2012年06月

2012年06月29日

【無料セミナー大阪】テレビ会議システム連携&Web会議タブレット活用術セミナー

logo

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

デモで体感!ビジネスで効果が見える
テレビ会議システム連携 & Web会議タブレット活用術セミナーのご紹介

このセミナーは、「テレビ会議システム連携」・「タブレット活用」をテーマに、
ブイキューブのWeb会議システムを様々なスタイルで体感いただけるセミナーです。

TV会議システムを利用している方、タブレットを活用したい方必見!デモンストレーションを交えながら、
「ポリコムのテレビ会議システムとブイキューブのWeb会議システム連携」
「ビジネスに役立つタブレット活用法」
をご紹介します。

★こんな方におすすめです
・新設する会議室にテレビ会議システムを置きたいが、コストを抑えたい
・オフィスのレイアウト変更や、会社の転居があり、テレビ会議システムの設置が困難
・タブレットを導入したので、もっとビジネス活用をしたい
・場所やデバイスを限定することなく、幅広く会議システムを利用したい

開催概要
■日程
2012年7月18日(水)14:00〜16:30 (受付13:30〜)

■会場
野村コンファレンスプラザ 大阪御堂筋 B1F カンファレンスルームK
大阪市中央区瓦町3丁目5番7号

■プログラム
14:00〜15:00 第1部「V-CUBEのご紹介とポリコムのTV会議システム連携」
          株式会社ブイキューブ 代表取締役 間下 直晃

15:05〜16:00 第2部「タブレットのビジネス活用方法 ポイント8」
          株式会社ブイキューブ 営業本部 チームリーダー 船津 宏樹

16:00〜16:30 質疑応答

※セミナータイトルは、変更になる場合がございます。

日時 2012年7月18日(水)14:00〜16:30 (受付13:30〜)  
定員 30名様 ※希望者多数の場合、抽選とさせていただく場合がございます。 

開催場所 野村コンファレンスプラザ 大阪御堂筋
〒541-0048 大阪府 大阪市中央区瓦町3丁目5番7号 野村不動産御堂筋ビル

お申込みは↓からどうぞ
https://vcube.smktg.jp/public/seminar/view/23

2012年06月27日

【タブレット会議活用事例】定時株主総会で、議決権行使に初めてiPadを導入

DSC_2220

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

富士ソフトは先日行われた定時株主総会で、議決権行使に初めてiPadを導入しました。

株主総会に備え、人数分のiPadを会場に設置したそうです
参加した約160人の株主、
手元に設置されたiPadを使用し議案採決に際して「賛成」、「反対」を画面をタップして投票
その結果は、即座に会場前方のスクリーンに表示される仕組み

ちなみに このシステムは、自社開発
スマートフォンやタブレットなどのモバイル端末の普及が急速に進む中で、
特にモバイル分野に注力している同社としては、
「株主の皆さまに弊社のモバイルビジネスの可能性を実感いただく」ことが狙い

配布用の招集通知なども画像化することによって紙のコストダウンすることができますね

タブレットは仕事でもプライベートでも個人的に利用することが中心だと思いますが
今後タブレットを大人数で活用した情報共有や意思決定した事例を中心に
本ブログでご紹介していこうと思います。

photo by YF


2012年06月26日

【プロジェクト管理会計】売上高の補助科目と部門コードの設定について

DSC_2278

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

補助科目は、勘定科目の内訳です
補助科目の設定は 会社任意で決めることができますが
プロジェクト型システムで行う売上高の補助科目は売上の明細管理です

たとえば ASPサービス売上の場合
明細管理により
初期費用
月額費用を区分することも月次の売上推移を関するすることは有効です

またプロジェクト型システムから個別原価計算がある財務会計システムへ連動させた場合
取引先コードと取引先名
プロジェクトコードとプロジェクト名
なども仕訳も一緒にエクスポートできます

部門別に状況を把握することも大きなポイントです
部門は大項目と中項目 小項目で階層構造で括ることができるとベストです
そして部門別に損益状況を把握することが重要です

レポートは
部門別からプロジェクト別損益へドリルダウン
逆にプロジェクトを個別に集計して部門別で集計するなど
マクロからミクロ ミクロからマクロへ
売上高および粗利益の依存度や月次や年度推移を分析できることがベストです

そのようなプロジェクト型システム
日本でもいくつかしかありませんが別の機会でご紹介したいと思います

photo by YF





2012年06月25日

【無料セミナーのご紹介】本音で語るIPOセミナー

DSC_2287

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は プロネット主催「本音で語るIPOセミナー」のご紹介

ここ最近のIPOを巡る環境は、IPO氷河期を乗り越え、激しく回復しつつあります。
証券取引所・証券会社・監査法人はIPOを増やそうと積極的に営業活動を展開しており、監査法人や証券会社主催のIPOセミナーが数多く開催されています。
しかし、そのようなセミナーではIPOのプラス面が強調されがちで、必ずしもIPOの実態を表しているとは言えません。実際には、IPOには手間もコストもかかり、中には、IPOを断念する企業もたくさんあります。
今回のセミナーでは、IPOの難しさやIPOの真実を知り尽くし、IPOの最前線で活躍する講師陣が、
営業トーク抜きで本音で語ります!
ぜひ、この機会にIPOの疑問や不安をぶつけてください!

会場:六本木ヒルズ 森タワー22F TMI総合法律事務所セミナールーム
受講料:無料    定員 : 150名

第1部 「反社会的勢力対応と労務コンプライアンスの要点」
(14:30〜15:10)
TMI総合法律事務所 パートナー 行方 國雄氏

IPO審査では反社会的勢力対応と労務コンプライアンスは最重要論点です。
取引先の反社属性チェックの方法、具体的な関係遮断の方法や、
近年、増え続ける労務問題への対応についてご説明します。

第2部 「IPOを取り巻くプレイヤーとIPOスケジュール」
(15:10〜16:00)
株式会社アイ・コンセプト 代表取締役 鈴木 正士氏

IPOには、証券会社・監査法人等数多くのプレイヤーが登場します。
それらプレイヤーの役割とIPOのスケジュール感を最新の動向も踏まえご説明します。

第3部
Q&A形式で迫る 「本音で語るIPOの裏側」
(16:10〜17:30)

「監査法人や証券会社はどうやって選ぶの?」
「本当はIPOに向かない会社とは?」
「IPOには最低いくらかかるの?」

IPOの裏側・真実について、IPOの最前線で活躍する講師陣が本音で語ります。
皆様からの個別・具体的なご質問にもお答えします。
高橋廣司氏(螢廛蹈優奪 代表)
石川正敏氏(あいわ税理士法人 代表)
大野実氏(社労士法人大野事務所 代表)
行方國雄氏(TMI総合法律事務所 パートナー)
川田篤氏(螢ロ 代表)
鈴木正士氏(螢▲ぁΕ灰鵐札廛 代表)
堀之内泰治氏(螢汽セスサポート 代表)

<お申し込み方法>
プロジェクト管理会計研究所 古谷 ykfuruya@ybb.ne.jp まで 
「本音で語るIPOセミナー」希望ということで
メールをいただければ 後日、メールにて「受講票」をご送付致します。

photo by YF

2012年06月22日

【株式会社プロネット主催】 本音で語るIPOセミナーのご案内

menu-pronet

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

【株式会社プロネット主催】 本音で語るIPO セミナーのご紹介

ここ最近のIPOを巡る環境は、IPO氷河期を乗り越え、激しく回復しつつあります。
証券取引所・証券会社・監査法人はIPOを増やそうと積極的に営業活動を展開しており、
監査法人や証券会社主催のIPOセミナーが数多く開催されています。

しかし、そのようなセミナーではIPOのプラス面が強調されがちで、必ずしもIPOの実態を表しているとは言えません。実際には、IPOには手間もコストもかかり、中には、IPOを断念する企業もたくさんあります。
今回のセミナーでは、IPOの難しさやIPOの真実を知り尽くし、IPOの最前線で活躍する講師陣が、
営業トーク抜きで本音で語ります!
ぜひ、この機会にIPOの疑問や不安をぶつけてください! .

第1部
「反社会的勢力対応と労務コンプライアンスの要点」
第2部
「IPOを取り巻くプレイヤーとIPOスケジュール」
第3部
「本音で語るIPOの裏側」

日 時:平成24年8月1日(水) 14:30〜17:30(受付14:00〜)
会 場:六本木ヒルズ 森タワー22F TMI総合法律事務所セミナールーム

講 師
第1部:TMI総合法律事務所パートナー 行方 國雄氏
第2部:株式会社アイ・コンセプト代表取締役 鈴木 正士氏
第3部:株式会社プロネット代表取締役 高橋 廣司氏 ほかプロネットメンバー

定 員:150名
受講料:無料

申込期限:7月21日(土)

運営事務局:プロネットセミナー事務局(あいわ税理士法人内)

お申し込みは↓からどうぞ
http://www.aiwa-tax.or.jp/seminar/index.php?c=seminar_view&pk=1340244073

2012年06月20日

【プロジェクト管理会計ノウハウ】アクセス権限について

DSC_2307

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は アクセス権限について
アクセス権限がないとどういうことが起きるのでしょうか?
たとえば経理担当者が人事データを変更できたり
営業担当者が開発外注発注ができたりすることができてしまいます

今までは性善説で業務を回していれば問題はなかったのかもしれません
JSOXではユーザーIDごとにアクセス権限を限定する仕組みが必要としています
ここでは 営業担当者向け 開発担当者向け
部門毎の業務分掌規程 職務権限規程に応じたアクセス権限の設定を
できることが求められます

データは
新規・編集・閲覧・削除・管理
それぞれの業務・職務ごとに個別で権限設定することがポイント

職務権限規程でいけば 
500万円までは課長決裁
1000万円までは部長決裁などのワークフロー機能と連携できること

プロジェクト型システムの場合
プロジェクト単位でのコントロールを設定できることも重要です

たとえば部門単位でいけば
営業1部の情報は営業2部では閲覧できないようにすることができます
プロジェクト単位で行うと
同じ部門であってもプロジェクトAは閲覧できてもプロジェクトBは閲覧できないように
することができます

あまりコントロールをかけすぎると
情報共有ができずに自分の部下が何をしているのかも見えなることがおきます
意識の共有ができなくなることが多いのでほどほどにしておきましょう

photo by YF



2012年06月19日

【プロジェクト管理会計】月次締め(仮締め/本締め)

DSC_2306

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

月次決算を正確に行うためには 月次毎のデータの確定が必要です
月締め処理を行った後に入力や編集 削除などを行うと数字がズレると正確性に欠けます
手作業やエクセル管理ではできない処理です。

具体的な業務としては
請求(売上)データ
支払(原価・費用)データ
経費精算 仮払精算データ
タイムシートデータ
などがあげられます

プロジェクト型システムには
通常仮締めと本締めの2種類のモードがあると便利です

具体的に
仮締めは伝票単位での締め
本締めは月次単位での締め

本締めを行うことにより その月の伝票は入力不可
締め処理を行ってはじめて月次の売上などが集計される仕組みです

また本締めを行うには
「入力漏れのデータがないこと」
「二重計上のデータがないこと」を確認してから行います
月次決算の正確性を担保するには入力漏れのデータの網羅性は非常に大事です。

受注データ 発注データの網羅性は別途お話ししたいと思います。

photo by YF

2012年06月18日

【書籍紹介】Less Is More

01470-7-thumb-208xauto-22032

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本田直之さんが執筆された「Less Is More」という本のご紹介

北欧諸国があらゆる「幸福度ランキング」で上位を占めているのはなぜでしょうか?
世界的に見ても豊かなはずの日本が、90位。

新しい幸せの形 価値観が変化してきています
本田さんが言うところのの
「新しい幸せ」10の条件

1 仕事を楽しんでいる
2 いい仲間 いい家族がいる
3 経済的に安定している
4 精神的・肉体的に健康である
5 刺激のある趣味やライフスタイルを持っている
6 時間を自分でコントロールできると感じている
7 住む場所をしっかり選んでいる
8 いい考え方のクセを持っている
9 将来の見通しが立っている
10 ゴールに向かっている感覚を持つ

つまり新しい幸せの形は、お金、時間、場所などから自由になることだと言われています
皆さんは いかがでしょうか?

ハワイをベースにノマドライフを実践する本田直之さんが
幸福度ランキングトップの北欧(デンマーク、スウェーデン、フィンランド)の人たちと
幸福について語り合って得た革新
物質的地位的な生き方ではなく 精神的・体験的なものに重きを置く生き方を学ぶことができる本です。 




2012年06月14日

業績予測開示のトレンド

DSC_2261


プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

平成24年3月東証は業績予想開示による取扱いを公表しました
これは将来予測情報の開示スタンスを示したもので
具体的には
「上場会社は投資家の投資判断に有用な将来情報は引き続き積極的に
開示すべきではあるが、その具体的な方法は、従来の形式に限定する必要はない」ということです

今までの具体的な開示方法は
翌事業年度の売上高
営業利益
経常利益
当期純利益
1株当たり当期純利益
1株当たり配当金などでした

上場会社の97%がその形式で開示していました
しかし東証のリリースにより変化が生じています
それは第2四半期累積業績予想を非開示するところが増えているようです

業績予測開示は
経営者の合理的な評価や見通しに基づき
業種や業務の特性に応じた有益な情報開示が行われることが求めらもの

見通しに関する情報を適時・適切に伝えていくスキルを各会社が工夫していくこと
が重要だと思います
最近の企業は 事業の多角化により 業績予測の方法も大変複雑になっています
各事業 粗利益率と販売管理費予測からの精度向上手法を
各社追求していって欲しいと思います
理想はセグメント毎の粗利益 営業利益ですね

理想の業績予測手法できる限り 
今後プロジェクト管理会計研究所でもご紹介していきたいと思います

photo by YF



2012年06月11日

【無料セミナー】経営計画と実行管理を支援する真の経営管理システムセミナーのご案内

DSC_2281

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日はコンサルタントの広川さん主催
【経営計画と実行管理を支援する真の経営管理システム】セミナーのご紹介

予算管理を経営に取り入れているといっても、予算編成に労力を費やし、
予算数値を作ることに疲弊し、
予算と実績との比較に基づくフィードバックが行われないまま、
次年度予算の策定という悪循環に陥っている企業も見受けられます。

当セミナーでは、本来の予算執行管理のあり方を紹介し、
さらには、効率的に予算編成の作成、予算・実績比較を容易に行える
実務アプリケーションをご紹介いたします。

ご興味のある方は↓からどうぞ
http://www.hbs.gr.jp/events/20120627/seminar.html

photo by YF

emplexfuruya at 21:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セミナー情報 

2012年06月06日

【プロジェクト管理会計ノウハウ】原価と販売管理費の自動認識

DSC_1776

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

プロジェクト型ビジネスにおいて
支払申請 経費精算 仮払精算処理などの処理をする際
経理担当者は、プロジェクトによって各費目の売上原価(製造原価)か販売管理費 判別が求められます

手作業での入力の場合
現場の担当者の所属部門や計上部門などによって人の認識でその区分をさせることによって
社員数が50名を超えてくるとその入力数や判別するプロジェクトの数の分だけ
正確性に欠けてくるケースが多くなります

プロジェクト型システムを活用すると この判別を自動化することができます
これはプロジェクト別に原価か販売管理費を区別しておくと
たとえば「旅費交通費」を担当者が入力
財務会計ソフトへの仕訳はき出し時 「旅費交通費(製造原価)」か「旅費交通費(販売管理費)」
のコードへ連携させることができます

プロジェクト型ERPならではの機能です
当たり前のようですが
この機能はシステム検討時 確認しておきたい機能です 

photo by YF




2012年06月05日

新日本アントレプレナーサミット 2012

DSC_1993

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は 新日本監査法人主催 新日本アントレプレナーサミット 2012のご紹介

わが国経済は、復興需要、円高是正、株価回復、欧州危機の安定化などがプラス材料となり、緩やかに好転しつつあり、業績が回復する会社も増えつつあります。
本年、IPOの社数は50〜60社程度と予想されていますので、4年連続で増加傾向となり、リーマンショック前のIPO水準に戻る年となりそうです。このような中で、中堅・成長企業の事業展開を成功に導くためには、日本経済の底辺を支える社会的な枠組みである、アントレプレナー・エコシステムが必要不可欠と考えております。この実現には、証券取引所、ベンチャーキャピタルをはじめとして、様々な方々との協力が必要です。
当監査法人は、日本経済を支えるアントレプレナー・エコシステムのスタートアップとして本サミットを位置づけています。本サミットを通じて、経営についてじっくり考える場を参加いただく方々にご提供することができればこの上ない喜びであります。
皆様におかれましては、ご多用のことと存じますが、万障お繰り合わせの上、ご参加くださいますようご案内申し上げます。

【主催】 新日本有限責任監査法人
【後援】 株式会社東京証券取引所、株式会社日本政策投資銀行

開催日時 2012年6月22日(金) 13:30〜17:30 (受付開始 13:00)
場所 東京国際フォーラム B7ホール
東京都千代田区丸の内3丁目5番1号
TEL: 03 5221 9000
対象 成長を目指す/IPOを目指す会社の経営者、取締役・監査役、上場準備・経営企画の責任者、経理・財務の責任者
参加費 無料
定員 350名

※同業他社、コンサルティングファームなどの方のお申し込みはご遠慮下さい。
※サミット受講証(WEB申し込み自動返信)、お名刺をお持ち下さい。
※お申し込みは1社につき2名様までとさせていただきます。2名様お申し込みの場合には、お手数ですがそれぞれご登録いただけますようお願いいたします。

プログラム
13:30〜 開会の辞

13:40〜 本日のガイダンス
【第I部 IPO活性化】

13:50〜 資本市場の現状と今後
株式会社東京証券取引所 常務執行役員営業本部長 土本 清幸

14:20〜 IPOヒストリー
株式会社ヒト・コミュニケーションズ 代表取締役社長 安井 豊明
【第II部 アントレプレナー・エコシステム構築】

15:40〜 アントレプレナー・エコシステムの概要および当法人の今後の取組み

15:50〜 アントレプレナー・エコシステムにおけるVCの役割
一般社団法人 日本ベンチャーキャピタル協会 会長 安達 俊久

16:20〜 アントレプレナーの決断の瞬間(パネルディスカッション)
株式会社グロービス・キャピタル・パートナーズ パートナー 今野穣
KDDI株式会社 新規ビジネス推進本部 戦略推進部長 江幡智広
株式会社ネットエイジ 代表取締役社長 西川潔
ヤフー株式会社 インタレストマッチプロジェクトリーダー 宮澤弦

17:20〜 閉会の辞

photo by YF


emplexfuruya at 20:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月04日

恋する横浜実行委員会婚活イベント「恋する横浜3DAYS」が無事終了しました! 

bg-header

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

Y153イベントのご報告
「横浜を元気にしたい」をコンセプトに僕たち有志メンバーが運営する「恋する横浜実行委員会」
5月27日、6月2日・3日の3日間、男女の出会いを楽しむ婚活イベント「恋する横浜3DAYS」が無事
終了しました

「恋する横浜実行委員会」は、「横浜を元気にしたい」という思いを持つ有志メンバーが集まり、
「ハマコン〜恋する横浜」や「ハマラブ」といった婚活イベントを運営しています。

僕たちが開催した婚活イベントはこれで5回目、
今回は、横浜の活性化を目的に行われる
横浜セントラルタウンフェスティバル「Y153」の一環として行われました。

5月27日 日曜日は「恋するスタジアム」
「横浜DeNAベイスターズ対オリックス・バッファローズ」戦の観戦
集客数は約200名
試合前バックネット裏で一塁側ベンチ前で練習を知り合った男女見学できるというスペシャルな企画

写真11


写真8


写真12


6月2日は「ラブ☆アクチュアリー」、30代〜50代の男女が対象。
「クリフサイド」で80〜90年代のBGMをバックに、お酒や軽食を交えて実施しました。
今回の中心は40代 ゲストで横浜出身 声優&歌手の松本梨香さんのスペシャルライブもあり
大変盛り上がりました
集客数は 100名 カップリング率は 40%ほど

484393_326105904136194_100002103627586_803221_1432820020_n
 

写真2


写真10


そして昨日
6月3日に行われたのは「恋する列車」、JR「石川町駅」から発車する特別列車に独身男女各75人が乗車、
貨物線の風景と出会いを楽しむ企画。特別列車は華というお座敷特別列車、
1号車から6号車まで乗車した男女は12名ずつ各車両にグループ毎に会話を楽しむという企画。
集客数は 150名 

写真3


昨年開港152年 Y152から始まった集大成 今回の『Y153』で
短期間で3つのイベントを開催するということは、僕たちにとっても大きなチャレンジでした
結果 多くの方々のカップルをを生み出すことに成功しました
3つのイベントを開催することで 課題も多く見つかりました
今後も真剣に出会いを求める男女の方たちの後押しできることをコンセプトに
少しずつ大きくしていきたいと思います


経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド