2013年04月

2013年04月22日

横浜DeNAベイスターズコラボ企画「恋するスタジアム」「恋する横浜in横浜マリンタワー」婚活イベントのお知らせ

bg-header

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

5月に 2週連続開催する恋する横浜実行委員会主催 イベントのお知らせ

2013年5月18日 横浜DeNAベイスターズコラボ企画「恋するスタジアム」
2013年5月26日 恋する横浜in横浜マリンタワー

2013年5月に行われる横浜セントラルタウンフェスティバルY154において
横浜の地域活性化、独身男女の出逢いの場を演出すべくを横浜スタジアムで
横浜DeNAベイスターズ婚活コラボイベント、横浜マリンタワーにて高カップリング率を目指す
婚活イベントを開催します

1)2013年5月18日 土曜日 横浜DeNAベイスターズコラボ企画「恋するスタジアム」
 場所:横浜スタジアム 対北海道日本ハムファイターズ戦
 試合前練習・交流戦試合を観ながら 横浜という地で出逢い 野球価値観を共有
 熱く語り合い 熱く応援しながら 素敵な出逢いにつなげます 
 協賛:株式会社横浜DeNAベイスターズ・株式会社横浜スタジアム
 時間:受付10時00分〜11時00分(受付後場内入場出来ます)
 イベント開始11時00分〜13時45分(イベント終了後は試合をお楽しみ下さい)
 ☆プレミアム試合前 選手の練習を見学出来る貴重な体験 
 ☆グループ単位でスタジアムのグラウンド・ベンチを見学  
 募集人数:独身男女各100名
 参加費:男性6,000円 女性3,000円
 *参加費に含まれるもの(試合観戦チケット(FA席4500円相当)
  スタジアムチケット(金券)1500円分) 
 詳細・申し込みは「恋する横浜」ホームページで。http://www.y151-200.com/koi3/

2)2013年5月26日 日曜日 「恋する横浜in横浜マリンタワー」

 場所はホームグラウンドの横浜マリンタワー http://marinetower.jp/ 3Fイベントホール
 協賛:BEASHOW ドクターベルツ Gollajapan ファクトリージャパングループ/ガーデン他 
 時間:受付17時30分〜18時00分(時間厳守)イベント開始18時00分〜20時30分頃
 募集人数:独身男女各40名
 参加費:男性5000円 女性4000円 (軽食・3ドリンク付き*アルコールあり)
 アルコール・軽食を楽しみつつ、オリジナルアクティビティに更にアレンジを加え 
 今回も高いカップリング率を目指します

詳細・申し込みは「恋する横浜」ホームページで。http://www.y151-200.com/koi3/
お申し込みはお早めにどうぞ

http://blog.livedoor.jp/koisuruyokohama/

2013年04月18日

セントリーディング主催 営業マネジメントセミナーのご紹介

aecb2b4a

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

セントリーディング主催「第2回 営業マネジメントセミナー」のご紹介

5月〜6月営業強化セミナー第一弾として、営業マネジメントについてのセミナーを開催します。
今回は「状況判断・対策策定力を強化する方法」と題しまして、顧客や案件、部下の状況を的確に判断し、
対策策定〜指導する営業マネジメント、また営業管理システム(SFA)の有効活用についてのお話です。
ご興味のある方はぜひご参加ください。

【状況判断・対策策定力を強化する方法】
営業進捗状況、顧客や営業担当者個々の状況を適切に把握・判断し、対策を策定し、指導する
という営業マネジメントを強化する方法やPOINTをご紹介
内容 状況判断・対策策定のプロセス・・・顧客や営業の状況把握・判断〜対策〜指導を実現するプロセス
状況の把握と判断する方法・・・把握・管理すべき状況と情報、計画対比で判断する方法
問題点を発掘する方法・・・営業情報の使い方「悪い場所を探す情報」「原因と問題点を探す情報」
対策・指導を考察する方法・・・3つのプロセス「対策の模索」「実現性の強化」「目標達成の可否」
SFA(営業管理システム)の活用方法

講師 桜井正樹(当社代表取締役)
1998年、日総ブレイン株式会社にて営業職派遣・請負事業の立上げ・運営を担当。
2000年、株式会社コンフィデンスにて営業コンサルティング・アウトソーシング事業に従事し、
その後、株式会社ベルシステム24にて、法人向け提案型セールス専門のセールスソリューション事業の
立上げおよび事業責任者を務める。
2009年に株式会社セントリーディングを設立し、代表取締役に就任。

15年以上法人向け提案型・課題解決型営業を専門に支援し、支援企業は100社を超える。
支援業界はIT業界を中心
に、設備機器メーカー、販促・マーケティング企業、法人向けサービス会社など
開催概要・お申込み方法

日時 2013年5月22日(水) 16:00〜18:00 (受付開始 15:45)
場所 ハロー貸し会議室 新宿 (各線新宿駅(JR新宿駅西口より各徒歩2分)
東京都新宿区西新宿1-5-11 新宿三葉ビル6階(入口:小田急ハルク左脇)
http://goo.gl/maps/RXFav
参加対象者 経営者、事業責任者、営業責任者・管理職、営業企画・社内改革関係者
定員 20名様
参加費用 無料
お申込みは↓からどうぞ
http://www.centleading.co.jp/semi_20130522.pdf

emplexfuruya at 21:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セミナー情報 

2013年04月16日

個別原価計算が可能なERP

DSC_4348

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

今回は、プロジェクト型ビジネスに 向いたERPのご紹介

プロジェクト型ビジネスは
フロント業務を中心としたシステムと
経理業務を中心としたバックシステムが
必要になります。

上記にあげましたERPは
フロント業務を中心としたもの
フロント+バックを有しているものがあります。

会社の規模や業務のニーズにより
選択の手法は変わりますが
プロジェクト管理会計の見地から言わせていただきますと
現場の採算意識向上をさせるためには
フロント業務を意識したフローにしたものでないと
システムを導入した目的が果たせないことが多くなります。

今までのシステム開発では、機能重視であることが多く
業務フローに目を向けていないケースは多々あります。

会計システムであれば機能単位での評価は簡単ですが
・プロジェクト予算との進捗状況の把握
・フロント中心の使いやすさ
・視認性
・業務フローのtobeモデル指南
・内部統制を踏まえたアラート機能
などフロント業務として必要なものを網羅しているか?
チェックが必要です。

また分散型システムはプロジェクト型ビジネスでは
あわないといわれています。
会計システムを中心として販売・購買・勤怠・経費
それぞれのシステムが分散していることをいいます。

統合型システムはプロジェクトコードをキーとして
有機的に結びついていることにより
プロジェクト型の損益を実績のみでなく予測値も
表現できることが求められます。

それにより現場の採算意識も
結果赤字だったよりも
赤字になりそうだ
ということを意識させプロジェクト管理会計を実現させることができます。

photo by yukiharu furuya

2013年04月15日

転職で目指せ1000万円プレーヤー

299ce53d

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

「転職で目指せ1000万円プレーヤー」という本のご紹介

『キャリアアップ転職』していくために、
「スキルの向上」が重要だと考えている人は多いと思います
著者はそれを肯定しつつ、
「『転職の技術』を身につけることの重要性」を
多くの人が気づいていないことを指摘しています。

スキルを持っていても、
それをうまくアピールできていない人が多いと思います
その解決策として、「新型職務経歴書」のご紹介
「企業の求める人間像をきちんと知り、
それにあった説得力のある経歴書を書く」
ビジネスパーソンたちにも、自分を高く売る「転職の技術」が書かれています

「自分のスキルレベルを客観的に把握する」ことが大事
その具体的方法例が、この本にはたくさん載っています。

2004年の発刊された本ですが まったく古臭さを感じることはないです
本書で、年収1000万円転職を果たした人たちの
職務経歴書がたくさん出ているので あるべきレベルや、
アピールすべきことが書かかれてて、今後のキャリア形成にもたいへん参考になりますよ

emplexfuruya at 20:34|PermalinkComments(0)TrackBack(0)書籍紹介 

2013年04月10日

顧客別プロジェクト別損益管理

DSC_4279

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「顧客別プロジェクト別損益管理」について

これは、顧客別に製造コスト・営業コスト・事務コストを
把握することにより
手間がかかっている顧客
手間をかけずに受注が発生する顧客などを把握し
会社として顧客別に利益依存度を図ることができます。

またプロジェクト管理会計を採用することにより
製造コスト
物流コスト
営業コスト
受注事務コスト
など、どのコストがプロジェクト別に利益を圧迫している要因か?
を把握することができます。

例えば、ある顧客は、売上はそこそこでているが
利益を圧迫している要因は、「物流コスト」でした。
内容を確認して見ると1回ですむ配送が数回に分けて
配送されていることが判明できました。

これを実現するためには
タイムシートの入力を
製造部門だけでなく営業部門や管理部門もする必要があります。

勤怠管理と工数管理 日報報告を一元的に管理することを必須とする文化
を作れば、これを実現することは可能だと思います。

photo by yukiharu furuya

2013年04月08日

美月(みづき)さん モデル

1


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

美月さんは ホリプログループ モデルエージェンシーBoozeの所属
埼玉県出身 22歳 今年3月に大学を卒業したばかりです
ホリプロタレントスカウトキャラバン予選でスカウトされ
ファッションはもちろん バラエティもこなせるモデルとして活躍しています
身長は173センチ 長身をいかして かわいらしく また かっこいいモデルを目指しています

趣味は 電卓集め! 自宅にはたくさんの電卓が飾ってあります

特技は ダンス 小学校2年から始めた かなりの腕です

2013年4月より
TBS系 「7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート」 レギュラー出演が決定しました \(^o^)/
毎週土曜日の深夜0時です
さまぁ〜ずさんとの絡みも楽しみですね!

美月さんのブログは↓「ミズ☆ブロ」
http://ameblo.jp/mizuki-official/

最近のコンポジットは↓から観れます
http://booze.jp/common/pdf/mizuki.pdf

皆さん応援してください!


【主な仕事歴】
●TV
TBS系「7つの海を楽しもう!世界さまぁ〜リゾート」レギュラー 毎週土曜日深夜0;00〜O.A.
●CF
大一商会
日経電子版

●雑誌
FYTTE

●スチール
コロンビアスポーツウエアジャパン
玉川高島屋写真館

●SHOW
KENZO
BONMAX
東急百貨店
螢織ラ「ジェニーコレクション」
イタリア貿易振興会「Workshop Filati Toscana」
TONI&GUY ヘアショー

●WEB
東宝調布スポーツパーク
NIKON


2013年04月04日

先を読む研究開発とプロジェクト管理会計

DSC_4315

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

研究開発は、企業の将来の収益性を左右する重要な要素です。
現在の会計基準においては、研究と開発に当たる費用は、
原則としてすべて「その期の費用」として計上することになっています。

研究開発についての管理を行うためには、プロジェクト別管理が必要です。
またプロジェクト別の予算額を持つことが必要です。

全体の年間予算をどのプロジェクトにいくら配分するかを決定します。
このとき優先順位を明確にする必要があります。
 
研究開発費のうち、主に人件費、設備等の減価償却費、外注費が主な費目となると思います。
特に人件費については、研究開発費の主たる内容になりますので、
複数プロジェクトに関与する人の人件費を、各プロジェクトに配賦する必要があります。

研究開発プロジェクトを評価するためには、
将来獲得が予想される効果を把握して、できる限りそれを数値化することにより、
投資とリターンの比較を行うことが望まれます。

photo by yukiharu furuya

2013年04月01日

写真がもっと好きになる

d39ffbae

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

この本は、毎日、写真を撮りたくなる本

著者の菅原一剛さんは写真のプロ
気軽に楽しみながら、いい写真が撮れるようになるコツが、
たくさん書いてあります。

写真の本は世の中にたくさんありますが
カメラという機械のメカニカルな部分での技術論ではなく、
写真を撮ることについての根本的な方法論
初心に帰り、あらためて写真に向き合うきっかけを

■カメラと一緒に歩いてみよう。
■あなたの思いは、きっと写ります。
■ゆっくりものを見てみよう。
■ちょっと不思議な写真のしくみ。
■写真は、ひとつの大切な“もの”。
■季節の光の違いを写してみよう。
■正しいカメラとレンズの使い方。
■ケータイだって写真がもっと好きになる。
エピローグ『あかるいところ、あたたかいところ』

独カールツァイスのマニュアル単焦点レンズにNIKON D7000
で増々横浜の写真撮りたくなりました

菅原一剛ホームページ『今日の空』
http://www.ichigosugawara.com/


経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド