管理により
初期費用
月額費用を区分することも月次の売上推移を関するすることは有効です

またプロジェクト型システムから個別原価計算がある財務会計システムへ連動させた場合
取引先コードと取引先名
プロジェクトコードとプロジェクト名
なども仕訳も一緒にエクスポートできます

部門別に状況を把握することも大きなポイントです
部門は大項目と中項目 小項目で階層構造で括ることができるとベストです
そして部門別に損益状況を把握することが重要です

レポートは
部門別からプロジェクト別損益へドリルダウン
逆にプロジェクトを個別に集計して部門別で集計するなど
マクロからミクロ ミクロからマクロへ
売上高および粗利益の依存度や月次や年度推移を分析できることがベストです

photo by yukiharu furuya


2016年10月19日

原価の仮計上について

13438817_1022253034476468_7560926436945774843_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

皆さんの会社では 原価の仮計上 というルールはあるでしょうか?
原価の仮計上が必要なケースは、売上金額だけ計上して、原価は正確には分からないケースです。
売上だけ計上してしまうと 売上金額が全額利益に計上されてしまいます。
いわゆる原価の期ズレです。

売上を計上したのであれば、
例え、正確な原価は分からなくとも、予定原価で仮計上しておけば、
プロジェクト毎の原価の集計値はである程度正確性を増すことができます。

外注原価をプロジェクト毎に取引先毎 発注管理し原価発生の消込を行うことで 
正確に把握することができます。
原価漏れは 期をまたがると 翌期の決算にも大きな影響を与えるので
しっかりと行いたいと思います。

photo by yukiharu furuya

2016年10月13日

iPad向け勤怠管理アプリ「タブレット タイムレコーダー」 クラウド給与計算ソフト freeeとの連携スタート  〜企業ごとの異なるニーズに幅広く対応〜

d13046-11-539116-0


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

iPadをタイムレコーダーにする勤怠管理アプリ「タブレット タイムレコーダー」は、クラウド給与計算ソフト freeeとの連携をスタートしました。タブレット タイムレコーダーにとって、初めてのクラウド給与計算サービスとのデータ連携となります。ビジネス向けIT市場においてクラウドサービスの普及が進む中、クラウド給与計算ソフト freeeとの連携が多くのユーザーに高い利便性をもたらすと判断しました。今後も、多様なユーザーニーズに幅広く対応していきます。


■ 具体的な連携内容
タブレット タイムレコーダーから勤怠データを出力する際、クラウド給与計算ソフト freee向けのデータ形式を指定します。またクラウド給与計算ソフト freeeにおける勤怠データの取り込みの際、タブレット タイムレコーダーのデータ形式を指定します。これにより、タブレット タイムレコーダーで記録・自動集計した勤務実績のデータをクラウド給与計算ソフト freeeに簡単に取り込み、そこから1クリックで給与計算を行うことができます。


■初めてのクラウド給与計算サービスとの連携
タブレット タイムレコーダーはこれまで9種の給与計算ソフトと連携していました。しかしこれらのすべては買取型のパッケージソフトであり、クラウド給与計算ソフトとの連携実績はまだありませんでした。

特に中小規模の企業では従来、買取型の給与計算パッケージソフトが多く利用されてきました。しかし給与計算においては、毎年変更される各種の税率や保険料率などの法改正への対応が必要であり、タイムリーかつ手間なく法改正に対応できるクラウド型ソフトの普及も進んできています。

買取型を利用すべきか、クラウド型を利用すべきかは、各企業のニーズや判断によって異なります。タブレット タイムレコーダーはこれからも、企業ごとに異なるニーズに幅広く対応していきます。


■クラウド給与計算ソフト freeeについて
クラウド給与計算ソフト freeeは、入社時の各種手続きから日々の給与計算やマイナンバー管理まで、同一サービス内で対応可能な給与・勤怠・人事労務ソフトです。
クラウドサービスであるため、毎年変更される各種の税率や保険料率などの法改正などにも自動で対応し、1クリックで給与額・税金・保険料の計算・給与明細の発行などを行うことができます。
また、備え付け義務のある法定3帳簿の自動作成にも対応しており、助成金や補助金の申請にも活用することができます。
月額1,980円から利用することができ、クラウド給与計算ソフト シェアNo.1に選ばれています。(2016年3月 株式会社MM総研調べ)


■タブレット タイムレコーダーについて
タブレット タイムレコーダーは、iPadをタイムレコーダーにする勤怠管理アプリです。従来のタイムレコーダーよりも便利で、楽しく、またクラウド勤怠管理システムよりも安価で使いやすいソリューションとして開発されました。
(3人までは完全無料。10人ごとに@10,800円のライセンス買取方式で、月額費用などは一切不要)

企業における給与計算向けの勤務実績の集計をきめ細かな設定で自動化できるなど、プロ向けの実用品としての性能を備えつつ、毎日の写真撮影や各種のグラフ、ビデオメッセージ、天気予報など、従来のタイムレコーダーにはなかった新しい発想の機能を加えることにより、タイムレコーダーにイノベーションを起こすことを目指しています。

現在でも毎年10万台近く販売されている従来型のタイムレコーダーに代わる、働く人を笑顔にする新しいタイムレコーダーを普及させる。そしてさらに、家庭や塾、スポーツクラブ、研究室、企業内の部門やチームなど、従来はタイムレコーダーを利用しなかった場所や単位でタイムレコーダーが利用される世界をつくり、タイムレコーダー市場の刷新と拡大を実現していきます。

2016年10月03日

横浜コレクション 2016 Autumn Winter

14516565_1089795741055530_8526519151513859957_n


横浜コレクション 2016 Autumn Winter

おかげさまで
来場者も前回よりも増して
賛同頂いたメーカーさんも増え
徹底的に参加型イベントにこだわった結果
たくさんの人の笑顔を見ることができました
ご協力いただきました皆さん
ありがとうございます 感謝いたします!

14449986_1089795747722196_7843091332634039929_n


イベントコンセプトは「人と横浜を繋げる」
・横浜を素敵な人でいっぱいにする
・横浜のブランドや街を未来に向けてさらに盛り上げる
・そして「みんながぽかぽかした気持ちになれる」
少しずつイメージ通りの展開になってきました
場創りをして 美小柄もロゼも来場者もゲストも年代も違う 知らないひと同士がみんなで盛り上がれるのは一番嬉しいことです
余韻に浸りながら
朝から大好きな元町をサイクリング
ゆったりとした時間が流れています
横浜元町 素敵な街ですね

14484584_1089795184388919_6831087257845820382_n


横浜コレクション
いろいろな人と繋がって素敵な場に!
またたくさん街歩きしながら次回の企画を考えていきたいと思います

emplexfuruya at 21:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)新規事業開発 

SAPR ERPとCRM間のデータ連携テンプレート「SpeedStart Pack 日本語版」を提供開始 データ連携フローの開発期間を17分の1に短縮

1


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

エンタープライズ・アプリケーションプラットフォームとビジネス・インテグレーション基盤のグローバルプロバイダーであるマジックソフトウェア・ジャパン株式会社(代表取締役社長:佐藤敏雄 本社:東京都新宿区 以下マジックソフトウェア)は、マジックソフトウェアが開発・販売するシステム連携ツール「Magic xpi」用のデータ連携フロー・テンプレート「SpeedStart Pack 日本語版」を10月3日(月)より提供開始します。

「SpeedStart Pack」は、マジックソフトウェア・エンタープライゼスが開発し、海外ではすでに導入実績のある「SAP ERP* - Salesforce連携テンプレート」を、マジックソフトウェア・ジャパンが日本語対応したものです。日本語版の提供に伴い「SAP ERP - Dynamics CRM連携テンプレート」も追加開発いたしました。

日本語版の製品化にあたっては、Magic xpiビジネスパートナーの株式会社NEC情報システムズ様に全面的なご協力をいただきました。


【ERPとCRMのデータ連携を低コストで実現】

エンタープライズ向けの基幹システムとしてERPパッケージとCRMは広く普及しており、企業活動に無くてはならないシステム基盤となっています。しかしERPとCRMには双方に共通するデータが別々に管理されているため、それぞれのデータを双方向に同期・連携したいというニーズは以前から存在しておりましたが、各々のシステムに対する高度な技術や知識、及びコストが導入の妨げとなっています。



「Magic xpi Integration Platform」はノンコーディングでシステム間のデータ連携を実現するプラットフォームとして、海外・国内で多くの実績を持つEAIツールであり、SAP ERP、Salesforce、Dynamics CRMなどのデータ連携のためのアダプターを提供しております。プログラミング言語等を記述することなくデータ連携を短期間・低コストで自動化できるシステム連携ソリューションです。



「SpeedStart Pack」は、ERPとCRM間の連携フロー(Magic xpiが実行する連携プログラム)のテンプレートです。「取引先情報」「商品情報」のように、データ連携の必要性が高い項目については、基本的な連携フローがすでに出来上がっているため、連携フローをスクラッチで開発する場合と比較して17分の1に期間を短縮することができます。(マジックソフトウェア・エンタープライゼスによる試算)







【提供方法と対象企業】

マジックソフトウェア、及びMagic xpiパートナーが、システム連携開発プロジェクトにおけるテンプレートとして利用します。

■提供方法:マジックソフトウェアからMagic xpiパートナーに開発プロジェクト毎に提供します

■主にSAP ERPユーザー向けに、Magic xpiパートナーを通じて販売します。

初年度3社、次年度以降10社/年の導入を見込んでいます。



【Magic xpi Integration Platformについて】

異なるシステム間でデータ統合、同期、移行を、プログラミング言語等を記述することなく(ノンコーディング)で実現するシステム連携ツールです。SAP ERP、Salesforce、Dynamicsなど、66種500機能以上の連携アダプターを提供しており、基幹業務システムやクラウドサービスとのシステム連携において多くの実績があります。





経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド