2012年09月

2012年09月27日

クラウド型販売管理システム

DSC_3262

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

皆さんの会社の販売管理システムはサーバ据え置き型でしょうか?

最近今後ERPを検討するときに 検討しておいた方がよいのがクラウド型システムです。

クラウド型のメリットとしては
 ・ハードの準備が必要ない(サーバーやネットワーク)
 ・サーバー管理を自社でしないで済む。
 ・初期導入コストが比較的安く済む
 ・止めたくなったらやめられる。(最低利用期間はありますが・・・)

最近では広告業界・制作会社・コンサル会社など 必要な機能を豊富に取り揃えた
クラウド型販売管理システムもあります。
サーバの設置・管理が不要な上、安価な月額料金(保守費用込み)で利用できます

見えない景気の中 多額の投資をして基幹システムの構築をするのはリスクもあります
クラウド型販売管理をいろいろ見ておくことをおすすめします

アップクロスさんのAPLEX on CLOUDは広告業界・制作会社にマッチした機能を豊富に盛り込んだ
クラウド型販売管理システムです
ご興味がある方は、↓概要をご覧ください
http://www.up-x.co.jp/aplex_cloud.html

photo by YF

2012年09月26日

働きやすいプロジェクトのつくり方セミナー

DSC_3781

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。
ビジネスコーチ主催 働きやすいプロジェクトのつくり方 セミナーのご案内

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■■
■■   ITマネージャーのための
■■   『働きやすいプロジェクトのつくり方』
■■   〜 働きやすさこそが生産性を高める。 〜
■■
■■   http://www.businesscoach.co.jp/blocks/index/00042?mail_uid=11804
■■   ●11月27日(火)13:30〜16:30 ●東京 ●7,800円から
■■
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ITマネージャーとして、チームメンバーに対して
 次のようなお悩みはありませんか?

 □決められた範囲の中でしか仕事をしない
 □ちょっとした確認を怠り、勝手な判断で物事を進めてしまう
 □ミスをしても自分は悪くないと言い訳する
 □自分のスキル向上には取り組むけれど、他のメンバーには無関心
 □自分から相談しないために、課題にぶつかると止まってしまう
 □業務負荷が高くなることで、ますます生産性が落ちて残業が増えてしまう

 本セミナーでは、チームメンバーの生産性を高める上での
 キーポイントとなる「働きやすさ」をプロジェクトの中で実現するために
 ITマネージャーの皆様が明日からすぐに実践できる
 具体的な行動をお伝えいたします。

 働きやすい環境をつくることで、
 【 納 期 】を守りながら品質の高い仕事をしたい
 すべてのITマネージャーの方にご参加いただきたいセミナーです。

 │プ│ロ│グ│ラ│ム│概│要│
 └──────────────
  ・納期ありきでは、進捗は遅れる
  ・マネージャーがとらわれる「思考の枠」という罠
  ・働きにくいプロジェクトの12の兆候
  ・チームメンバーが嫌うITマネージャーの20の言動
  ・チームメンバーに応じて接し方を変える
  ・コストゼロ!簡単なのに見落とされていること
  ・一体感を高める「価値観シート」
  ※プログラムの内容は、予告なく変更になる場合がございます。
   予めご了承ください。

 │開│催│概│要│
 └────────
  日 時:11月27日(火)13:30〜16:30
  場 所:東京・外苑前
  定 員:40名
  参加費:1社1名様  :9,800円(税込)
      1社4名様まで:8,800円(税込)
      1社5名様以上:7,800円(税込)
  主 催:ビジネスコーチ

 │講│師│略│歴│
 └────────
 青木 裕(あおき・ゆう)
 ビジネスコーチ株式会社 プロモーション事業部 部長
 ビジネスコーチ アジア 取締役

 <担当講師からご挨拶>
 受託開発の案件が減少しつつある中で、
 IT業界のビジネスモデルが大きな転換点を迎えているように感じます。

 ITマネージャーの皆様の役割もプロジェクト運営だけではなく、
 新規開拓もしくは他の案件につながる営業的な役割が
 ますます期待されるようになっています。

 一方でプロジェクト内においては少ないメンバーで対応せざるを得なく、
 恒常的に人が足りないと感じているITマネージャーの方も
 多くいらっしゃいます。
 そうした状況が他業界に比べてメンタルヘルスに支障をきたす方が多い
 ということにつながっているとしたらとても残念なことです。

 メンバーひとり一人の生産性を高めるために
 ITマネージャーの皆様が簡単にできる
 「働きやすさ」を高めるヒューマンスキルの向上を目指します。

 朝の出社が楽しくなるそんなプロジェクトをつくるきっかけになれば
 講師として嬉しく思います。

 当日会場でお会いできることを楽しみにしております。

 │過│去│の│参│加│者│の│声│
 └────────────────
 ●結果を上げるためにまず何を改善すべきかを知り、目からうろこでした。
 ●チームメンバーが自分をどう見ているかに留意するように気をつけたい。
 ●楽しく有意義でした。明日から生かしたいと思います。
 ●苦手なタイプの部下に対する接し方のきっかけづくりになりました。
 ●プロジェクトメンバーが少人数になっていく中での効率的な
  運営を図りたいという考えから参加させていただきました。
  対話の重要性の再認識と人からのアドバイスの重要性を認識した。
 ●自分が変わることで、今の環境を改善できる可能性があると思えた。
 ●短い時間でしたが、自分の悪い癖、価値観などを知ることができ
  今後のプロジェクトメンバーの接し方に活かしたい。
 ●メンバーに積極的に働きかけることでチームを変えていくことができる
  と確信した。もっと意識的にメンバーにアプローチしていきたいと思う。
 ●とても楽しかった。自分や組織にとっての良いツール等を
  たくさん聞けて、すぐに役立てたい。
 ●コミュニケーションのノウハウについて、具体的な方法を学べた。
  同僚とのコミュニケーションについて、考えるきっかけになった。
 ●部下や上司とうまくやり取りし、自身も周りに良い影響を与えたいと
  思った。自分以外の様々な考え方、物事の捉え方に気づくことができ
  今後、他人との接し方が変わると思いました。
 ●普段何気なくやっていたことの裏づけが取れてとてもよかった。
 ●画一的ではなく、メンバーのタイプに応じたコミュニケーション方法を
  細かく切り替える必要がわかりました。
 ●メンバーを褒めることは難しいと思っていたが、褒める仕組みをつくり、
  仕組みを運用することならばできると思った。
 ●チームリーダーとして、チームに働きかけなくてはならないことが
  おぼろげに見えてきた。
 ●メンバーそれぞれへの接し方についての考え方を学んだ。
  画一的ではダメなんだ。
 ●改めてプロジェクトマネジメントに関して人に対する気配りを
  考える必要があると思いました。
 ●他企業の方の意見が非常に参考になった。
 ●具体的な進め方を実際に体験できて、似たような本を読むよりも
  具体的に進めることができる。
 ●人と話す、相談することの大切さに気づいた。

 ▼▽ 詳細・お申込 ▽▼
 http://www.businesscoach.co.jp/blocks/index/00042?mail_uid=11804

photo by YF

emplexfuruya at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セミナー情報 

2012年09月25日

2025年の働き方の予言『ワーク・シフト』

81b054903db1955bba7c3427744bbbe2

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

未来の働き方とは どうなっているのでしょうか
この本のテーマは13年後の2025年の働き方

本の中では今までの3つの常識からシフトすると予想しています
●ゼネラリスト→連続スペシャリスト
●孤独な競争→みんなでイノベーション
●金儲けと消費→価値ある経験

この本のまとめとして言われていること
(1)職業人生を通じて、自分が興味をいだける分野で高度な専門知識と技能を習得し続けること
(2)強い信頼と深い友情で結ばれた少数の友人との関係を大切にしながら、
   自分とは違うタイプの大勢の人たちとつながり合うこと
(3)創造的に何かを生み出し、質の高い経験を大切にすること

専門的知識を得て 強い絆でつながりあい 創造的に何かを生み出し質の高い経験をすること
仕事だけではなく 地域活性化 学校教育 いろいろなことに実践できますね


2012年09月24日

販売管理システム プロジェクト別損益管理について

DSC_3784

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

皆さんがお仕事で係わられている業種はどんな業種でしょうか?

主にプロジェクト型でお仕事をされる業種は以下のような業種があげられます
 ・広告代理店
 ・セールスプロモーション
 ・イベント
 ・制作会社
 ・モバイルメディア
 ・WEBメディア
 ・調査会社
 ・リサーチ会社
 ・コンサル会社
 ・ソフトウェア企業
 ・デザイン企業
↑の業種の販売管理システムは
一般的な販売管理システムでなくプロジェクト型販売管理システムがマッチしています

プロジェクト型販売管理システムがマッチしている理由はいくつかあります
\禅畚馥發琶数の売上明細が必要
▲廛蹈献Дト 部署や担当、取引先
請求書仕様がお客様のご希望によって様々に変化する
などがあげられます

複雑な販売管理業務に対応するための
プロジェクト型販売管理システム

今回の広告業のプロジェクト別損益にマッチしたシステムはアップクロスさんのアドマン 
↓のサイトでは、具体的な 広告業の販売管理ビジネスにおける事例を紹介されています
http://www.up-x.co.jp/kouka_pjsoneki.html

広告業の経営管理 経理担当者は業務の参考になると思います。

photo by YF

2012年09月19日

アップクロス 飯尾さん

写真

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

アップクロスの飯尾さんのご紹介

飯尾さんのご経歴は
1996年 株式会社フォーバルに営業担当として入社。法人企業向けにOA機器の販売を担当
1998年 株式会社アルゴ21(現キヤノンITソリョーションズ)に入社 システム業界に転職。
        アルゴ21では、ホテルシステムの販売を担当
1998年営業新人販売賞受賞 新規開拓と並行で販売パートナー戦略の一環として、
        販売促進・広告戦略を兼任する。
2002年からは、全国のホテル・旅館業向けに経営改革セミナーを行い、セミナー講師を担当する。
【講演内容】
 ・データを活用した戦略的経営
 ・イールドマネジメントがもたらすホテルの革新
 ・ブライダル産業に起きている現実 等
 同時期、福岡県にあるホテル専門学校において、講義を担当。

2004年 立教大学大学院ビジネスデザイン研究科に入学。 経営学修士(MBA)を取得
2005年には、営業部内にSFAシステムの導入を担当。
   システムの選定と同システムの導入担当者を請け負う。
   営業プロセス改善・データの有効活用を目的とし、導入を担当。
2007年株式会社アームに転職
   広告代理店向けシステム「ADMAN」、案件型管理システム「PJMAN」の販売を担当。
   販売促進を兼任。
2009年
   株式会社アームより「ADMAN」「PJMAN」事業の事業譲渡を受け、
「アップクロス株式会社」を設立(代表 北澤淳一)
新会社の立ち上げに参加されます
2010年 クラウド型販売管理システム「APLEX」のサービスを開始。
「ADMAN」「PJMAN」「APLEX」の営業責任者

現在飯尾さんは 主に広告業向けの販売管理システムを中心として営業をされています。
その業務+IT+会計ノウハウは そこらの広告業の経理専門職以上のものがあります。

広告業の販売管理を検討されている方 飯尾さんにご相談されていると良いと思います。



2012年09月18日

稼働工数入力画面の具体例

DSC_3790

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロジェクト型ビジネスにおいて原価を構成する大きな要素が人件費です。
プロジェクト毎の人件費は、 「作業時間」×「単価」で計算します。

マクロを活用してエクセル等の表計算ソフトで自動集計することも可能ですが
入力の不備や、社員マスタのモレなどが多いとなかなか計算がうまくいかないケースがあります。

作業時間のシステム入力画面の例が以下の【稼働登録画面】

kadoutouroku


プロジェクトごとの作業時間の登録と同時に社員毎の単価を掛け合わせ
各プロジェクトに発生する稼働原価の金額の自動計算を行います。

また システムであれば 入力モレやアサインされたプロジェクト以外の誤入力
社員マスタの間違いなどを防止することができます。

今回の稼働工数入力のシステム画面はアップクロスさんのアドマン 
↓のサイトでは、プロジェクトビジネスにおける稼働工数画面を紹介されています
http://www.up-x.co.jp/kouka_kadou.html

広告業の経営管理 経理担当者は参考になると思います。

photo by YF

2012年09月13日

2012年 美魔女最終エントリー 古谷礼子さん

IMG_0698

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は光文社 美st 2012年 美魔女最終エントリー 古谷礼子さんのご紹介

美魔女の礼子さんのご経歴は ちょっと普通の人とは違う壮絶な人生
23歳でご結婚 
24歳第1子出産 第1子長女は重度心身障害児であり、障害児の母となる
(29歳長男、33歳次男出産)
34歳第1子・長女死去
36歳離婚
41歳第4子出産

現在、息子2人(中2と小3)、娘1人(1歳)の3人の母親

24歳で出産した長女は重度心身障害児で、10歳で亡くなるまで、
医療的ケアのある自宅介護で24時間介護。
障害児の母 10歳で亡くなるときも壮絶体験だったと聞きます

礼子さん曰く
「私の24歳から34歳までの10年間は、ごく普通のあたりまえの生活ができない壮絶な10年でしたが、
医療や、裁判や、福祉や、教育や、偏見や、差別や、そういったものの中から、
通常では学べない強く太く生きることを学びました。」

そういった経験から
今、美魔女コンテストの暫定ファイナリストに選出、
単なるゴールではなくこれをきっかけに、私の経験を少しでも役に立たせられるよう
社会に貢献できればという気持ちで挑まれています
「今もがんばっているお母さんたちに希望を少しでも届けられたら幸せです。」

美魔女は、作られたものではなくて、自分自身どれだけ輝けているかなのですね
それの努力も怠らない、ビューティーだけでなくその他自分に取り巻くすべてのもの
に対してどれだけ、吸収でき、活かせる器があるかどうか。
これからの明るい未来のために、前へ向いてきちんと歩んでいきたいという礼子さん

古谷礼子さん ブログはこちら
http://bimajo.jp/blog/furuya/index.html

皆さん 11月の美魔女決選大会へ向けて 是非 「美魔女コンテスト」投票 応援しましょう!
http://bimajo.jp/contest/ranking120831.html

emplexfuruya at 23:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2012年09月12日

プロボディデザイナー 植田 稀紀子さん

無題

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロボディデザイナーの植田 稀紀子さんのご紹介

抱きしめたくなるカラダをつくるプロボディデザイン
オールハンドで女性らしい美しい造形、質感を作り出すことに特化したメソッド
優しいタッチのみで、皮膚、筋肉、骨格、リンパ、経絡すべてを同時にコントロールして、
クレイアートのように形をつくっていきます。

植田さん曰く
「最近 小顔がブームですが、小顔になったからといって美しくなるわけではありません 
ジャイ子が小顔になってもジャイ子がしずかちゃんみたいになりません 小さい顔のジャイ子になるだけです
フェイスの場合は小顔は当たり前で、目を大きく、唇や鼻の形、頬の形をバランスよくデザインしていきます。
オールハンドのぷち整形という感じ ボディも同じく 痩せることが美しくなることではありません
痩せる情報は巷にあふれていますが、一般的な普通体重の女性は、
ダイエットや過度の運動で体型を崩して魅力がなくなってしまうことのほうが多いのです。
さらに痩せた女性は形にコンプレックスを持っている方が非常に多く、
そのための情報や美容法というのは巷にはほとんどありません
痩せなくても、女性らしい凹凸、曲線、滑らかな質感をつくりだしていくのが
ボディデザインの得意とするところです」

女性らしいプロポーション作り 
60歳代の女性の写真を見せていただきましたが 
素晴らしい変わり様 感動しました

植田さんは 1973年 生まれ
大学卒業後 大阪ケーブルテレビ  保険会社などで法人営業担当され

美容業界は30才になってから入られました
2003年
東京新宿区 「NPO法人ホリスティックビューティーインターナショナル」
にてエステティックスクールのインストラクター兼営業を担当
日本エステティック協会認定エステティシャン資格取得

2005年大阪でサロン美癒素MUSEをオープン
    美容矯正とオールハンドのエステを中心に営業
2008年
    株式会社美癒素を設立(私一人ですが)
    プロボディデザイナー資格を取得
    この時にプロボディデザイン創始者の川元博氏と出会い
    資格を取得
    関西初のプロボディデザインサロンとしてリニューアルオープン

2010年よりプロボディデザイン関西校になる
     
2012年現在京都に2人、大阪2人、神戸に1人、奈良に1人
     プロボディデザイナーを輩出されています

メディアにも多く取り上げられ
他のエステやセルフケアでは どうにもできなくなった30代〜50代を中心に、
かかりつけサロンとして愛されています

今後植田さんと美容に関する新規事業の開発を一緒に検討していく予定です。

植田さんのパーソナルメディアは↓こちらです
ホームページhttp://muse-therapy.com/
アメブロ http://ameblo.jp/muse-maki

大阪を中心に活動されていますが 名古屋 東京にもちょくちょく出張されています
無理なく素敵なプロポーションを作るプロボディデザイン
興味のある方 植田さんにご相談してみましょう!

emplexfuruya at 21:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2012年09月10日

セントリーディング主催 『課題解決型営業セミナー』(無料)のご案内

header_logo

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

法人向け提案型セールスのセントリーディング主催
『課題解決型営業セミナー』のご案内です

顧客の課題が複雑化し商品の差別化が困難な今日、課題解決型営業力の重要性が増しております。
このたび、様々な法人向け営業を支援してきた中で確立した方法論による営業強化・改革をご紹介します。
ぜひ、ご参加いただき貴社の営業強化や営業計画のご参考にしてください。
課題解決型営業を強化する方法

〜 高度化、複雑化する時代では、営業の質が売上を向上する〜

テーマは、【課題解決型営業を強化する方法】
属人的で強化・改革することが困難な課題解決型営業の重要性、強化・改革におけるポイント
や方法をご紹介します。

内容
今日の売上向上における課題解決型営業の重要性
課題解決型営業の実現および「課題解決型営業のプロセス」とは
営業を強化するための「3つの変革」と「3つの整備」
課題解決型営業による成功事例
−(\在ニーズに対する案件獲得、競合に対して勝てる提案とクロージング)

講師 桜井正樹
プロフィール
1998年、日総ブレイン株式会社にて営業職派遣・請負事業の立上げ・運営を担当。
2000年、株式会社コンフィデンスにて営業コンサルティング・アウトソーシング事業に従事し、
その後、株式会社ベルシステム24にて、法人向け提案型セールス専門のセールスソリューション事業
の立上げおよび事業責任者を務める。
2009年に株式会社セントリーディングを設立し、代表取締役に就任。
10年以上法人向け提案型・課題解決型営業を専門に支援し、支援企業は100社を超える。
支援業界はIT業界を中心に、設備機器メーカー、販促・マーケティング企業、法人向けサービス会社など

開催概要・お申込み方法
日時2012年9月26日(水) 16:00〜18:00 (受付開始15:45)
場所当社併設会議室(丸の内線・西新宿駅、大江戸線・都庁前より各徒歩5分)
東京都新宿区西新宿6-12-7 ストーク新宿1階
http://www.centleading.co.jp/companyinfo/index.html#outline

参加対象者 経営者、事業責任者、営業責任者・管理職、経営企画・社内改革・営業教育関係者
定員20名様
参加費用無料

お申込み方法株式会社セントリーディングセミナー担当
E-mail info@centleading.co.jp / TEL 03-5909-7740

※ E-mailでお申込みの際には下記項目をご記入ください。
・貴社名/URL、所属部署、役職、お名前、参加人数
・ご担当者様の連絡先(E-mailアドレスと電話番号)
※ お申込みにつきまして、競合サービスの提供企業様にはご参加をご遠慮いただくこともございます

大好評のこのセミナー 今回で8回目となるそうです
営業を強化するための「3つの変革」と「3つの整備」 
ここは今後の営業戦略を検討するにおいて非常に重要なポイントです。
ご興味のある方は お早めに申し込みください

2012年09月07日

がんばれサムライジャパン!

DSC_3254

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

サムライジャパンがいよいよ始動しますね
前回大会優勝はとても感動しました
また来年が楽しみです

僕なりにスターティングオーダー予想を組んでみました(笑)

1番青木
2番中島
3番イチロー
4番松井
5番阿部
6番内川
7番坂本
8番稲葉
9番川崎

あくまで僕の思いです。
年明けからキャンプに入ると思いますが 精一杯応援したいと思います
では良い週末を

2012年09月05日

エクセルで始めるプロジェクト管理会計 2 外注費管理

DSC_3281

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

エクセルで始めるプロジェクト管理会計 2回目 外注費管理

外注費は プロジェクト型ビジネスにおいて大きな要素を占める原価です

したがって外注費を予測する ことは プロジェクトの着地利益を予測する
重要なポイントになります。
外注費の計上はタイミングは 納品受入 検収による 原価計上です

プロジェクトによって刻一刻と 外注費の計上タイミングは変わります
エクセルによって外注費を管理するには プロジェクト予算を作成するタイミングから始まります
発注時では納期予定月を整理しておきましょう
取引先
プロジェクト
発注担当者
発注金額
納品月に応じた支払予定月

これらの情報を 週毎 外注費の計上タイミングを確認します

また外注費は 大きくわけて二種類 
一括外注費
月次で計上される役務によってわかれます

エクセルでこれを1行ごとに管理していきます

発注担当者毎に 週次で動きを確認していきます
動いた外注費を マネージャーや経営管理担当者がチェック
外注費が変化することは 将来の獲得利益に大きな影響を与えます

売上の遅延と同時に 外注費によって
プロジェクト毎の着地予測の変化を読むことが重要なポイントです。

前職では 先週の着地利益 と 今週の着地利益との差を
プロジェクト毎にウォッチしていました。

ただ動きを管理するのではなく
未来の利益予測することがプロジェクト管理会計の重要なテーマです

photo by YF








2012年09月04日

日本旅行 吉田一成さん

428961_354072921333853_700949219_n

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は 日本旅行の吉田一成さんのご紹介
吉田さんは 日本旅行 営業企画本部 企画開発部 開発チームに所属されています

主な業務は
・異業種とのコラボレーションによる誘客事業の創出
・海外の代理店や地域の観光行政と共に誘客事業の立案
・観光庁、JATAと具体的な観光施策の策定と実施
・2020年東京オリンピック招致における輸送計画
・女性、シニアといった旅行に前向きなクラスターに対する販促施策の策定
など幅広い業務を推進されています

奈良県ご出身の吉田さん
ご経歴はJR西日本からスタートします
1993.4〜 西日本旅客鉄道(JR西日本)入社
      ・岡山支社での研修を経て、旅行業部門(TiS本部)に配属。
      ・福山駅兼務にてTiS福山支店で法人営業を担当。

1997.4〜 住友商事 株式会社 出向
      ・BTM(ビジネストラベルマネジメント)事業の立ち上げと運営

2000.3〜 西日本旅客鉄道蝓‥豕旅行業本部
      ・シニアマーケット事業の推進(ジパング倶楽部と大人の休日の連携)
      ・海外大型インセンティブツアーの企画・実施

2001.10〜 日本旅行蝓、JR西日本旅行部門の営業譲渡により
      ・国際旅行事業部 JAWOC本部駐在(FIFA W杯組織員会)
      ・国内旅行事業部 全国イベント・地域振興チーム
      ・ICT営業推進部 新規事業チーム(Eコマースと観光フリーペーパー事業)
      ・現職(営業企画本部・企画 開発部)

また海外のコンベンションや国際スポーツイベントの運営計画にも携わり、
 1994年 アジア競技大会(広島)
 2002年 FIFA World Cup(日韓共催)
 2005年 愛知万博(名古屋)

現在 2020年へ向けて 東京五輪招致委員会を担われており
先日もロンドン視察をされてきました。 

吉田さんは、旅行という様々なコンテンツを通して 創造の経験を活かし、
観光業を日本経済の柱の1つにすることを目標をされています。

このブログを読んでいただいたビジネスマンの方々
・国や地方の観光行政に対してこんなことを提案したいんだけど?
・女性、シニア、といったクラスターに対してこんな販促アイデアがあり、一緒に企画をしませんか?
・海外でこんな企業のこんなところを視察する研修をしたいんだけど?
こんなニーズがありましたら 吉田さんへご相談してみてください

僕も新規事業という面で いろいろと情報交換をさせていただいています。

吉田さんは湘南在住 趣味は 海や音楽 海外サッカー
僕は 仕事以外にも ハードロック好き ギター弾き で意気投合しています(笑)
人当たりも良く 外をしっかり向いていて 仲間と言える方のうちの一人です。

吉田さんのFacebookはこちら
http://www.facebook.com/#!/issei.yoshida.924
お友達になりたい方 古谷のご紹介ということで お友達申請いただければ 承認してくれると思いますよ(笑)

emplexfuruya at 23:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)人脈 

2012年09月03日

スーパーアドミニストレーター

DSC_3208

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

事務処理業務を行う社員のことを一般的にアドミニストレーターといいます

前職では もの凄く仕事のできるスーパーなアドミニストレーターがいました

彼女の業務は幅広く
プロジェクト予算書の発行
見積書の管理
売上の締め
納品書の管理
クライアントからの検収書の回収
請求書の発行
外注費の締め
外注先からの検収書の受け入れ
外注先からの請求書の受け入れ
タイムレポートの締め
経費精算の締め
プロジェクト実績報告書

150名の社員規模で この業務をアドミニ一人でプロジェクト毎に管理していました

監査法人からの評判も良く
全てのプロジェクトにおける証票類を完璧にファイリングしてくれていました。
彼女の業務内容は 一般庶務ですが まさにプロフェッショナルな庶務です

前職で当時僕がCFOだったころ全幅の信頼を置いていました。
何が一番安心できたかと言うと
それは すべてにおいての 締めの重要性がわかっていてくれたことです。
月次決算における期日通りに
現場とのやわらかいコミュニケーションとメリハリのあるプレッシャーをもって
各担当者から書類を回収してくれていました。

先を読む感覚
コミュニケーション能力
専門的なIT用語
会計知識

こなす仕事から 先を読むスーパーアドミニ
プロジェクト管理会計を行うにおいて重要なキーパーソンです。
現場部門からの信頼も厚く
仕事の成果とは何か?を理解している プロ意識が高いアドミニ
スーパーアドミニを作るには 人柄が一番

会社の成長を支えてくれた彼女には感謝をしています。

photo by YF



2012年09月02日

クリジュンこと栗原順子のセレクトショッピング

headerLogo

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

クリジュンこと栗原順子さんは
9年間約4500時間の生放送でテレビ通販番組の司会者として様々な商品をご紹介されてきたご経験
今回のテレビ通販番組「栗原順子のセレクトショッピング」では
その経験を活かして、世界中の数多くの商品の中から、
皆様にここからおすすめさせていただきたい!と思う商品を厳選してご紹介されています

400526_477509582273926_1687098934_n


栗原さん曰く
「ご自宅で、パジャマのままでも、いつでもどこでもショッピングを
お楽しみ頂けるテレビ通販やネット通販は、多忙な女性たちにとって、最適なお買い物手段だと思うのです!
だからこそ、もっともっと多くの皆様に通販を通じて、素敵な商品との出会いを楽しんで頂きたい、
という思いで、このセレクトショッピングをスタートさせて頂きました!」

女性の方々には 栗原さんオススメの素敵な商品がご紹介されていますよ 

http://www.crepro.net/shop/

2012年09月01日

Facebookページと顧客情報の連携について

keyvisual03

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

最近Facebookページで顧客情報と連動したキャンペーンを行う企業がが多くなってきました

Facebookページで懸賞などのキャンペーンを実施、
今までならばキャンペーンに参加したユーザーが申し込みしただけで完了していましたが
Facebookと連携させることでキャンペーンに参加した履歴が「いいね」やシェアされ、
ファンのお友だちまでも獲得することができるようになってきています。
口コミ効果倍増のキャンペーン戦術ですね

webマーケティングソリューション会社であるデルタエージェントのリレーションの
Facebook連携機能を使えば、作成したキャンペーンをFacebookページに表示させることができます。

またリレーションでは予約管理やwebフォーム機能もFacebookページと連携することができるので
作成したイベントの予約やお問い合わせ、資料請求がFacebookページから出ることなく行えます。

09_fb01


デルタエージェントはFacebookとCRM顧客管理を連携した事例を多く持たれています
福沢社長はかなりのノウハウをお持ちなのでご興味のある方は ご相談されることをオススメします。

http://www.deltaagent.co.jp/

ちなみにデルタエージェントさんのオフィスは
あの「踊る大捜査線」の湾岸署 撮影地です すごく洗練されたオフィスですよ

emplexfuruya at 22:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)デザイナー | 人脈
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド