2013年05月

2013年05月30日

恋する横浜 in マリンタワー カップリング率56%!

_DSC0085

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

僕も実行委員として活動している「恋する横浜」婚活イベント
先日5月26日(日)横浜セントラルタウンフェスティバルY154の最後を飾るイベントとして
恋する横浜 in マリンタワーが開催されました。

カップリング率を追究したアクティビティが特徴のこのイベント、
今回の結果は、、、、、カップリング率56% でした!

この日、なんと、22組ものカップルがY154で誕生した事になります。
これはきっかけですから、この後、結婚までたどり着くかどうかは、カップル次第。
イベントとしては、大成功に終わったと思います。
ご参加された方、ありがとうございました!

2013年05月29日

事業部採算管理の徹底 「倒れても前を向いて倒れろ」

DSC_4489

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

今日とある商社の事業部長と情報交換をしました
会社規模は売上1000億 従業員1000名
事業部は10以上あります

経営管理の手法の話題になったとき
順調に業績を伸ばされている理由を聞きたくなりました

ポイントは「事業部ごと独立採算の徹底」

メーカー機能もあるその商社は
半期毎算出された営業利益を基準に事業部毎の業績を算出
また適正在庫を管理会計に導入 
一定年齢以上在庫を利益から差し引きしてあるべき営業利益を管理徹底されているとのこと

賞与支給の考え方としては 事業部営業利益から半期毎 賞与を算出
賞与の支給金額は半期で200万円も変わるときがあるそうです

このような考え方でいくと
通常の組織では 確実に利益を獲得するため戦略が硬めになってしまいそうですが
この企業は 常に攻めていくことを求められているそうです
攻める姿勢 プロジェクトに失敗をしても
「倒れても前を向いて倒れろ」という言葉は目から鱗でした

事業部が10以上あっても縦割り感といった隔たりはないとのこと
100名規模でもあり得る 部門間の隔たりですが
この部門間の意識についても独自のノウハウがあるようです

2013年05月27日

Bianchi ROMA2

DSC_5530

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日クロスバイクを購入しました!
イタリアンバイク Bianchi ROMA供 淵咼▲鵐 ローマ2)
購入したのは 表参道ヒルズ内にある Bianchi 直営ショップ
とてもオシャレな感じのショップです
店員さんも 初めてのクロスバイクということで 親切にいろいろと教えてくれました
Bianchi らしい爽やかなカラー 一目惚れしました

ROMA兇狼’柔もよく 
ロードレーサーの走行性とフラットバー特有のコントロール性のよさを兼備えています
またバーエンドバーつき
グリップだけをずーっと握っていると手が疲れちゃうので、たまにバーエンドバーを握るだけでも、
使う筋肉を変えられるので腕の疲れを軽減できます

2013モデルからフォークをアルミフォークに変更されたとのことで
700Cx28Cと安定感のあるタイヤを搭載、 軽い走行感です
パーツはNEW SORAを使用。18段変速です

今まで乗っていたMTBとは こいだ感じが明らかに違います

今年の目標のひとつ 
自宅(横浜)から鎌倉 江の島 逗子 まで自転車で行くこと!
はクリアできました
今後は 少しずつカスタマイズをしていきながら
よい遠くへ 自転車ライフスタイルを楽しみたいと思います!

本ブログでも カスタマイズされた Bianchi くん をご紹介していきたいと思います

emplexfuruya at 22:31|PermalinkComments(0)自転車 

2013年05月22日

2013年「働きがいのある会社」ランキング

a4e5fe1b

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

Great Place to Work(R) Institute Japanは、
働きがいのある職場について調査を実施し、
2013年「働きがいのある会社」ランキングとして発表しました。

 この調査は、
「従業員が会社や経営者、管理者を信頼し、自分の仕事に誇りをもち、
一緒に働いている人たちと連帯感をもてる会社」を、
「信用」「尊敬」「公正」「誇り」「連帯感」という価値観を5つ
のキーワードを基に、従業員と企業にアンケートを実施して、
働きがいのある会社として選考しています。

1位 グーグル
2位日本マイクロソフト
3位Plan・Do・See
4位ワークスアプリケーションズ
5位サイバーエージェント
6位アメリカン・エキスプレス
7位ザ・リッツ・カールトン東京
8位トレンドマイクロ
9位三幸グループ
10位ディスコ
11位 モルガン・スタンレー
12位 セプテーニグループ
13位 アサヒビール
14位 日本イーライリリー
15位 プルデンシャル生命保険
16位 船井総合研究所
17位 ブラザー工業
18位 東京海上日動システムズ
19位 ポジティブドリームパーソンズ
20位 アイ・ケイ・ケイ
21位 良品計画
22位 アボットジャパングループ
23位 堀場製作所
24位 ザ・リッツ・カールトン大阪
25位 ルネサンス
26位 ノボノルディスクファーマ
27位 ザイマックスグループ
28位 DHLジャパン
29位 ガリバーインターナショナル
30位 インテリジェンス

「従業員が会社や経営者、管理者を信頼し、
自分の仕事に誇りをもち、
一緒に働いている人たちと連帯感をもてる会社」響きますね
各社が、どのようにして「場」を創っているのか興味あります

僕は7月末から新しい会社へ移ります
連帯感をもった アニメワンピースのような職場を目指したいと思います(笑)

emplexfuruya at 22:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)組織活性化 

2013年05月21日

成行き業績予測

DSC_4513

プロジェクト管理会計研究所 古谷です

成行き業績予測とは、現在の事業構造を前提とした場合に、
このまま何も手を打たなければ、業績がどのように推移するかを予測するものです。

成行き業績予測の結果と、業績目標とのギャップが経営課題となります。
つまり、業績予測から経営課題を正しく抽出するためには、
このギャップを確実に認識することが大切です。

成行き業績予測の基本的なステップは↓の通りです。

過去10年ほどの実績を採用した時系列による売上高の予測
     ↓
過去の粗利率を踏まえた将来の原価予測による粗利益の予測
     ↓
将来の人件費・設備投資・その他固定費の予測
     ↓
成行き予測による経営課題の抽出

成行き業績予測は、過去の実績から 将来の全般的な傾向をつかむことが目的です
基本を押さえて 大づかみ的なものであって構いません
緻密にこだわりすぎて キーファクターが何か見えなくなってしまうこともありますので
注意が必要です。

photo by yukiharu furuya

2013年05月20日

業績を上げる会計

cda06ee3

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「業績を上げる会計」という本をご紹介

経営環境が厳しくなった今日、
全てのビジネスマンが会計に無関心でいられなくなったこと
はいうまでもありません。
しかし、漠然と「会計」全般についで学んでいるだけでは、
実務に活かすことはできません。
必要なのはより実践的な、
会社の業績を向上させる指標となる「管理会計」の考え方です。

 本書は「管理会計」の基本的な考え方と、
その最新の理論・手法について述べたものです。
もちろん、「管理会計」という分野にも
沢山の理論・手法が存在しますが、
筆者の研究と経営者としての経験から、
特に「実務に役立つ」ものを厳選して、わかりやすく解説しています。
内容を「短期の業績向上」と「中長期の業績向上」の二つに大きく分け、
より仕事に活かしやすい構成となっています。

 会計の専門家だけではなく、
経営者、そして中核社員が知っておくべき
「利益を上げる会計」が身につく一冊です。

2013年05月13日

サービス業向けERPのプロジェクトコード

DSC_4522

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

サービス業向けERPのプロジェクトコード設定について

サービスプロジェクトには
スポット型とリテナー型があります。
これは、契約形態で言うところの「受注型」と「役務提供型」のことになります。

この場合
プロジェクトコードの設定は
契約単位に行うのが標準的な手法です。

財務会計ソフトの場合
その多くは年度でプロジェクトコードを洗い換えをしなければ
継続できないモノもありますが
役務提供型プロジェクトは年度を跨るモノが多いと思います。

これにより
プロジェクト毎に売上推移 原価推移 利益推移を月次でレポート
させることが可能です。

またプロジェクトの種別を部門別・サービス種類別にわけることも有用です。
所謂セグメント情報をプロジェクトコードに反映させる手法です。

この場合、1つの契約に2つのセグメントが跨る場合
2つのプロジェクトを設定する必要があることにご注意ください

photo by Yukiharu Furuya

2013年05月07日

会社の老化は止められない

会社の老化は止められない――未来を開くための組織不可逆論
会社の老化は止められない――未来を開くための組織不可逆論 [単行本]

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

最近じっくり読んでいる本 『会社の老化は止められない』

新しい考えを持ち、イノベーションを起こす可能性がある人材がイノベーター
このイノベーターは、組織の中で煙たがられるのが現実
“老化した組織においては、起業家精神を持ったイノベーターは存在しても活用されないばかりか、
「異端児」として迫害され、行き着く先は牙を抜かれた普通の人になって埋没していくか
別の職場を探して外に出るかのいずれかである。と言われています

組織にイノベーターをとどめ、有効に活用するのは非常に難しいのですが、それができれば組織は成長
しかしながら、こういった本は、イノベーター側が読み、アンチイノベーター側には届かないもの
世の中の8割〜9割はアンチイノベーター どんな恥ずかしい形であっても
イノベーターは負けないで信念を貫き通してもらいたいと思っています

今年一番の一冊です!

第一章 会社という名の不可逆プロセス
第二章 老化した会社の「止められない」症候群
第三章 老化を加速させる大企業のジレンマ
第四章 会社の老化がイノベーターを殺す
第五章 何がパラダイムシフトを阻むのか
第六章 組織の宿命をどう乗り越えるか

2013年05月01日

株式会社コンディション取締役 鈴木久美子さん

sk_1752a (1)

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

鈴木久美子さんは 
1970年7月22日 生まれ 株式会社コンディション取締役
体幹回復ストレッチのトレーナー兼リーダーをされています

短大卒業され秘書・仕出し弁当・ネットショップ立ち上げなど
さまざまな職を経験された後
現在 株式会社コンディション取締役
(社)美しい姿勢を次世代につなぐ理事
テレビ通販番組にも出演されています

42歳には全く見えない素敵な女性です
美の秘訣をお聞きしたところ
楽しいと思うことを優先する
お腹凹ませ癖
酵素を摂る
下着に気を使う
乾燥しないように、化粧水たっぷり、クリーム されているとのこと
趣味は旅行 美味しいものを食べる
楽しいことが大好きな鈴木さんです

現在体幹回復ストレッチのトレーナー
100%セルフケアだけ戻らない骨盤矯正
スタジオで楽しく ストレッチを教えてくれます

「美脚をつくる骨盤」セルフストレッチ出版本ではモデルをされています

体幹回復ストレッチは表参道駅から徒歩7分 青山骨董通り沿い
http://3719.me/
体幹美女ファイルは必見ですよ!!

ichiran


emplexfuruya at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド