2015年12月

2015年12月21日

外資系ファイナンス&コントローリング部門におけるFP&Aのテクニック 《 コントローラーとe-mail》

10906078_773221982712909_5536350076054469010_n


外資系ファイナンス&コントローリング部門におけるFP&Aのテクニック

《 コントローラーとe-mail》

前回は、”ウォーターフォールチャートの作り方” などと、随分と実務的な話をしてしまったので、少しジェネラルな話に戻したいと思います。

今回はFP&Aというより、広く ”コントローラー” に必要なメールでのコミュニケーション方法についての話をしたいと思います。

コントローラーは社内の様々な職種や階層の人と日常的に広くコミュニケーションを取らなければ ”生きていけない” 職種です。だからコミュニケーションの方法には特に注意を払うべきと私は考えます。

メールでのコミュニケーションが当たり前となった現代、メールを読んだり書いたりする時間は1日のうち結構な時間を締めてしまいがちです。 しかし、コントローラーが誰とも話さずに一日中机にしがみついてメールを読んだり書いたりしている姿は第三者的にもあまり感心できません。機会があれば、出来るだけ直接会話をすることを心がけたいものです。

そのためにもまず、私の場合はメールを出す前に一度考えてみるようにしています。

『それ、本当にメールにしなければならないものなのか?』と。

確かにメールならあまり相手の顔色や時間の都合を気にすることは無く、言いたい事も割と気軽に伝えられます。 でも、あまりメールに頼ってしまうとコミュニケーション、つまり相手との相互の意思の疎通が測りにくくなってしまうこともあります。

時に相手を不快にさせてしまったり、回答まで時間がかかり過ぎたり、うまく意志が伝わらなかったり、単純なことを聞いたのに複雑になってしまったり… また、直接話せば5分で済む話がメールだとその何倍も掛かってしまうこともあります。だからメールは他の方法がない場合の最終手段と思っています。

それからコントローラーにとっては、直接対話によって、

『余計な情報を聞き出すこと』

は有益なことなんです。”余計な” と言うと語弊がありますが、様々な情報を得ることで、FP&Aに役立つことがたくさん見えてくるはずです。(この話は機会があれば別のコラムで)

だからまず最初に、”直接” 会話が出来ないかを考えるようにしています。

フェイストゥーフェイスが難しければ電話でも構いません。時と場合によりますが会議の機会が作れればそれも有効です。まずは対話を試みることにしています。

ただし場合によってはメールでコミュニケーションした方が有効な場合もあります。

例えば以下のようなものです。

*たくさんの人に同時に情報を発信したい場合 (これも場合によってはメールではなく会議やテレコンでできればそちらの方が良いです)

*資料や書類を参照して話をしたい場合

*会議の招集

*メールをエビデンスとして取って置きたい場合

*フォーマットにデータを入れる依頼をする場合(その場合は『後でコレコレこういうメールで依頼をするのでよろしく』という事前コミュニケーションも大切です)

*時差や物理的な理由で直接話が出来ない場合

それと例外的に、会話では何を言ってるか分からない人から明確な回答をもらいたい場合 …というのもあります(・・;)

閑話休題 。ではメールの書き方の話です。まずは話の順番。会話でもメールでも話には順番というものがあります。 会話の場合、だいたい以下の順序になると思います。

1. あいさつ(時に近況の雑談)
2. 話の背景(実は〜)
3. 本題(依頼事項や相談事項)
4. 時に交渉や結論付けなどのディスカッション
5. 必要に応じてタスクの決定や次のステップの話といった具合です。

さてメールの場合はどうなるでしょう?

Hi Peter, Dear Tanaka-san, All, などの後にあなたなら上記のどの項目から書きますか?

私は、3. 、つまり【本題】から入ります。(ただし短い文面で主旨のみ)

Please be informed that ——とか、I’d like to ask you for ——とか、つまり言いたいことを短いセンテンスで冒頭に書いてしまうのです。その後に2の背景、5の具体的なタスクを持ってきます。

何故?

メールは所構わず誰からでも飛んできます。特にマネージャークラスは毎日大量のメールを受け取るでしょう。だからメールの受信者はまず送信者とタイトルで内容の概略を把握しようとするはずです。

『これは重要なメールなのか 』
『これは自分が何かしなければならないことなのか』と。

まぁ、受け取った方もメールを開けずに放置するようなことはあまり無いでしょうが、一度開けてから内容を斜め読みすることが多いと思います。 そんな時に話の背景から入っていったらどうなるでしょう?

私ならイライラしますね。

『で、お前は何が言いたいの? 何かして欲しいの?それともただの F.Y.I (For Your Information) ? 』『ここまで読んだのにたいして俺に関係ないじゃん!何だよこいつ』となるかも知れません。

これが繰り返されると、私のメールは常に後回しにされてしまいます。だからといって毎回メールに 重要マーク(❗)を付ければオオカミ少年扱いされるでしょう。

だからメールの場合には、” 結論が先” です。まず相手に何を言いたいのかを簡潔に冒頭に書いて、このメールが何のために送信されたのかを理解してもらいます。そうすれば相手も ”そのつもり” で文章を読めますので、読み返す手数も減ります。

英語で長々と説明した上で、結局何を言いたいのかわからないメールを受け取った時は嫌悪感さえおぼえます。丁寧に背景から説明したいという気持ちも分かりますが、時に乱暴なメールに見えても相手から『あっ、こいつはいつも要件を先に言ってくるから、最初だけ読んでやろうか』そう思わせたら ”しめたモノ” です。

でも最後まで読まないとわからない長々としたメールってよく来るんですよね。そんなメールにかぎって、しばらくすると『返事はまだか?』ってリマインダーが… おいおい、それリマインダーを受け取って初めて気がつきましたよ。あなたが返事を待っていたことを… (^^;;

しかし、いろいろなメールが来ますがいちばん困るのは、ご近所さんからの簡単な内容のメールです。『〜さん、今日の午後、◯◯の件で少し時間ありますか?』とか 『あの◯◯の件、どうなりましたか?』とか。多分手を振れば見えるくらいの距離から送られてくるメール。いやいや、来ればいいじゃん。(-。-;
何なら呼び付けてくれてもいいよ。

こんな人には必ず私は席まで行って返事をするようにしています。これを繰り返すと、よほど鈍感な人でない限りこういうメールは送らなくなって来ます。

さて次はメールでのコミュニケーションでよく活躍するMS Outlookなどのグループウエアの会議招集ツールについてです。

コントローラーはたくさんの人から情報を得たり、たくさんの人に指示をする機会が多いので、ミーティングを招集することが多い職種です。しかし、複数の人とメールや電話でスケジュール調整をするのは意外と時間がかかるものですし、そんなことに時間を費やしたくはありませんから、このツールをしばしば活用します。

相手や会議室の空きスケジュールをサーチできるので自分の都合の良い日時でミーティングコールを送ることができますし、返事も高い確率で返って来ます。この時も会議室のアジェンダを簡潔に書いて送ります。ただし事前にキーパーソンには直接あるいは電話で了解を取っておくと無難です。キーパーソンに断られ、会議をキャンセルするようなことが続くと以降の参加率が悪くなるかもしれませんから。

最後に、自分からメールを発信する機会が多いコントローラーですが、逆に会計的なことで質問が来ることもよくあります。そんな時の対応の仕方についてです。

まず、こう思ってください。”財務経理系以外から来る会計的な質問は『単式簿記』をイメージしたものが多いということ。

ファイナンスに携わっている人では当たり前となっている期間損益をベースにした収益費用の認識基準は、それに携わっていない人には理解しにくい。これは子どもの頃から植え付けられた ”損得勘定” は ”現金をベース” にしてきたことに起因していると思うんです。

投資と減価償却の概念が理解されなかったり、キャッシュの支出が無ければ経費予算は減らないと思っている人、周りにたくさんいませんか?

だから、回答する時は相手が単式簿記で話しているんじゃないかと疑ってかかるのも話をスムーズに進めるのには良い手段かもしれません。

話は逸れますが、個人的にはどんな業種/職種であれ、管理職と名の付くポジションであれば、最低でも簿記2級程度の知識は持って然るべきだと思います。経費予算のコントロールだけでなく、管理職というのは会社経営の一端を担っているのですから、経営数値を理解しておく必要があるからです。経営数値を理解するためには基本的な簿記の知識は必要です。

”名ばかり管理職” の多い日本の会社ではよく見る光景でこんなのがあります。

何か簡単な経営数値を含んだ話をすると、『そういうのは分からないんだよね』と、冒頭に ”言葉にしない”『オレは◯◯のスペシャリストだからさ〜』が付いたもっともらしい、また誇らしげな言い訳をする人。『だったら管理職のタイトル返上し、スペシャリストとして生きて下さい』と言いたい。管理職である以上は、部下のマネージメント方法と同様に知っていて当たり前の知識ですから。

最近の某大手電機メーカーの不祥事もこういう事の積み重ねかもしれません。

最後はだいぶ脱線してしまいましたが、以上、コントローラーとしてのメールでのコミュニケーションについての話でした。

次回は、財務会計と管理会計の違いについての話を予定しています。

emplexfuruya at 22:20|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FP&A 

2015年12月02日

fp&aの業務内容

10906541_768335706534870_3704521200142386194_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

fp&aになるためにはどうしたら良いのでしょうか?
という質問をよく聞きます
日本で言うところの経営企画は
経営幹部と一緒に働き、戦略的な経営上の意思決定の基となる分析を提供するため
人気があるようです。

僕がFP&Aに必要な経験値ポイントは5つ

1)業務経験
2)会計の知識と月次会計の経験
3)業務改革プロジェクトの経験
4)ERPなどの導入経験
5)ITを活用した情報分析能力

これらの経験を意識してすることは不可能に近いですね
前向きに取り組んでこそ経験できる運に恵まれると言って過言ではないと思います

次回 この5点について詳しくお話をしていきたいと思います

◆プロジェクト管理会計研究所の最新情報はメルマガにてご案内しています。
Financial Planning & Analysisの必要スキルや
プロジェクト管理会計・先読み経営・新規事業開発など専門書にはない深い情報
とワクワクする体験情報を無料で配信いたします。

プロジェクト管理会計研究所のメルマガご登録はこちら
↓ ↓ ↓ ↓

https://ssl.form-mailer.jp/fms/d24f0507134923


photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 22:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)FP&A 

2015年12月01日

ワークスアプリケーションズ 新プログラム「“Disrupter(創造的破壊者)”への挑戦」とは?

プロジェクト管理会計研究所 古谷です

ワークスアプリケーションズさんが新しいインターンシップ制度を発表されました

イノベーター型人材“Disrupter(創造的破壊者)”を発掘する新プログラム始動!
ワークス、国内・春インターンシップの募集開始〜業界の常識を破壊した創業経営者が語る
「TOPセミナー」も開催決定〜
 ワークスアプリケーションズ(以下、 ワークス)は、 従来の能力発掘型インターンシップをさらに進化させ、 「"Disrupter(創造的破壊者)”への挑戦」をテーマにした新インターンシッププログラムを、 2016年2月より東京・大阪・福岡の三都市にて開催いたしますので、 お知らせいたします。 ワークスのインターンシップは、 アメリカ・中国・シンガポール・インド・日本など世界各国で開催しており、 毎年累計8万名もの学生に応募をいただいております。

■新プログラム「“Disrupter(創造的破壊者)”への挑戦」とは?

 グローバル化やAI(人工知能)の発達により、 産業構造や働く環境が大きく変化している現代においては、 既存のビジネスを打破して新たな価値を生み出し社会に変化をもたらすイノベーションが求められています。 ワークスでは、 そのような イノベーター型人材を"Disrupter(創造的破壊者)”と称し、 本インターンシップにて"Disrupter(創造的破壊者)”を発掘・育成するプログラム「"Disrupter(創造的破壊者)”への挑戦」を新たに開始 いたします。
 新プログラムでは、 実際のビジネス社会におけるマーケットや顧客を想定し、 自ら深く洞察し考え抜くことで、 時代を切り拓く新製品を開発していただきます。 その中で、 "Disrupter(創造的破壊者)”に求められる、 常識や前提条件を打ち壊す洞察力、 理想から考える仮説思考力、 アイデアを形にする実現力を開花していただきます。 また、 現場で新製品開発に携わる社員が参加者のメンターとなり、 最終アウトプットだけでなくそこに至るプロセスを見ることで、 "Disrupter(創造的破壊者)”としての能力を見極め評価します。
 本インターンシップにて、 "Disrupter(創造的破壊者)”となりうる高い能力を発揮した成績優秀者には、 特別報奨金としてワークスの初年俸1ヶ月分にあたる50万円をお渡しいたします。 さらに、 卒業後の3年間、 いつでも好きなタイミングで入社することを認める権利として「入社パス」をお渡しいたします。

■業界の常識を破壊した創業経営者が語る「TOPセミナー」 特別開催!

 ワークスは、 インターンシップ参加にあたるファーストステップとなる、 代表取締役CEO牧野によるTOPセミナーおよびインターンシップ説明選考会を開催いたします。 本TOPセミナーでは、 「グローバルで活躍するビジネスパーソンに求められる能力とは」と題し、 業界の常識を覆すサービスによって市場トップを勝ち取り、 今や全世界を飛び回る創業経営者 牧野が、 自らの経験・視点をもとに、 世界の経済状況の変化や日本経済の現状、 そしてこれからのビジネス社会で必要とされる能力についてお話しします。

 これまでに参加いただいた学生の方からは、 「世の中の変化についてリアルな話が多く、 大学や他では聞けない講演だった」「企業選択をする前に聞いておくべき内容。 自分の人生が大きく変わった」「グローバルで戦っていくために必要な能力の重要さに気づかされた」など、 毎回非常に高い満足度をいただいています。

【TOPセミナー 概要】
・日 時 : 2015年 12月 15日(火)/ 2016年1月12日(火)16:00〜
・講演内容 : 「グローバルで活躍するビジネスパーソンに求められる能力とは」
ワークスアプリケーションズ 代表取締役CEO(創業経営者)牧野正幸
・参加条件 : 現在大学生・大学院生の方(学年・学部不問)
・開催場所 : 東京・大阪・福岡にて3都市同時開催
・入 場 料 : 無料(事前登録制)
・応募方法 : 下記、 インターンシップ特設サイトよりお申込みください
http://career.worksap.co.jp/internship2017/
※大阪会場および福岡会場は中継となります。
※TOPセミナーと同日にインターンシップ説明選考会(インターンシップに関する説明および一次選考)を実施します。

【インターンシップ 概要】
・参加条件 : 現在大学生・大学院生の方(学年・学部・入社意思不問)
・開催場所 : 東京会場、 大阪会場、 福岡会場
・実施期間 : 2016年 2月 5日(金)〜 2月29日(月)
2016年 2月16日(火)〜 3月14日(月)
2016年 2月22日(月)〜 3月21日(月)
2016年 3月 4日(金)〜 3月30日(水)
・詳 細 : 下記、 インターンシップ特設サイトをご確認ください。
http://career.worksap.co.jp/internship2017/

※実施期間は、 会場により異なりますが、 上記より休日を挟んだ20日間のプログラムとなります。 また、 多少変更となる可能性がございますので予めご了承ください。

【ワークスアプリケーションズについて】
◆「世界の“働く”を変える」―――誰も成し得なかった問題解決に本気で取り組む会社です。
現在では、 世界有数の外資系企業を競合相手に国内シェアNo.1の座を獲得。 大手企業・官公庁の経営の中枢を担っています。
ワークスが提供する大手企業向けビジネスアプリケーション「HUE」は、 分散技術による高速処理と人工知能によるビッグデータ解析によって、 これまでにないユーザー体験とまったく新しい業務のあり方を提供する世界初のソフトウェアです。 もはや情報は入力し収集するものではなく、 選択する時代に変わります。 ユーザーのオペレーションを学習し自動的に処理を実行。 人が一瞬と感じる0.1秒の応答速度で、 最適な情報をサジェストします。 「HUE」は、 ビジネスパーソンを煩雑な作業から解放し、 ゆとりと思考の時間を提供します。

◆「今までやったことないことができるって超楽しい!」というワクワクを。
ワークスは、 「クリティカルワーカーに活躍の場を」を企業理念に掲げ、 創業時から徹底して人材にこだわっています。 私たちの求める人材は、 ロジカル・シンキング(論理的思考力)とクリエイティブ・シンキング(発想転換力)を兼ね備えた、 問題解決能力が高い人材です。 そのような、 既成概念にとらわれずゼロから1の新しい価値を生み出す人材を、 私たちはクリティカルワーカーと呼んでいます。 ワークスは、 クリティカルワーカーたちがお互いに刺激し合い、 自身の能力を最大限に発揮できる企業であることを目指しています。

ロジカル・シンキング(論理的思考力)とクリエイティブ・シンキング(発想転換力)
非常に重要ですね!

emplexfuruya at 23:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド