2015年11月

2015年11月30日

原価と販売管理費の自動認識

10931089_788683924500048_5396096991157448382_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロジェクト型ビジネスにおいて
支払申請 経費精算 仮払精算処理などの処理をする際
経理担当者は、プロジェクトによって各費目の売上原価(製造原価)か販売管理費 判別が求められます

手作業での入力の場合
現場の担当者の所属部門や計上部門などによって人の認識でその区分をさせることによって
社員数が50名を超えてくるとその入力数や判別するプロジェクトの数の分だけ
正確性に欠けてくるケースが多くなります

プロジェクト型システムを活用すると この判別を自動化することができます
これはプロジェクト別に原価か販売管理費を区別しておくと
たとえば「旅費交通費」を担当者が入力
財務会計ソフトへの仕訳はき出し時 「旅費交通費(製造原価)」か「旅費交通費(販売管理費)」
のコードへ連携させることができます

プロジェクト型ERPならではの機能です
当たり前のようですが
この機能はシステム検討時 確認しておきたい機能です 

photo by YF

2015年11月24日

間接費の配賦基準

11022574_805226512845789_4362489231911755041_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

間接費の配賦計算を行う場合、販売管理費なのか製造原価なのか、
分けてして入力する必要があります。
部門毎、開発などの売上に直結するプロジェクトに関わっている社員なのか、
経理や総務、営業などの間接部門に従事しているのかが組織図で明確にしておくことが必要です。

地代家賃などは、どの組織の社員にも平等にかかっている経費であるという前提になりますので、
該当する科目の金額を按分計算して製造原価に配賦計算する必要があります。
これらの配賦方法には、社員数、給料額、床面積に応じた方法があります。
基本的に毎月行うので 部門責任者にも わかりやすい方法をとることをおすすめします

photo by yukiharu furuya

2015年11月19日

売上高の補助科目と部門コードの設定について

10995881_798126286889145_7657928005713492779_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

補助科目は、勘定科目の内訳です
補助科目の設定は 会社任意で決めることができますが
プロジェクト型システムで行う売上高の補助科目は売上の明細管理です

たとえば ASPサービス売上の場合
明細管理により
初期費用
月額費用を区分することも月次の売上推移を関するすることは有効です

またプロジェクト型システムから個別原価計算がある財務会計システムへ連動させた場合
取引先コードと取引先名
プロジェクトコードとプロジェクト名
なども仕訳も一緒にエクスポートできます

部門別に状況を把握することも大きなポイントです
部門は大項目と中項目 小項目で階層構造で括ることができるとベストです
そして部門別に損益状況を把握することが重要です

レポートは
部門別からプロジェクト別損益へドリルダウン
逆にプロジェクトを個別に集計して部門別で集計するなど
マクロからミクロ ミクロからマクロへ
売上高および粗利益の依存度や月次や年度推移を分析できることがベストです

photo by yukiharu furuya

2015年11月17日

山下久美子さん

11667130_792546957528912_1605835709_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

山下久美子さん

OL時代に食の世界に興味を持ち退社を決意。
退職金を使って調理師免許を取得した後、都
内有名仏レストラン・洋菓子店等で修業、フレンチデセール・洋菓子の基礎を学ぶ。
その後主人のNY転勤に伴い渡米。

現地でケータリングしていたお菓子が評判を呼び教室をスタート。
家庭のキッチンでも作れる、お店で買ってきたようなお菓子づくりを提案して人気を呼ぶ。
帰国後、2012年より目黒区の自宅サロンにて洋菓子教室を再開する。

同時に一年間ミキハウス子育て総研ウエブサイト「Happy -note.com」にてレシピを掲載・執筆。
現在は自宅サロンにてお菓子教室を運営すると共に、お子様向けアイシングクラス「Kids Patissier time!」を季節のイベントごとに開催。

その他イベントへのスイーツケータリング、雑誌でのテーブルコーデイネート、イベント時のデイスプレー菓子の制作、アイシングクッキー体験ワークショップ、大使館でのケーキ製作アシスタントなど、お菓子を通して幅広く活動中

11650884_792546954195579_260931543_n


元パティシエの技術を生かし、家庭のキッチンでも作れる、
お店で買ってきたようなお菓子づくりを提案
お菓子を通して季節ごとのテーブル、ライフコーデイネートも人気があります
お菓子つくりに興味のある方 オススメの教室です。

emplexfuruya at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2015年11月16日

受注損失引当金に関する会計実務

受注損失引当金
ソフトウェアなどの制作を業としている場合
プロジェクト毎の採算予測において赤字を予測することは重要なポイントです。

当月迄の実績に今後かかる原価を加えた金額を随時算出できることが求められます。
また算出した金額が受注金額を原価が上回ることは、
そのプロジェクトは赤字になることを意味します。

期末において予想される損失に対して受注損失引当金を計上する必要があります。
プロジェクト管理会計研究所では このたび元大手監査法人出身 公認会計士の末永貴志さん
と共同で 「受注損失引当金に関する会計実務」 を販売することになりました

受注損失引当金に必要な運用手法・会計実務を網羅しています。
ファイルダウンロード方式
詳しくはこちらをご覧ください
http://projectkanri.shopselect.net/items/1666150

目次
はじめに
1. 総論
(1) 受注損失引当金とは
(2) 引当金の計上要件
(3) 工事進行基準と受注損失引当金の関係
(4) 棚卸資産評価損と受注損失引当金の関係
(5) 国際会計基準上の取扱い

2. 受注制作ソフトウェアの決算実務
(1) 適用される会計基準
(2) プロジェクト別個別原価計算
(3) 工事進行基準の適用要件
(4) 実務上の論点

3. 開示実務
(1) 重要な会計方針としての記載例
(2) 会計基準の注記に関する記載例

4. 東芝不適切会計に学ぶ実務上の留意点
(1) (株)東芝の第三者委員会による調査結果概要
(2) 工事原価総額の見積修正に関する会計処理
(3) 工事原価総額の見積修正に関する会計処理の具体例
(4) 実務上の留意点

5. おわりに
全21ページ

はじめに
我が国では、建設業やソフトウェア開発会社を中心に、工事損失引当金や受注損 失引当金(以下、「受注損失引当金」という。)が計上される会計実務があります。
これらの引当金計上にあたっては、「会計上の見積り」により損失見込額を合理 的に算定されることになりますが、予算や業績目標を達成するプレッシャーの下 で経営者の偏向が介在するなどして、しばしば不適切な会計処理が行われること があります。すなわち、工事進行基準における工事原価総額の見積金額を過少に見 積るケースや、案件別のプロジェクト原価(工事原価)における集計を意図的に付 け替えるケースなど、本来、合理的に見積もることができる損失見込額が恣意的に 操作される事例が相次いでおります。
本稿では、建設業やソフトウェア開発会社において実務慣行となっている受注損 失引当金の意義や引当金の計上要件について解説し、特に受注制作ソフトウェア の計上にあたって留意すべきポイントなどを紹介します。また、受注損失引当金の 計上を検討している企業の皆様の参考となるよう、金融商品取引法に基づく有価 証券報告書等の開示書類における注記事例等について事例を紹介します。さらに、 (株)東芝の第三者委員会の調査報告に基づく過年度決算の修正内容について事例を 用いて解説し、実務上留意すべき内部統制上の課題等について言及します。
本稿は、最近の会計実務慣行を踏まえ、公表されている会計基準等を順次解説し ています。建設業やソフトウェア業界の企業の皆様にとって、実務上で生じた疑問 点の解消や課題の解決につながることを願っています。
なお、本稿で参照している会計基準等は 2015 年 9 月末現在において適用されて いるものをベースとしており、本稿における考察や意見は、著者の私見であること を申し添えます。

2015 年 10 月 公認会計士・税理士 末永 貴志

2015年11月12日

ERP導入ニュース インテージホールディングス、SAP S/4HANAの導入を決定

プロジェクト管理会計研究所

本日はERP導入ニュース

インテージホールディングスは、SAP S/4HANAの導入を決めました。
グループ全体の財務会計、管理会計、予管管理、プロジェクト会計の業務領域において、
10月に導入プロジェクトを開始し、2017年4月の本稼働開始を目指すとのこと

新システム導入において、計画系(BPC、EPM)、実績系(ERP)、情報系(BI)の
システムを実現し、経営管理に伴う数値情報の即時把握を可能にすることが、最大の要件。

これに対して、複数社のシステムを比較検討した結果、SAP S/4HANAは、その処理スピード、長期的なビジネスを支えるうえでの豊富な実績を有し、かつ同社の求める要件すべてを単一プラットフォーム上で実現する唯一の製品

単一プラットフォーム上で実現可能で追加開発が不要なため、開発リスクや費用が最も低く抑えられるだけでなく、開発期間も最も短く、社員教育など本稼働開始までの定着化に十分な時間を充てられると判断した。

従来、これらの管理業務は、スクラッチ開発したシステムで行っていたが、2014年に着手した業務改革の実現に向け、プロジェクト収支管理体系変更に伴うシステム更新の必要性と、案件総量管理による業績見通しを把握する管理体制づくりの必要性が生じていた。
従来システムは7年前に構築したもので、システム改変による対応は限界に来ていた。

プロジェクトの収支管理においてのコード体系見直しによる
業績管理手法大変興味がありますね

2015年11月11日

株式会社マミーゴー 代表取締役 荻野 久美子さん

おぎのくみこさま


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

荻野 久美子さんは 現在株式会社マミーゴー 代表取締役 

甲南女子大学短期大学部卒業から現在に至まで約16年間、会社経営に携わられています。

ご経歴は
1999年店舗のデザイン設計・製作施工を事業とするクリエイティブスペースノット
(現螢離奪肇魁璽櫂譟璽轡腑鵝砲魴擦叛瀘。

2010年主婦・ママ向けの教育事業とする株式会社ヒメルリッチを設立。
2011年経済界『金の卵発掘プロジェクト』にて特別賞受賞

その後
2014年ITやWEBデザインに強い主婦・ママ200名の力を活用して
中小企業の業務効率のお手伝いを担う事業とする株式会社マミーゴ―を設立。

現在荻野さんは二児のママ 会社経営とママ業を両立されています
ITを活用したママ起業家です



emplexfuruya at 22:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2015年11月10日

パーソナルトレーナー 佐藤義捷信さん

11652040_773355936110716_1212300906_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

パーソナルトレーナー 佐藤義捷信さんのご紹介

佐藤さんは1973.4.10生まれ
横浜生まれ、横浜育ち
主な活動場所:横浜

日本体育大学 体育学部 社会体育学科を卒業され
◯合同会社LIMA ENTERTAIN代表
◯日本 エフ・レッグ協会代表理事
◯ランニングアセスメントスペシャリスト
◯全米エクササイズ&スポーツトレーナー協会 パーソナルトレーナー
○adidas performance training認定 トレーナー
◯健康管理一般指導士
◯Ugi Ball インストラクター
◯普通救命法指導士

身体をよくする為には身体を緩めるだけでは駄目
身体を鍛える為には筋トレだけでは駄目
弱い所を鍛えて、硬直してる所を緩める
身体を治すことはできませんが作ることは出来ます。
その結果、スポーツ傷害で苦しんでいるお子さん。
腰痛、冷え性、肩凝りで悩んでいる方。
高齢になってからの転倒防止。
綺麗な身体を作りたい方。
身体の悩みは作ることで解消できます。
トレーニングとボディケアで様々な分野の方々に身体つくりをされています。




emplexfuruya at 22:10|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2015年11月09日

予約の取れないフラワーサロン「Fleurs de Saison」 花空間プロデューサー 内田屋薫子さん

11657508_844906042266867_1618101721_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

内田屋薫子さんは
2000年より3年間のアメリカ駐在時代にフラワーアレンジと出会いアメリカにて資格取得後、
フランススタイルの色遣いに魅せられ渡仏しフランス園芸協会主催、
技能試験DAFA1&2取得。
(DAFAとはフランス、イタリア、ベルギーの共通国家資格)

アメリカ時代に学んだアレンジメント概論とパリスタイルの色彩、葉遣い、
素材選びを融合させ、独自のスタイルを確立しフラワーアレンジを住空間の一つのインテリア
ととらえ、日本の住空間に合わせ実用的、現代的で尚かつあまり技術を必要とせず簡単に出来る
スタイリッシュなインテリアフラワーを提案されています。

2005年秋より「花空間プロデューサー」としてフラワーサロン「Fleurs de Saison」を主宰。
クラシック、モダン、ナチュラルどんなテイストの家でも調和するアレンジは幅広い年齢層
にに支持を受けています。
予約のとれないフラワーサロンです。

幼少のころからおもてなしの文化と海外で良質のものに触れていた経験に裏打ちされた、
ライフスタイルにとけ込む、独自のリュクスな花 空間をトータルで演出。
パリスタイルのナチュラルでシックな色づかい・素材に、立体感や流れを出し、
異素材の質感を組み合わせることでモダンな印象を演出するのを得意とされています。

日常を彩るエッセンスとしての花とテーブルコーディネイトが融合した花空間を提案したい
玄関先や食卓には常に花が飾られ、男性もフルーツを買い求めるように、
花束に手を伸ばすパリのライフスタイル。

そんな日常に花が溶け込んでいる暮らしの素晴らしさを伝えたい。
その思いを胸に、海外で培った経験と理論をもと、日本の住空間にもマッチした
モダンで実用的なインテリアフラワーを独自に考案されています。

パリシックをベースとした洗練されたカラーや花材づかいと
アメリカ駐在時代に培ったダイナミックな空間テクニックの融合した
ラグジュアリーで幸福感のある花空間を
企業イベントやトークショー、サロン教室を通じて提案されています。

【サロンレクチャー】
各クラス8名までの少人数製度のサロン形式のお教室を開催。季節感のある花をつかって、玄関やテーブルに飾れるような実用的なアレン\ ジを中心にレッスンする「フラワーアレンジメント」コースから、
テーブルセッティングまで取り入れた「スタイリッシュおもてなし」コース、さらに1年ほどでディプロマ取得可能なディプロマコースまで多数プログラムを用意

【パーティプロデュース】
特別な日やゲストを最大限の喜ばせるためのパーティ演出をお引き受けしています。
花を用いた空間演出、テーブルコーディネイト、
さらに簡単なフィンガーフードまでアレンジ可能です。
企業や大使館でのミニパーティ、ブランドのVIP向けの受注会、
ショップのオープニングなどでラグジュアリーなおもてなし

気さくな内田屋さん
まさにラグジュアリーで幸福感のあるサロン
予約のとれないサロンですがご興味のある方はぜひ見学されてみてください

公式ブログ:http://ameblo.jp/fleurs-de-saison/

emplexfuruya at 21:16|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2015年11月05日

2015年最後の恋する横浜カップリングイベント

th_46f3dec77d22fb3a26cac9e0e5568f9a_m


プロジェクト管理会計研究所 古谷です
横浜のボランティア活動「恋する横浜 カップリングイベント」も次回で19回目

コンセプトは 横浜で、「出会い」、「遊び」、「結婚」して、横浜に「住まう」。
こんな流れが生まれる事が横浜を元気にする事だと思っています。
街コンと混同される事が多いですが、
街コンは飲食をフックに多くの人を街に集める事がメインですが、
この企画で私たちが特にこだわりをもっているのは【出会い】であり、その【カップリング率】です。

第1回20%、第2回30%、第3回36%、第4回60%、第5回40% の
最高63%のカップリング率を達成して参りました。 平均50%前後です

お伝えしたいのは、こんな図式です。
街コン < 「恋する横浜 カップリングイベント」 < 婚活イベント

クリスマスも近く、恋人の聖地「横浜マリンタワー」にて開催をする事になりました。
結婚を本気で&ぼんやりと考えている 独身の男女の方 
今年最後のカップリングイベントに参加しませんか?

日時:平成27年12月6日(日)
場所:横浜マリンタワー
主催:横浜セントラルタウンフェスティバルY156 / 恋する横浜実行委員会 
時間:受付17時30分〜 イベント開始18時〜 終了20時半予定
受付場所:横浜マリンタワー3階イベントホール
募集人数:独身男女各35名 合計70名  ※男性ドレスコード有り
参加費:(ドリンク・軽食付き)
男性:7,000円
女性:4,000円
<男女全員に>
マリンタワー展望台招待券

クリスマス気分 ワインつき 
素敵な雰囲気で たくさんのカップルを誕生させたいと思います!

詳細・お申し込みはこちらからどうぞ
恋する横浜
お友達に独身の方がいらっしゃいましたら シェアください!

emplexfuruya at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)婚活 

2015年11月04日

会議の原価を計算する

f7d15718


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

昨日ワールドビジネスサテライトで面白い特集をやっていました
それは「会議の原価を計算する」というテーマで
会議をスタートする前に ファシリテーターが会議の原価を発表するというものです。

今回は会議にかかる人件費をリアルタイム計測するタイマー「MeetingTimer」を紹介します。
だらだら延びる社内会議の意識改革に、全出席者の時給から金額を秒刻みで算出
役職ごとにコストレート(賃率)を設定できます。

会議やミーティングなどにかかる人件費をリアルタイムに計測表示するコストカウンター兼タイマーソフト。

職位ごとの出席人数と時給換算した賃率および会議の予定時刻から、
会議中に費やしている金額と残り時間を算出・表示し続ける。
いつもだらだらと延びがちな社内会議などの意識改革にお勧め。

使い方は
最初に[SETTING]ボタンで設定ウィンドウを開き、社長・役員から一般社員まで職位
それぞれの賃率、つまり1時間あたりの賃金単価を設定。

賃率はあまり正確でなくても、推定されるおおよその平均金額でいいでしょう。
[SAVE]してからメインウィンドウに戻り、職位ごとの出席者数と、
会議の開始・終了予定時刻を入力して[START]ボタンを押せば、計測が始まります。
金額はリアルタイムに1秒刻みの1円単位で刻々と算出され、
下欄には会議終了予定までの残り時間が分単位で表示されます。

ホワイトカラーに働き方 時間の活用の仕方が重要視されていますが
コストばかりを気にして
人間関係を深めるための会話もい無駄と捉えている会社も多くあります。

コストとコミュニケーションや創造性のある会議
バランス良くファシリテーションしていくことを求められてくると思います。

2015年11月02日

シングラ 代表 酒井 禎雄さん

10259862_703585753016775_5599239767978572165_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

本日は シングラ 代表 酒井 禎雄さんのご紹介

酒井さんは
平成元年 新卒でリクルート入社、オリコン、サイバードを経て2011年起業
一貫して企業向けのBtoBtoCマーケティング支援を行っております。
世の中に価値がありながら伝わっていない人や物にスポットライトをあて
新しい価値を見出すことを目標に2社
スマートソーシャルという会社とシングラという会社を営んでいます。

前者は能力がありながら営業力が無いエンジニアさんやクリエーターさんを大手企業にご紹介する会社。
後者はこれからウェブマーケティングに取り組まれるお客様にたいして単純な商品提供にとどまらず一緒にサービスまで必要に応じて作ってしまうという会社です。

湖池屋様のカラムーチョZのプロモーションで第24回日本プロモーション企画コンテストにて大手代理店様と並んで入賞いたしました。
http://www.pishow.com/51piinvitation/promocon.htm

・お仕事でつながりたい人 業種
既存事業を拡大されるためにウェブやアプリのマーケティングを最大限に生かされたい方、お客様。
昭和29年創業でおなじみの幸楽苑様の
新商品の司ラーメンの動画CMをこの度弊社で制作させて頂きました。
https://www.youtube.com/watch?v=vNTKvs5BhWQ

お客様の魅力を最大限に広げることを目標にしております。
・いま大事にしていることはパリーグを中心としたプロ野球観戦
・趣味 ボランティア活動 
  下手の横好きのトレーニング
  歌舞伎、相撲といった日本人の愛するコンテンツに浸る時に最高の喜びを感じておられるそうです。

酒井さんとは これから中国展開などもされているとのこと
一緒にビジネスしていきたいと思う方の一人です。


emplexfuruya at 23:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2015年11月01日

大切なビジネスパートナー

11115714_813750161993424_8052355078283832066_n


プロジェクト管理会計研究所 古谷です

僕にとって大切なビジネスパートナーがいます
来年そのパートナーと地元で大きなイベントを企画しています

一緒に夢を語り合い 
イメージしながら
いろんな人たちに協力いただき
一歩ずつ実現して 大きくなってきました
共創ってこういうことなんですね

まだまだ大きな夢に向かって
ビジネスパートナーと歩んでいきたいと思います・・・

photo by yukiharu furuya






emplexfuruya at 23:02|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド