2013年06月

2013年06月25日

間接費の配賦基準

DSC_4324

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

間接費の配賦計算を行う場合、販売管理費なのか製造原価なのか、分けてして入力する必要があります。
部門毎、開発などの売上に直結するプロジェクトに関わっている社員なのか、
経理や総務、営業などの間接部門に従事しているのかが組織図で明確にしておくことが必要です。

地代家賃などは、どの組織の社員にも平等にかかっている経費であるという前提になりますので、
該当する科目の金額を按分計算して製造原価に配賦計算する必要があります。
これらの配賦方法には、社員数、給料額、床面積に応じた方法があります。
基本的に毎月行うので 部門責任者にも わかりやすい方法をとることをおすすめします

photo by yukiharu furuya

2013年06月20日

書籍紹介 小さくして強くなった こうしてハングリータイガーは生まれ変わった

13f3d268

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

小さくして強くなった こうしてハングリータイガーは生まれ変わった
という本のご紹介

私は、生まれてからずっと横浜に住んでいます。
小さい頃からあるハンバーグレストランはハングリータイガー
ハングリータイガーは横浜の人なら知らない人が居ないと
言われるほどの人気店で行くといつも行列です。

ハングリータイガーの最大の売りであり特徴は、
俵型のハンバーグとそのサービス法でガラス張りの
アメリカンスタイルのグリルコーナーでハンバーグの
周囲をじっくりと焼きその後に熱々の鉄板の上に乗せられてやってくる。

お客の目の前で俵型のハンバーグを縦割りに切り、
中の生焼け部分を鉄板の余熱で火を通しつつ、
その上に特性のソースをかける。

このときに、熱々の鉄板でソースが跳ねるので、
ナプキンを持ち上げて自分に跳ねが来て
服を汚さないよう避けるにするという、
ある意味独特のサービス法がハンバーグを食べる前の
客のワクワク感を盛り上げる演出です。

この本は
ハングリータイガー苦難の20年が書かれています。

バブルそして店舗拡大、システム化から株式上場を目指す。
そして、上場を目前にO-157(病原性大腸菌)による食中毒事件。
その後に、最近まで問題になっていたBSE(狂牛病)問題

これによって経営危機に陥り、
20店舗以上あった店を最終的には生き残るために3店にまで
縮小したそうです。

この本を読んでいると、何度もの危機に立ち向かい、
諦めることなくギリギリまでその問題に真正面から向きあってきた
ハングリータイガーの経営者の姿が記されています。

先日も食べてきましたが
味は子供の頃と全く変わらないサービスと味でした。

ちょっと値段が張りますが
フィレステーキがおすすめです!

2013年06月17日

マーケティングとプロジェクト管理会計との連携

DSC_4489

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロジェクト管理会計とマーケティングはつながるのでしょうか?
ABC(Activity Based Costing)を使うと、顧客別損益管理に分解できます。
これにより
プロジェクト管理会計は顧客単位で紐付けることができます。
セールス部門でもABCを連携し意識を変えることが出来ます。

この数字を活用し
プロジェクト利益を、R&D部門や製造部門に反映し、マーケット志向を持たせることが重要です。
技術志向や、製造部門のコスト志向に引っ張られて、
マーケット志向が失われないよう
まずはプロジェクト原価管理を実践することがファーストステップだと思います。

photo by yukiharu furuya

2013年06月12日

退屈なタイムシートの入力作業が楽しくなる?

d0fcd683

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

ブログタイムスというサイトで面白い記事を見つけました
それは、ブラジルの大手広告代理店が、タイムシートの入力業務を楽しく
全社員に期日までのシート入力を徹底させるためのユニークなアイデア
その名は「Drink time sheet」

それは オフィスラウンジにビールが一杯入ったプロジェクト専用の冷蔵庫を設置
電子タイムシートをミスなく全ての項目を入力し
タイムシートの入力状況に応じて専用画面にビール瓶メーターが徐々に満タンに近づいていく・・・

毎週金曜日には全社員のタイムシートが100%入力されるようになったそうです。
ビールメーターが満タンになると、
従業員の全員がキンキンに冷えたビールをラウンジで無料で飲むことができる
従業員同士の交流を深めること間違いなし

原価管理とITを活用したお茶目な事例 
プロジェクト原価管理における労務費の比率が多い広告代理店
参考になりますね

2013年06月11日

Bianchi ROMA2 カスタマイズ ドリンクホルダー

写真 のコピー


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

Bianchi ROMA2 カスタマイズ 第2回
Bianchi 純正ドリンクホルダーを装着しました

遠出をするのに必要なドリンクホルダー
先週の土曜日 表参道ヒルズのBianchi shopへ行き購入しました
Bianchi カラーでボディーにぴったりのカラーコーディネーションです

写真


下の写真は 日曜日横浜元町までサイクリング
写真 のコピー 2


今後も 楽しんで 少しずつ 理想形に近づけていきたいと思います


emplexfuruya at 21:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 

2013年06月04日

稟議決裁と購買予定情報

DSC_4345

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

外注発注時、商品仕入時 購買発注をする際 皆さんは稟議書というものを書かれていると思います。
稟議書の決裁は申請者から担当役員等を経由し、会社の規定に定められたフローに沿って行われます。

稟議フローは エクセルやワードから稟議フローシステムを活用し
旅費精算
経費精算
購買申請等を行います

稟議フローシステムはさまざまありますが
単独では業務効率化を達成することはできません
ワークフローと基幹システム(フロントシステム)との連携でこそ業務効率化することができます

発注書類の作成
購買情報の管理
資金繰り支払情報
仕訳情報の生成
ファームバンキングデータ作成

ノンプログラミングで申請フォームが作成できる帳票作成機能や、
すぐに使えるサンプル帳票を標準装備しているものもあります

プロジェクト毎に購買・経費精算処理 から 仕訳処理まで作成できるソリューションもあります。
こんな統合システムに興味がある方 私がオススメのシステムをご紹介しますので
お気軽にコメントください

photo by YF

2013年06月03日

Bianchi ROMA2 サイクルコンピュータ装着

写真

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

Bianchi ROMA2 カスタマイズ 第1回
キャットアイというサイクルコンピュータを装着しました
機能、操作ともベーシックなワイヤレスサイクロコンピュータの入門機
100km以内くらいなら、スピードと距離だけのこれで十分だと思います

必要十分な機能かつリーズナブルなお値段で魅力的な商品
取り付けは ホイールのマグネットの情報をなかなか拾ってくれず
最適な位置決めをするのに少し手間取りましたが
大きく見やすい画面と、機能を絞り込んだことにより
表示される計測データがすぐに把握することが可能です

速度や距離を知りながら走るのは楽しいです。
昨日も50キロほどスイスイ走ってしまいました
今年の夏は房総へ遠征してみたいと思います












emplexfuruya at 22:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自転車 
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド