2013年01月

2013年01月31日

デザイン業のABC分析

DSC_4279

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

デザイン業のABC分析について
デザイナー は労務費か?
とあるデザイン会社の経営者から先日相談を受けました。

一般的には
デザインを受注に基づく物づくりとして例えるならばする人は労務費、
社内デザインをするコストは人件費になります。
営業もする社内デザイナーはどっちなんだってなりますからね。

上場しているWEB制作会社は数社ありますが
製造原価の労務費で処理している所が多いようです。

また制作会社において営業兼ディレクターという社員もいます。
営業工程における工数は販売管理費
デザイン製造工程における工数は製造原価で処理します。

この場合は、しっかりとした工数管理が必要です。
気をつけなくてはいけないのは
原価と販売管理費の予算管理です。

ディレクター全員が営業活動に入ってしまうと
粗利益はよくなりますが販売管理コストが上がります。

一人一人の
しっかりとしたABC活動標準原価計算を計画し
コスト管理することが求められます。

photo by yukiharu furuya

emplexfuruya at 20:46|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月28日

人脈ご紹介 鶴見斗陽実さん

Img0033

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

アンペリアル・サロン・ド・ボーテ 代表 鶴見斗陽実さんのご紹介

アンペリアル・サロン・ド・ボーテさんは、お客様の身体の状態に合わせ、
結果の出るプログラムと、高度なハンドテクニックで、
痩身目的 リラックス目的 体質改善目的など
全てのお客様のニーズ応え
特にインディバを始め,話題のキャビテーションなど、最新機器も用意され
真の美しさ、心と身体の健康へとサポートされているサロンです

鶴見さんは 静岡県浜松市出身、商社OLを7年勤務後

1989年
女性の美の追求を目指し、エステ業界へ飛び込み
半年後、フランチャイズでエステティックサロンをオープン。自らエステティシャン
としてフランス、インド、英国、アジアのエステなどを習得。

1991年
中目黒に2号店をオープン。

1993年
中目黒にある2店舗を渋谷に移転し、スタッフ30名を抱えて、フランチャイズエステ
を展開する。
バルネオテラピー、ゾーンテラピー、バンテージ痩身、垢すりトリートメントなど20
種類のセラピーを混ぜ合わせたオリジナルセラピーを確立

1996年
フランチャイズから独立し、渋谷店を改装オープン
「まーるちゃーむ」と言う女性を最高にチャーミングにする為のサロンを展開する。
足つぼ、メイクアップ、カラーカウンセリングなど各種スクールの開催、企業に招か
れ「足つぼ健康セミナー」「ヒーリングセミナー」など各種セミナーの開催、テレビ
出演、雑誌でも活躍。ネイルやエクステ、まつ毛パーマ、ドイツのフッスフレーゲな
どの技術を取得。

1998年
メディカルな分野とアンチエイジングに関心を持ち、「インディバ」を導入

1999年
代官山にサロンを移転し「アンペリアル・サロン・ド・ボーテ」と改名し、ワンラン
ク上を目指す女性の為のセレブなエステを経営する。
自らエステティシャンをする傍ら、他社の美容機器メーカーの開発プロジュースも手掛ける。

2004年
独自の「スピリチュアルセラピー」と「痩身エステ」に力を入れ、お客様にはタレン
トやモデルさんなどがいらっしゃる、駆け込み寺となる。

2005年
EMSの進化した中周波、低周波痩身機器「コルポ」を導入し、さらにダイエットト
リートメントに拍車がかかる

2006年
耳つぼダイエットを取得し、ダイエットセミナーを開催

2007年
オーストラリア政府認定国家資格ビューティーセラピスト取得

2008年
AIASジャパンビューティーセラピー代理店資格取得

2009年
オーストラリア政府認定国家資格 CERTIFICATE in Massage Therapy リミディア
ルマッサージ取得

2010年
アンペリアル・マスターズスクール開校

2011年5月
脂肪を破壊するメディカル機器「キャビテーション」導入

2011年11月
アンぺリアル・サロン・ド・ボーテ二号店を中目黒にオープン

2012年
ロミロミマッサージや整体師とのコラボエステを導入

2013年
「DNA美容」導入 DNAは一生変わらない。一度受ければあなたの体質が解り、間違っ
たダイエットをしていないか、間違った食生活をしていないかを知り、正しい方法を指導されています

鶴見さんとは アンペリアル・サロン・ド・ボーテさんで培ったノウハウを
テレビ通販の世界で新しいブランドを構築したいと思っています

現在 僕が興味あるのはインディバ
インディバとは、体内の深い部分に、熱を加えることによって、
血流やリンパの循環を改善し、自律神経系の調整を行う医療用温熱機器のこと
近日中に癒しの時間を体験させていただく予定です
とても楽しみにしています

ご興味ある方は ↓のホームページをご覧ください
http://iimperisalon.com/



emplexfuruya at 22:18|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2013年01月24日

中堅・中小企業の「事業シフト」戦略

e72d48ee

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

中堅・中小企業の「事業シフト」戦略という本のご紹介

既存技術・既存マーケットのままで未来永劫、存続し得る企業は存在しません。
4つのステージに分けて自社事業をシフトする「攻め」の戦略。

どのステージで戦略展開させ、どの事業シフトに挑戦するのか。
中堅・中小企業が生き残るための、攻めの事業戦略・守りの経営戦略
人・モノ・金・情報 リソースをどこに攻めどころとするか
改めて考えさせてくれる本です。

自分の会社
お客様の会社に置き換えて考えながら読んでみると
エキサイティングな気分にさせてくれます

序章 生き残るための戦略、守りの戦略
1.縮小する日本経済、もがく中堅・中小企業
2.1T4Mとは〜事業戦略と経営戦略〜
3.永続して成長発展し続ける企業の条件 ―など

第1章 既存事業の現状分析を的確に行なう
1.自社を取り巻くマーケット動向を把握する
2.ライバル分析・シェア分析で自社のポジションを把握する
3.事業成功のカギを明確にする ―など

第2章 既存事業シフトステージで生き残る
〜事業シフトの着眼1〜
1.ブランド力を高め、圧倒的なナンバーワンポジションを確立する
2.受注構造をベース化し、安定業績をつくり上げる
3.メーンの取引先を分散してよきパートナーとなる ―など

第3章 マーケットシフトステージで生き残る
〜事業シフトの着眼2〜
1.顧客を再設定して成長マーケットへシフトする
2.海外マーケットへシフトする
3.ニッチマーケットの「串刺し戦略」を担う ―など

第4章 商品・サービスシフトステージで生き残る
〜事業シフトの着眼3〜
1.自社の強みとなる固有技術を見極める
2.ニーズを吸い上げて商品開発につなげる
3.固有技術を応用・連鎖して複数の商品開発を行なう ―など

第5章 新規事業シフトステージで生き残る
〜事業シフトの着眼4〜

1.資本の効率性と収益率を加味して新規事業に参入する
2.10年後を見据えて新たなビジネスモデルを創造する
3.顧客ニーズの隙間をヒントに新規事業を創造する ―など

第6章 経営理念と経営戦略(守りの戦略)を整備する
1.企業のバックボーンである経営理念を再構築する
2.経営理念を全社に浸透させて統一体をつくる
3.財務戦略を見直す〜守りの戦略1〜 ―など

第7章 中期経営計画書としてまとめる
1.事業ごとの戦略と展開策を組み立てる
2.全社戦略を組み立てる
3.中期ビジョンを浸透させて必ず結果を出す ―など


2013年01月23日

プロジェクト型ビジネスのためのBIレポート企画

DSC_4292

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロジェクト型ビジネスのレポート企画について

システム会社の経理の後輩から連絡があり
労務費を含めたプロジェクト別の採算管理と先読み管理会計
についてアイデアが欲しいということで相談を受けました

いくつかのレポートサンプルを
見せながら課題解決へのヒントになるような アドバイス
主なレポートは↓

□プロジェクト別採算予測
□稼働率分析
□固定費推移分析
□当月売上予測
□セグメント別 売上/原価/利益/利益率
□取引先別 売上/原価/利益/利益率
□受注実績
□受注予測/売上予測 案件別

まずは、ここに足りないデータソースの把握から始まります。
皆さんの会社では、
最適な経営レポートはどんなモノがありますか?

photo by YF

2013年01月22日

成功をつかむ「3%の男」がやっていること

51vP82OpJAL__AA160_

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。
コミュニケーション・アドバイザー兼カリスマ婚活アドバイザーの西澤史子(にしざわ ふみこ)さん
が本を出版されます。
タイトルは 『成功をつかむ「3%の男」がやっていること』

西澤史子さんの経歴は
1968年生まれ。横浜出身。コミュニケーション・アドバイザー兼カリスマ婚活アドバイザー。
モデル、レポーターを経て、カナダへ留学。帰国後は日本企業、外資系企業の秘書、
国内大手電器メーカーのVIP向け施設アテンダントなどを経て、
2009年、業界最大手のカップリングパーティーイベント企画会社エクシオジャパンへ、
広報及び法人営業統括部長として入社。
婚活企画を幅広くコンサルテーションし、複数のプロ野球チームでの野球婚活、競馬婚活、
ゴルフ婚や料理婚活など、100本以上の企画を実施
2012年11月に退職後、
2013年1月独立。退職までに同社で動員した婚活イベント参加者数は累計100万人を超えます
本書は西澤さんのデビュー作

本書は、20数年間、成功した男、失敗した男を、
“様々な立場”で観察し続けてきた西澤史子さんによる、「成功をつかむ男」の超法則!
仕事・人生で出会った男性の豊富なエピソードをもとに、
誰もがすべての仕事を好きになり、結果を残せる人になる「気づき」や「コツ」を公開しています

▽ 3%の男に共通する「思考」と「性格」
▽ 3%の男は、誰よりも少しだけ早く「行動」する
▽ 3%の男は、「見た目」「雰囲気」が常人と違う
▽ 3%の男の「コミュニケーション力」は周りを変える
▽ 3%の男が心がけている成功に近づく「習慣」……etc

自己啓発本 コミュニケーションスキルをアップ
そしてモテルオヤジへ参考になるノウハウがたくさん
2月には講演会も行われる予定です
おすすめの一冊です!

2013年01月21日

顧客攻略力セミナー

aecb2b4a

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は、人気営業セミナーのご紹介
セントリーディング主催 『顧客攻略力セミナー』
顧客が投資を抑制し競争が激しく差別化が困難な今日、顧客を戦略的に攻略する営業力が必要です。
このたび、様々な法人向け営業を支援してきた中で確立した方法論
による顧客攻略力を強化する方法をご紹介
営業強化に活かしてみましょう

顧客攻略力を強化する方法
〜 中堅〜大手企業向けの営業は、戦略の質が売上を左右する〜

テーマ【顧客攻略力を強化する方法】
顧客を分析し、攻略方法を考えながら進める戦略営業のあり方、そして戦略営業を実現する
ための顧客攻略力を強化する方法をご紹介します。
内容 今日における戦略営業を強化できない理由と戦略営業のあるべき姿
顧客攻略の3ステップ「知る、考える、実行する」
顧客攻略に必要な情報と顧客を知るための3つの情報
顧客攻略における2つの攻略と戦略を考える方法
戦略的な営業による成功事例・・・顧客の組織を攻略し予算獲得、そして受注

講師
プロフィール
桜井正樹(当社代表取締役)
1998年、日総ブレイン株式会社にて営業職派遣・請負事業の立上げ・運営を担当。
2000年、株式会社コンフィデンス
にて営業コンサルティング・アウトソーシング事業に従事し、
その後、株式会社ベルシステム24にて、法人向け提
案型セールス専門のセールスソリューション事業の立上げおよび事業責任者を務める。
2009年に株式会社セントリーディングを設立し、代表取締役に就任。

10年以上法人向け提案型・課題解決型営業を専門に支援し、
支援企業は100社を超える。支援企業はIT業界を中心に、設備機器メーカー、
販促・マーケティング企業、法人向けサービス会社など

開催概要・お申込み方法
日時2013年2月13日(水) 16:00〜18:00 (受付開始15:45)
場所当社併設会議室(丸の内線・西新宿駅、大江戸線・都庁前より各徒歩5分)
東京都新宿区西新宿6-12-7 ストーク新宿1階

参加対象者経営者、事業責任者、営業責任者・管理職、経営企画・社内改革関係者
定員20名様
参加費用無料
お申込み
http://www.centleading.co.jp/semi_20130213.pdf

emplexfuruya at 20:47|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セミナー情報 

2013年01月16日

デザインで視せる企業価値

デザインで視せる企業価値
デザインで視せる企業価値

プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

デザインで視せる企業価値 という本の紹介

執筆者は「デザインフィル」という会社の金田社長です。
「デザインフィル」さんといえば 「MDノート」「トラベラーズノート」を作った会社

元々は、株式会社ミドリとして「ファンシー文具」などで一世を風靡しましたが
その後ブームが去り2代目として金田さんが1993年に社長に就任されました。

先代から2代目に代わり事業領域の見直しを始め
「デザインを企業戦略と一体化」させるためのソリューションとして事業を展開されています。

デザインでいかにして、売り上げをあげるか、企業としての価値を高めるか
例えば営業利益10億円、同じ業績の会社があったとしたらIR情報ではなく
恐らく好きか嫌いかといった感覚で処理されると思います。
「華やかな」「妖しげな」といった感じで受け止めるケースは少なくないでしょう

その商品は
書きやすさにとことんこだわった紙を使用し無駄を一切省いたMDノート、
一枚の皮とノートリフィルをゴムバンドでとめただけのトラベラーズノートなど。
2つとも私が愛用させていただいている商品です。

本のコンセプトは
いかにしてデザインを企業の資産価値としていくかということが書かれています。

1)価格や性能などは定量的な見える優位性
2)スタイル観は定性的な見えない優位性
スタイル観は追随することが難しく、長期的な差別化要因になり得る。
自分たちが何者であるかという答えが大切。

簡単に言うと「あなたの会社は、どうのような会社ですか?」と問われたときに、
答えられる明快な答えがないといけない。

それだけではなく、デザインは顧客に対して直接価値を提供する
商品やサービスが妥協なく実行されていてはじめて力を発揮するということ。

ただかっこいいデザインや見た目だけでなく、中身が伴わないサービスや商品は
いくら外見がよくとも、なんら価値は生まれないということでしょうか。

逆にデザインも商品やサービスの特性を理解せずに作った、
ただかっこいいデザインも意味がないということになると思います。

その昔「CI」という言葉はブームになりましたが
その意味を追求するところまで至った企業は少ないと思いました。

「デザイン」と「商品やサービスの特性」
経営理念やビジョンと一体化させて「かっこよいデザイン」で
共感させていく会社を是非とも応援したいです。

photo by YF

2013年01月15日

クレジットカードで決済、発行してもらった領収書には印紙が必要でしょうか?

DSC_4319

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

先日クレジットカードで飲食 3万円を超え 領収書を依頼しました
そこには印紙が貼ってありません
領収書には 「クレジットカード利用」と記載がありました

さて クレジットカードで決済、発行してもらった領収書には印紙が必要でしょうか?

結論からお話しすると カード利用の方 3万円を超えるからといって印紙は不要になります

印紙税法第17号の1文書では 売上代金に係る金銭または有価証券の受領書とは
金銭または有価証券の引渡しを受けた者が受領事実を証明するものであり
カードによる販売の場合には「領収書」という記載があっても、
金銭または有価証券の受領事実はないので、第17号の1文書には該当せず、
収入印紙は必要ないということになります。

ただし、カード゙利用の場合であっても、「クレジットカード利用」と「領収書」に記載しないと、
印紙を貼る必要があります。小売業 サービス業の方ご注意ください

photo by YF

2013年01月10日

レベニューフォーキャストレポート

DSC_4330

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

「管理会計とSFA(営業支援管理)」について

プロジェクト型ビジネスにおいて
取引先毎にプロジェクトの状況を把握することは
お客様の取引状況全てを把握することと同じです。

プロジェクト毎の採算実績
プロジェクトの契約状況
プロジェクトの進行状況
がそれにあたると思います。

ここにSFA(営業支援管理)を連携させると
更にその先を読んだ経営を行うことができます。
所謂「先読み管理会計」

取引先をキーとして
営業マンの訪問状況
新規案件の進捗状況
受注済案件とプロジェクト化した進行状況などを
連携し受注見込み案件を戦略的受注すべきかどうか
把握することができます。

またこの連携を元に
レベニューフォーキャストレポートを作成することができます。

受注済売上予定数値+未受注売上予測数値=実現可能レベルの売上予測額
この実現可能レベルの売上予測額と年度の予算を比較し
あと新規案件獲得をいくら追加すれば良いか経営者は確認することができます。

この予測額の増減の内容を毎週確認すること
なぜ増えたのか なぜ減ったのか ここを詰めていくことが
予測の精度を高め 対策をこうじることが重要なポイントです。

photo by YF



2013年01月09日

出版会社のプロジェクト管理会計

DSC_4297

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

出版会社のプロジェクト管理会計について
出版業の業務は大きくわけて、営業、企画(編集)、制作管理の3つ

営業は取次や書店に対し、新刊の案内をしたり、受注交渉(配本部数交渉)をしたり、
納品や集金をしたりするルートセールスにあわせ、ヒット企画のネタ集めも行います。
媒体を発行している場合には広告営業も重要
特に読者収入よりも広告収入に頼っている場合は最重要です。
クライアント開拓のために新規開拓や、あてにならない広告代理店を回って企画を話し、
広告を取ってきてもらうものです。

企画(編集)は、いかにヒットする商品を企画できるかにかかっています。
単発の特集企画からシリーズ本の企画まで幅広く行います。
また原稿作りや撮影、取材などのページ制作は編集プロダクションやフリーの
契約スタッフに丸投げすることが多いので、
そうした外注先のコントロールも主たる仕事になります。

制作/管理。売りにつながる造本と、コストセーブに頭を使う部署です。
印刷会社の選定や進行・コスト管理に常に頭を悩ませています。

一般的に部門毎でいうと
営業は、販売費
企画(編集)は、製造直接費
制作管理は、製造間接費
で会計処理をします。

プロジェクト管理会計という観点で言えば、出版業は
受注を受けて仕事を回すのではなく、自社で企画したもので利益を出していくため
投資型のプロジェクト型ビジネスと言えると思います。

費目別でいうと
外注先のコントロール「外注費」をまずおさえるべきポイントですが
次のステップとして最大の社内コスト労務費をプロジェクト毎に
企画・制作管理のみならず営業コストも予算管理していくことが
出版業のプロジェクト管理会計のポイントです。

営業コストをどこでどのプロジェクトにつけるのかが出版業の
先読み経営をするための大きなポイントです。

photo by YF


emplexfuruya at 20:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2013年01月08日

支払調書の作成

f30227f7

プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

ここ1月は支払調書の提出の時期ですね。
プロジェクト型企業の広告代理店やデザイン会社・芸能プロダクション
などの経営管理の皆さんは
12月分の原価や費用のデータが固まると作成しなければなりません

支払調書は個人のデザイナー・プログラマ・弁護士等
いわゆるフリーと言われた人たちへ
1年間 暦年で1月1日から12月31日までの集計で
↑のように
氏名
住所
報酬金額
源泉所得税
うち未払金額
を記載します。

この報酬のうち
出演料+原稿料
印税
弁護士報酬
などを区分をしなければいけません。

この12月31日までの集計されたものを翌年の1月31日までに
支払った本人へお送りしなければなりません。

この作業を手書きで行うことはかなり大変な作業になります。

税務署で基本となったフォーマットのようにデータで作成し
↑の写真を同じように送り状も含めて印刷する企業も多いです。

また支払った報酬の内訳の問い合わせが来ることもありますので
この支払明細をプロジェクト毎 どの案件分の支払か
きちんと整理しておくことも必要です。

1回の支払のうち、複数のプロジェクトにまたがっていた場合
通常の購買管理システムでは対応ができません。

プロジェクト型フロントオフィスERPでは
ここの部分も含めて業務フローに乗せる必要があります。
特に年間数百件も超える広告代理店やプロダクション企業は
そこのとこを抑えておくと良いと思います。

先日話題にさせていただいた復興支援税
2013年の発生費用から税率が変更されていますのでご注意ください


2013年01月07日

2013年 新年のご挨拶と今年の目標

DSC_4315

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

遅ればせながら 明けましておめでとうございます。
本日よりプロジェクト管理会計の極意 始動させていただきます。

今年の目標は 昨年に引き続き
プロジェクト管理会計から先読み経営、セミナー開催
新規事業開発を中心に追求し 
地元横浜の婚活イベント・異業種交流会・趣味のバンド活動や写真、釣り、自転車、パン作りなど
人とモノとの出会いを多くしながら 点と点を結び付けひとつひとつコトを成したいと思います。

今年も「プロジェクト管理会計の極意ブログ」をよろしくお願いします。

photo by YF

emplexfuruya at 20:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)自己紹介 
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド