2016年09月

2016年09月27日

成城石井、ワークスアプリケーションズの人工知能型ERP「HUER」ACシリーズを採用

13151429_995248307176941_8386850352249686218_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

成城石井、ワークスアプリケーションズの人工知能型ERP「HUER」ACシリーズを採用
株式会社成城石井は、新統合会計システムとして株式会社ワークスアプリケーションズ(以下、ワークス)の「HUER」ACシリーズを採用した。

成城石井は、食にこだわる高品質スーパーマーケット「成城石井」を運営している。メーカー、商社、卸、小売、飲食の機能を持つスーパーマーケットとして新業態に挑戦し、経営の多角化を推進する中、7年連続増収増益を達成し売上高690億円を超える急成長を遂げている。同社では、今後の急速な事業拡大を支え、将来的な環境変化に耐えうるシステム基盤の検討を開始した。今回、新統合会計システムとして、同社独自の成長戦略のもと徹底した業務改革が可能な「HUER」の採用を決定したという。

「HUER」ACシリーズは、「人工知能によってエンドユーザーの利便性を向上し、ルーティンワークをなくす」ことをコンセプトに、財務会計・管理会計、債権債務管理業務などを支援する機能群を搭載している。例えば、商品の品揃えやオリジナル商品の開発に注力する成城石井では、取引先や取引形態などが広範多岐にわたり、請求書処理業務においてはフォーマットや言語・通貨が異なる膨大な量の請求書を担当者が読み解き、システムへ手入力していた。

このような入力作業に関して、「HUER」では各書類をスキャンし取り込むだけで、瞬時に文字列やデータを解析し、自動的に項目のマッピング・入力を行うことができるという。マッピングされない場合は、最適な候補を割り出してサジェストするので、担当者はその情報を確認し“選択”するだけで業務が完結。さらには、「HUER」はそれらの後続処理を自動学習するため、非効率な作業を徹底的に排除することが可能になる。

このように、人工知能を活用した自動解析と自動学習によって業務効率を最大化した上で、経営指標の可視化や高度分析など経営の質とスピードを高める仕事にシフトすることで、付加価値の高い働き方が実現可能になる。

2016年09月16日

ワークスアプリケーションズ、大手建設業会計システムを汎用パッケージで実現〜鹿島、次期会計システムに人工知能型ERP「HUE(R)」を採用〜

13327609_1010468235654948_119997891707055101_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

 株式会社ワークスアプリケーションズ(本社 : 東京都港区、代表取締役最高経営責任者:牧野正幸、以下 ワークス)は、鹿島建設株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:押味 至一、以下鹿島)より次期会計システムとして人工知能型ERP「HUE(R)」を受注いたしましたのでお知らせします。

●すべての大手企業の「働く」に人工知能でイノベーションを
 ワークスは2015年12月に世界初の人工知能型ERP「HUE(R)」をリリース以降、製品に搭載した最先端技術とユーザー企業1,200社の業務ノウハウによる大手企業の働き方革新に挑んでまいりました。同時に、様々な業種業態の企業に必要な業務機能を標準機能として搭載する「ノーカスタマイズ」という製品コンセプトを軸に、各業界調査と機能開発・拡張を重ね、製品強化に努めています。

●存在しない、大手建設業向け会計パッケージ
 各業界の業務調査を行う中で、ワークスでは建設業会計パッケージについても独自調査を行いました。その結果、建設業に特有の受注高管理やジョイントベンチャー管理、協力業者発注管理といった業務に対応し、かつ大手企業で必須となる多階層組織や大量処理・自動処理に標準機能で対応できる製品は存在しませんでした。時期を同じくして鹿島では、次期会計システムの更新検討に際し、情報処理基盤の刷新を図り、技術動向を踏まえたシステム導入が不可欠と認識しました。また稼働後の運用保守及び機能改善等のシステムの維持管理を考慮し、大手建設業の会計業務に対して可能な限り追加開発せずに導入できるパッケージであることが指向されました。こうした判断をもとに、鹿島において先進的な会計パッケージ「HUE(R)」の採用が決定されました。

●大手建設業特有の要件を汎用化して実装-建設業会計システムのスタンダードを目指す



 ワークスは、「HUE(R)」を大手建設業でも追加開発することなく利用できるよう、大手建設業特有の機能要件をも汎用化して開発してまいりましたが、今回、ファーストユーザーとしての鹿島の協力を得て、さらなる「HUE(R)」の機能強化を行います。


 「HUE(R)」は、人工知能を使った自動解析と自動学習によってまったく新しい業務のあり方を提案する、世界初の人工知能型ERPです。企業内に眠る膨大な業務のログデータを収集・解析・学習することで、ユーザーの次の行動を予測し、進むべき方向をサジェストしてくれます。
 鹿島は、次期会計システムとして「HUE(R)」を採用することで、データ入力の多い会計業務において極力入力を減らし、データの正確性と業務スピード向上の両立を目指すとしています。具体的には、過去の伝票内容から入力すべき情報をサジェストしたり、膨大な請求書データの入力業務を自動化したりすることで、業務の生産性向上が期待されています。個別の追加開発なく機能の強化を可能とする「HUE(R)」を礎として、自社の経理業務の高度化のみならず、グループ会社との協働・連携の仕組みも整備することで、一層のグループ経営基盤の強化を目指すとしています。

 ワークスは、企業のこうした取り組みや企業変革をシステム基盤から支援していくとともに、市場環境変化の激しい建設業界へ、新たな解決策の1つとして人工知能型ERP「HUE(R)」を展開してまいります。

2016年09月15日

販売用ソフトウェアにおける見込み販売数量が大幅に変動した場合の減価償却

13346570_1010468192321619_4048172706168678309_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

販売用ソフトウェアにおける見込み販売数量が大幅に変動した場合の減価償却について

ソフトウェア業界の皆さん 
ソフトウェアの販売は 市場の変化に晒されていてこの見込みを作ることは
非常に困難ですよね?僕も非常に苦労をしました
目標的な予算と実現可能予算では大きく違いがでるからです

販売用ソフトウェアの販売実績が
当初の予算より大幅に変動した場合
見直し後の見込み販売数量に基づいて償却額を修正する必要があります

ソフトウェアの未償却残高が、翌期以降の見込み販売収益額を上回り
投資回収が難しい場合 超過額を費用処理する必要があります

ソフトが複数ある場合 各ソフトごとに 予測をたて毎期予算と実績を見直します

税務上は 臨時の償却や超過額の費用処理について 損金算入を無条件には
認められていません
完全に販売を停止して償却を余儀なくする場合は認められると思います。

photo by yukiharu furuya

2016年09月14日

不採算プロジェクト撲滅へのルール化


13344727_1010468268988278_1750320880950888482_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

皆さんの会社では、不採算案件が見えていますか?
また見えていた場合どのような予防策をとっていますでしょうか?

本日は「不採算案件の撲滅のルール化」についてお話をしたいと思います。

順調にプロジェクト毎に粗利益をコツコツ稼いでいても
たった1つの不採算案件が経営を揺るがすほどのダメージを与えることは
少なくありません。
不採算案件が発生する要因は、としてはいくつかあります、

(1) 見込み客との交渉・契約・見積もり段階
不採算案件を撲滅するためのポイントとしておさえるためには
開発や制作過程ではなく営業・提案SEがポイントをおさせなくてはいけません。
 受注前審査の強化が必要
そして採算が合わない案件を受注しないといった仕組み作りが必要です

(2) 受注後のプロジェクトチームの形成段階
プロジェクトマネージャーの採算意識を向上させること
実行予算作成段階になります

(3)実績進捗+フォーキャスト(見込み着地)の段階
プロジェクトの進捗と同時に 社内の工数+外注費の消化状況を
リアルタイムに把握することが求められます。

システム開発やweb制作などはオーダーメイドである事が多く
管理・開発プロセスの標準化が求められます
社員の情報共有意識を高め
他のプロジェクトでどのようなノウハウを得られいるか共有することも有効です

また これらの仕組みをルール化すること
システムだけではないノウハウをもってPDCAで回していくことが重要です。

photo by yukiharu furuya

2016年09月13日

インフォマート、Web請求でNTTデータセキスイシステムズと連携

13557772_1022252974476474_6335931567168020562_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

 インフォマートは、受発注や請求業務をWeb上で行えるシステム「BtoBプラットフォーム」と、NTTデータセキスイシステムズが提供するクラウド型統合基幹業務システム「SKit FLEXi」が、企業の請求業務での生産性向上を支援するため、システム連携を開始したと発表した。

 BtoBプラットフォームは、受発注、請求書、商談、規格書の4つのサービスから成り立ち、企業間の紙で行われている商行為をWeb上で行える。

 SKit FLEXiは、販売管理、在庫管理、仕入管理、会計、情報分析など、卸売業のさまざまな業務プロセスを支援する。基幹業務のWebEDI化を可能にし、クラウド化により定額で運用できる。工事付き販売や加工管理などのオプション機能も搭載している。

 今回の連携により、BtoBプラットフォームで受注したデータをSKit FLEXiに取り込み、SKit FLEXiから出力される請求データをBtoBプラットフォームを通じて取引先に電子請求することが可能になる。これにより、受注や請求書発行業務の手間やコスト削減を図れる。また、いずれもクラウド上の仕組みであるため、柔軟な拡張性やIT投資リスクの回避などのメリットも提供できる。

2016年09月12日

OBCのERP製品が、「日経コンピュータ 顧客満足度調査」の 「ERPパッケージ部門」で3年連続 第1位を獲得

13502061_1022253021143136_1787515558208542632_n-2


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

勘定奉行をはじめとする業務パッケージシステムを開発する株式会社オービックビジネスコンサルタント(代表取締役社長:和田 成史/本社東京都新宿区:東証1部 登録銘柄コード4733:以下OBC)は、日経BP社発行のコンピュータ専門誌「日経コンピュータ」で毎年行われている「顧客満足度調査」の「ERPパッケージ部門」で、3年連続第1位を獲得いたしました。
日経コンピュータ 2016年9月15日号 顧客満足度調査 2016-2017 ERPパッケージ部門3年連続 第1位

OBCが提供するERPは、導入・運用管理のしやすさやシステム構築の容易さなどが高く評価されている業務パッケージシステムです。
パッケージでありながら顧客要望への柔軟さを持ち、年々複雑化していく企業の課題やニーズに対応するための高い網羅性と適合性をご提供し、さらに、システムを運用する上で必要となるセキュリティ管理、ログ管理など統合運用管理機能を搭載し、基幹業務を包括的に支援しております。

今回の2年連続受賞においては、「導入や初期設定の容易さ」や「問合せへの対応」などで高い評価をいただくことができました。 今後も経営者・業務担当者・システム管理者、すべての方において長くお使いいただける製品開発体制、サポートサービスを継続し、お客様の満足度向上の為に、日々の地道な取り組みを怠りなく実践してまいります。
<OBCのERPのご紹介> http://www.obc.co.jp/click/v-erp/

調査結果の詳細:日経コンピュータ2016年9月15日号、または以下日経BP社ホームページをご参照ください。
http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/072602221/
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
1)選出日 :2016年9月12日
2)選出主体:日経BP社(本社:東京、社長:新実 傑)
3)掲載媒体:「日経コンピュータ」(2016年9月15日号)
4)調査名 :「日経コンピュータ 顧客満足度調査 2016-2017」
5)1位獲得部門の名称:ERPパッケージ
6)調査結果発表記事のURL(9月12日12時公開):http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/16/072602221/
7)調査概要

顧客満足度調査は、コンピュータの利用企業を対象に、システム開発・運用サービスや、PCサーバーやERPパッケージといったハードウエア/ソフトウエア製品などを提供するITベンダーに関する満足度を調査したものです。調査は日経BP社のIT総合誌「日経コンピュータ」、およびICT分野のシンクタンク「日経BPイノベーションICT研究所」が企画・実施しました。調査・集計は日経BPコンサルティングが行いました。
調査対象は全国1万1478社/組織の情報システム部門です。新興市場を含む全国の証券取引所に上場している企業と、年間売上高200億円以上の未上場企業、および官公庁(中央官庁)と村を除く地方自治体に対しアンケートを郵送しました。調査期間は2016年5月12日から6月14日までで、1466件の有効回答を得ました(今回は熊本・大分地方を中心とした地震が発生したため、熊本、大分両県は調査対象から外しております)。

2016年09月08日

WHILL、勤怠管理と経費精算の効率化にERPソフト「TeamSpirit」を採用

0907Team_001-thumb-600xauto-4238


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

チームスピリットは9月7日、パーソナルモビリティの開発・販売を手掛けるWHILLが、クラウド型ERPソフトウェア「TeamSpirit」を採用したと発表しました。

同製品は、「勤怠管理」「就業管理」「経費精算」「工数管理」「稟議申請」をクラウド上で管理できるERPソフトウェア。既存の基幹システムを変更することなく、アドオンとして追加できる点を特徴とする。

WHILLでは、ビジネスの成長に伴い、労働基準法への厳格な準拠と規定に沿った厳正な経費の管理を必要としており、それらの管理業務の効率化が求められていた。

TeamSpiritの導入後は、これまで紙ベースで行っていた勤怠管理と経費精算のプロセスを順次自動化することで、30%以上の作業効率の向上を見込むとしている。

2016年09月06日

プロジェクト型ビジネスの経営レポート集 「売上・利益予定表」

772efb68



プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロジェクト管理会計レポート「売上・利益予定表」の紹介

この表は
月別に売上予測・利益予測の集計
プロジェクト毎の月別予測明細
月別にセグメント毎売上予測・利益予測の集計
を表示しています。

ポイントとしては、経営として
プロジェクト毎の検収時期・受注額に応じた利益予想額をきちんとおさえることです。

それぞれのプロジェクトをおさえてこそ売上額・利益額の予測ができます。

なお 本レポートは
エクセルでインプットしたものを
クリックビューというBIソフトからアウトプットさせています。



プロジェクト管理会計研究所では このたび元大手監査法人出身 公認会計士の末永貴志さん
と共同で「受注損失引当金に関する会計実務」を販売することになりました

受注損失引当金に必要な運用手法・会計実務を網羅
ファイルダウンロード方式
詳しくはこちらをご覧ください
http://projectkanri.shopselect.net/items/1666150

2016年09月05日

プロジェクト型ビジネスの経営レポート集 取引先依存度分析

2cbcd24a


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日はプロジェクト型ビジネスの経営レポート集 第三弾
「取引先依存度分析」です。

昨日の受注実績表をもとに展開した表です。

ポイントは
売上による依存度
利益による依存度です。

この2つのカラムを並べておく理由は
売上げの依存が高くても
利益依存は低い場合があります。
また利益依存に対してのプロジェクト別利益を
把握することが重要です。

この取引先をCRM(顧客管理)と連動して
受注や売上実績のみならず
案件獲得予定情報
契約情報
と連携させることによって
将来の取引先依存度分析を把握することが可能です。

取引先依存度は
受注ベースかつ売上ベースで行ったほうが良いでしょう。

なお 本レポートは
クリックビューというBIソフトからアウトプットさせています。



2016年09月02日

SAPジャパン、中小向けERPの新版でプロジェクト管理などを追加

13344727_1010468268988278_1750320880950888482_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

 SAPジャパンは、中小企業向けのERPパッケージの新版「SAP Business One 9.2」および「SAP Business One,version for SAP HANA 9.2」の提供を開始する。

 今回の新版では、「プロジェクト管理」モジュールが導入され、プロジェクトの進捗管理を行えるようになった。マーケティング伝票と製造指図にリンクすることで、計画値と実績を比較できる。生産管理において、部品構成表に標準原価を設定することで、複数階層で部品構成表のコスト計算を行えるようになったほか、リソース能力の管理が強化され、より効率的にスケジュールを設定できるようになった。また、Windowsクライアントの他に、ブラウザアクセスが可能になり、ライフサイクル管理の負荷軽減、全体コストの低減のための選択肢が追加された。

 その他、SAP Business One,version for SAP HANA 9.2では、高速インメモリDB「SAP HANA」を基盤としたパーベシブダッシュボード上で、CRMモジュールが追加された。販売や購買、在庫管理のモジュールに新たなビューが追加された。また、複数のグラフを組み合わせて表示したり、データ型が追加されるなど、より柔軟にKPIを設定できるようになった。さらに、タイムスライダー機能が追加され、任意の期間のデータに迅速にアクセスできるようになった。分析の効率化により、経営意思決定の向上を支援する。インテリジェント予測にも対応し、季節要因やトレンドに合わせた需要予測が適切な予測アルゴリズムにより計算されるほか、予測シナリオを調整できる。またシナリオはMRPで使用できる。

2016年09月01日

スーパーアドミニストレーター

13327609_1010468235654948_119997891707055101_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

事務処理業務を行う社員のことを一般的にアドミニストレーターといいます

前職では もの凄く仕事のできるスーパーなアドミニストレーターがいました

彼女の業務は幅広く
プロジェクト予算書の発行
見積書の管理
売上の締め
納品書の管理
クライアントからの検収書の回収
請求書の発行
外注費の締め
外注先からの検収書の受け入れ
外注先からの請求書の受け入れ
タイムレポートの締め
経費精算の締め
プロジェクト実績報告書

150名の社員規模で この業務をアドミニ一人でプロジェクト毎に管理していました

監査法人からの評判も良く
全てのプロジェクトにおける証票類を完璧にファイリングしてくれていました。
彼女の業務内容は 一般庶務ですが まさにプロフェッショナルな庶務です

前職で当時僕がCFOだったころ全幅の信頼を置いていました。
何が一番安心できたかと言うと
それは すべてにおいての 締めの重要性がわかっていてくれたことです。
月次決算における期日通りに
現場とのやわらかいコミュニケーションとメリハリのあるプレッシャーをもって
各担当者から書類を回収してくれていました。

先を読む感覚
コミュニケーション能力
専門的なIT用語
会計知識

こなす仕事から 先を読むスーパーアドミニ
プロジェクト管理会計を行うにおいて重要なキーパーソンです。
現場部門からの信頼も厚く
仕事の成果とは何か?を理解している プロ意識が高いアドミニ
スーパーアドミニを作るには 人柄が一番

会社の成長を支えてくれた彼女には感謝をしています。

photo by yukiharu furuya

経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド