2010年05月

2010年05月31日

業務効率化セミナーのご案内

topbanner




プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は、藤田勝利プロデュースの
「新規事業」「業務生産性向上」に特化した
業務効率化セミナーのご紹介をいたします。

マーケティングと業務生産性向上の支援で10年以上の実績を持つ
オープンアソシエイツ社と、
エンタープライズ・マッシュアップと呼ばれる技術で急成長する
米Kapow Technologies社とが協働し、
これまでにない、「圧倒的な」生産性向上を生む仕組みを考案いたしました。

★このような悩みをお持ちの企業様(大企業含め)に多数ご採用頂いています
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
●Webに公開されている他社商品や価格の「最新情報」を、知りたい時に、すぐに、一斉に調査したい
●Webサイトや社内ポータルへの情報アップ作業を、一斉に自動化したい
●経理や人事における、定型的な集計・入力・チェック作業を自動化したい
●経営管理資料作成時の集計やレポーティングの手間を省き、迅速化たい
★今すぐ、ロボットに代行させて「自動化」することができます
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

今回ご紹介するのは、人が行ってきた定型作業、
従来のシステムでカバーしきれない手作業を、
「ロボット」と呼ばれるITツールが代行して行うという新しい方法です。

システムの設計・開発や、プログラミングは一切必要ありません。
自動化により、社員の方が煩雑な作業から解放され、「企画・改善」といった本質的な仕事に打ち込めるようになることが最大のメリットです。

これらの仕組みを低コストで導入いただき、
すぐに、簡単にできる「自動」の世界を体感してください。

様々なデモンストレーションをご紹介する、
短時間の無料セミナーも開催いたします。

是非お申込み、或いは関係部署様にご紹介頂ければ幸いです。
ECやWeb業務以外の自動化についてもお役立て頂ける内容です。

★最新セミナー情報
「『ロボット化』でEC・Web管理業務はこう変わる

〜すぐに作れる『作業1/10、売上2倍』の仕組み〜」

開催日時:6月23日(水) 15時〜17時20分

場所:オープンアソシエイツ株式会社セミナールーム(赤坂)

詳細・お申込みはこちらから↓
http://www.bizrobo.com/
(デモムービーも掲載しております)

製品ご紹ページはこちらになります。↓
http://bizrobo.com/service.html


emplexfuruya at 07:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)セミナー情報 

2010年05月30日

蒔田 西遊記

shoku1012








プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は私の地元 横浜蒔田にある
「中華料理 西遊記」 をご紹介いたします。

この店とのおつきあいはもう15年以上になります。
マスターが釣り好きで
いつも釣り話をしています。

メニューは「玉子チャーハンが最高!」です。
大岡川沿い近くの小さなお店で、
いきなり探していくのは大変かもしれません。

チャーハン以外のメニューも結構豊富で、
コストパフォーマンスはいずれも高いです。
おすすめは「味噌ラーメン」
ピリ辛味で美味です。

カウンター席のみなので、待つことがあります。
待つ甲斐はあります!

emplexfuruya at 18:15|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2010年05月29日

とんかつ さくらい

とんかつさくらい







プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は横浜にある
「とんかつ さくらい」をご紹介いたします。

京浜急行井土ヶ谷駅から鎌倉街道方面へ徒歩5分ほど
のところにあります。

お新香付きでご飯、キャベツ、味噌汁はおかわり自由
食べ方は据付のソース(甘口・辛口)
さくらいのとんかつはロースカツ、ヒレカツ共通で
一口・小・中・大のサイズと味噌カツがあります。

また、丼ものや鍋定食、コロッケ、エビフライ、生姜焼きなど
定食メニューも多数あります。

ランチにはチキンカツや鶏香味焼など
チキンメニューがリーズナブルに食べられます。
事前に電話で注文しておけば
待ち時間ゼロでお弁当のお土産もできるそうですよ。

2010年05月28日

Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる「自分ブランド術」

82224805

















プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「Me2.0 ネットであなたも仕事も変わる自分ブランド術」
という本をご紹介いたします。

昔は会社の看板だけで生きていけました。
しかし、今は自己ブランドがないと生きていけません。
というキーワード
現在の全てのビジネスマンに当てはまるのではないでしょうか?

自分ブランド確立には強みが必要
どの会社に行っても使える、
持ち運びスキル(ポータブルスキル)が必要になってきました。

現実を見ないまま、
昔のように会社に頼りすぎ、
末端で仕事をし、自分のブランドを無にしてしまったら、
いざ何か起きたときに、
いざ自分がやりたいことをしようと思ったときに
なにもできなくなります。
そんなことほど悲惨なことはありません。

現在、WEBを活用して
誰でも情報発信ができるようになってきました。

本書は
WEBコミュニケーションを通して
パーソナルブランディングをどうやって作り上げていく戦術を
細かく紹介した本になります。









2010年05月27日

業績を上げる会計

4569654061











プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

本日は「業績を上げる会計」という本をご紹介いたします。

経営環境が厳しくなった今日、
全てのビジネスマンが会計に無関心でいられなくなったこと
はいうまでもありません。
しかし、漠然と「会計」全般についで学んでいるだけでは、
実務に活かすことはできません。
必要なのはより実践的な、
会社の業績を向上させる指標となる「管理会計」の考え方です。

 本書は「管理会計」の基本的な考え方と、
その最新の理論・手法について述べたものです。
もちろん、「管理会計」という分野にも
沢山の理論・手法が存在しますが、
筆者の研究と経営者としての経験から、
特に「実務に役立つ」ものを厳選して、わかりやすく解説しています。
内容を「短期の業績向上」と「中長期の業績向上」の二つに大きく分け、
より仕事に活かしやすい構成となっています。

 会計の専門家だけではなく、
経営者、そして中核社員が知っておくべき
「利益を上げる会計」が身につく一冊です。

2010年05月26日

朋友建設での経験 3

4578907354_fa19fa1547_m













プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は朋友建設での経験 第3回
不動産デベロッパーの役員会資料について
お話をさせていただきます。

もう20年前の記憶ではっきりはしていないのですが
朋友建設の役員会資料は
なかなかしっかりしていました。

営業部門
開発部門
管理部門
がそれぞれ作成していました。

中でも
物件別の入金ベースという資料は
プロジェクト別の販売状況
月別の入金予定状況
今後の販売予定状況
を1枚で把握できるものでした。

1枚の資料で
営業部門の販売状況
手付・中間の入金予定
最終ローンの決済予定は
複数の部署を通した情報を一元管理するということになります。

当時はPCもなく手作業での作成でしたが
効率よく会社の資金繰り状況が把握できる
というものは
なかなかのノウハウだと思います。

逆にシステム化をするにあたっては
月次の締めの状況を
月次決算締め
販売状況締め
ローンの予定締め
のステップで締めなければなりません。

業務プロセスを交通整理することは
手作業のステップをいかに効率化できるかが鍵になりますね

Photo by MK












2010年05月25日

ゴールは偶然の産物ではない

438












プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は、FCバルセロナの前最高経営責任者であった
フェラン・ソリアーノ氏が執筆された
「ゴールは偶然の産物ではない」という本をご紹介いたします。

経営破綻寸前だったクラブを、わずか4年で再生し世界最強にした
サッカークラブ経営についての本です。

クラブ戦略・チーム戦略や試合の戦術、監督術や選手スタッフに
求める役割、人材の発掘や交渉術、改革改善のやり方などについて
語られています。

またこの考えは、サッカークラブに限らず、
あらゆる業種の経営者の、日々の経営で参考になるポイントが
たくさんつまっています。

選手の年俸や移籍金が高騰する中、
クラブが強豪であり続けるには、収益面からも、
全世界を視野に入れたマーケティングが必須。

サッカークラブの経営についてMBA取得者であるソリアーノさんから
トップダウンな経営管理の目線で様々な改善の手法を学ぶことができます。



2010年05月24日

デフレに負けないマーケティング

icon8





プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は「デフレに負けないマーケティング」
についてお話をしたいと思います。

デフレに負けないようにするためにには
ブランドを市場に築くことに成功できたかどうか?
が重要なポイントになります。

様々な情報から他社の事例を参考に
企業のマーケティング活動を実践することは可能です。

私が考えるに
この事例にとらわれすぎて、先例にないことを決断できない
可能性を示唆します。

世の中でパイオニアを言われてきた企業や商品で
先例を見習って成功したものがあるでしょうか?

ユニクロ
ipod
旭山動物園
スターバックス
マクドナルド
ハーレーダビッドソン

それぞれの市場環境はあるかと思いますが
大事なのは「徹底的に考えること」を実践してきたことだと思います。

以前にも話をしましたが
仕事には、日常業務の遂行と創造性の追及の2種類があります。
最近の世の中の会社は、日常業務の遂行に気をとられている企業が
多いように思われます。

「創造性豊かな会社」が「デフレに負けないマーケティング」を
創り出す一番のポイントだと思います。
TOP自ら動いていても
周りの役員・執行役員が現状の立ち位置に落ち着いて
先行して考えることを辞めてしまっているケースが多いのではないでしょうか?

皆さんの会社はいかがでしょうか?
創造し、その考えを実行に移し、皆とコミュニケーションを
とって進められる文化になっていますでしょうか?

Photo by MK










2010年05月23日

朋友建設での経験 2

small





プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は朋友建設での経験 第2回
「朋友建設とプロジェクト管理会計との関係」
についてお話をさせていただきます。

所謂不動産デベロッパーのビジネスモデルは
マンションを企画し ※外部設計もあり
銀行から借入れした資金をベースに土地を購入
その上にゼネコンに建設発注
建築確認取得後 販売開始 手付金・中間金入金
マンション完成後 引渡し時 最終金 ※ローン実行
その後建設代金支払 銀行へ資金返済
という流れになっています。

したがってマンション毎の原価の内訳は
土地代
設計代
建築代
銀行利息
等です。
また原価ではありませんが
モデルルームや新聞広告などの
広告宣伝費もマンション毎の費用として計上されます。

当時は、プロジェクト管理会計という考え方も
なかったのですが
マンションをプランする際
効率表というものが存在しました。
これは事業部がプランニングする際
しっかりと利益を計上できるようにプランニングするものです。

これを会社で決裁する際
財務部で銀行等と調整をした結果
金利を計上した最終数値をもとにしたものを使用します。

この物件プロジェクト別の効率表のコスト計算が
会社の利益を追求する鍵になります。

次回は
この「効率表」についてお話を深めていきたいと思います。

Photo by MK



















2010年05月22日

朋友建設での経験 1

no title











プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は私が新卒で入社した会社
朋友建設についてお話をしたいと思います。

朋友建設とは
「ホーユウパレスの朋友建設」というキャッチフレーズで
売り出していたマンションデベロッパーです。

設立:昭和58年4月15日
資本金:3億円(当時)
代表者:石川恒男
従業員数:275名
売上高:400億(当時)
所在地:横浜西区・渋谷・上野・大阪・仙台・福岡

経営層は、大京〜ダイア建設でIPOを経験したメンバーが
中心となり創業
わずか6年で売上高400億円の規模となりました。
またリゾートマンションやレストランの経営なども行っておりました。

私は、この朋友建設に平成2年4月に新卒として入社しました。
当時の組織構造は
営業本部;マンションの販売
事業本部:マンションの用地取得・企画・建設会社との調整
管理本部:資金調達・経理・IPO準備
この3つから構成されています。

私は、ここの管理部へ入社しました。
当時は不動産バブル絶頂期、憧れの不動産営業を希望していたのですが
3週間ほどの研修を経てなぜか配属は管理本部財務部
当時はショックでした。

何で私だけ管理部なんだろう・・・
って
でも今思えば当時私を引っ張っていただいた
当時の取締役財務部長には感謝しております。

私のプロジェクト管理会計の極意はこの時点から
スタートしました。(笑)

次回は、朋友建設とプロジェクト管理会計との関係について
お話をさせていただきます。

Photo by YF










2010年05月21日

すし居酒屋 松ちゃん

150x150_square_3364112




150x150_square_3364134









プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は六本木の中心街にある
メチャクチャ美味いB級グルメ店をご紹介いたします。

以前ベックワンパートナーズの萩原さんからご紹介を
いただいたお店です。

六本木で生ビール180円。コストパフォーマンス。
食い物も決して悪くありません。

場所は六本木の込み入った場所にあります。

寿司居酒屋ということですが、メニューは実に豊富です。
ホルモンは、180円のビールにぴったり(笑)

あまりの安さと美味しさ、あと雰囲気の良さで
皆さん飲み過ぎないように気をつけてくださいね


2010年05月20日

セミナーブランディングの極意 5

100554841












プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は「セミナーブランディングの極意」第5回
セミナーフォローについての顧客管理について
お話をさせていただきます。

BtoBセミナーの場合
基本的には、見込み客は「取引先」という企業名になります。

セミナーの参加履歴は
1取引先に対し 複数の担当者が参加されるケースもあります。
まずは、取引先に対し
担当者をヒモ付けられるようにリレーションを張りましょう

また
セミナーに参加した履歴情報
セミナー後のアンケート情報
なども取引先に対する行動履歴としておさえておくのも
後のアクションを起こすとき
ヒアリングの基本となる情報がそこにあるはずです。

また
セミナー後のメールマガジンにより
自社製品やサービスの紹介をしていくことも
忘れられない施策のひとつです。

最近のメールソフトには
クリックURLというメールに埋め込まれた
URLアドレスを誰がいつクリックしたか
判明できるような機能があります。

この反応を確認しながら
フォロー活動を起こすのも効率よい営業を進めるポイントです。

まとめとして
取引先
 担当者
  セミナー参加履歴
  セミナーアンケート情報
  メールクリック履歴

まずは、これをエクセルではなく
データベース化することがクロスメディアマーケティング
を実現させる第一歩です。 

Photo by YF
















2010年05月19日

ゲリラ・アドバタイジング

88497101
















プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は「ゲリラ・アドバタイジング」という本を紹介いたします。

あの金森重樹さんの翻訳ということで、またテーマも興味深かったので
読みました。
この本は、大企業の販促担当者ではなく中小企業の経営者向けに書かれた本です。
実践的な解説を含めた広告戦術を詳しく紹介してくれています。

最大効果を上げるビジネス成功のための広告とは?
広告戦略の作成、効果的な広告やコピーのデザインなど、
豊富な事例とともに解説してくれています。

1 目標への集中
2 創造性という泉
3 広告およびプロモーションによる最大の利益
4 第一線からのゲリラ思考
5 キャッチフレーズ、コピー、グラフィックス
6 戦術をメディアに適用する
7 ゲリラの広告に対する態度

2010年05月18日

セミナーブランディングの極意 4

100552457











プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は「セミナーブランディングの極意」第4回
セミナー後フォローの見込み客の反応を
webマーケティングを活用してアプローチする方法
についてお話をしたいと思います。

第3回では
営業の効率化についてお話をしましたが
今回のwebマーケティングを活用するというのは
どのようなデータを活用するのでしょうか?

セミナー出席後
フォロー電話がかかってくるのは
なかなかいいものではありません。
セミナー後はお客様を待つことが重要です。

効率よくお客様の反応を得る方法があります。
それは、ホームページのアクセスログ解析です。

アクセスログにはリファラーといって
どのようなキーワードでそのサイトへ訪問したのか?
どのページをどの位閲覧・滞在したのか?
どんなドメインが訪問されたのか?
等がわかります。

ここで活用するデータはドメインデータです。
ドメインとは
訪問する企業がもつホームページのアドレスと
言ってよいでしょう?

私がよく行っていた効率のよい
マーケティング手法をお教えします!

毎朝前日の訪問ドメイン(企業)データと滞在時間を
SFAに入力し、その企業が以前セミナーに参加していたか
どうかを確認しながら、参加していたら
その参加された担当者を照らし合わせ
営業マンへ情報を渡していました。

滞在時間が3分若しくは閲覧ページが10ページを超える
場合には、殆どの企業は当社に情報を得たいという
担当者でした。

セミナー履歴とアクセスログ解析の関係は
ここがポイントです。

セミナーの出席者やアクセスログがデータ量が多い場合は
エクセル管理ではむずかしいので
データベース化させた方が得策です。

次回は
この見込み客管理についてお話をしたいと思います。

Photo by YF













2010年05月17日

セミナーブランディングの極意 3

100577581
















プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日はセミナーブランディングの第3回
セミナー開催後のフォローアプローチ方法
についてお話をしたいと思います。

そもそもセミナーで受注を取るということが最大の目的と
なるのですが
セミナーの企画内容によっては
知識吸収※お勉強で来られる方もいらっしゃると思います。

このお勉強から
買う気にさせる〜
買う気になりそう・・・というステップ
どう見込み客として
webマーケティングで判別させるかが重要なポイントです。

セミナー終了後
営業リソースに余裕がある場合には
手当たり次第電話でフォロー確認をされている企業を
よく耳にします。

お勉強で来られた方が
「先日のセミナーのどうもありがとうございました・・・」
ということでフォロー電話をいただいて
嬉しい方が何名いるでしょうか?

殆どは、迷惑ととられる場合が多いはずです。

お勉強の方は、そのセミナーが満足であれば
更なる深い知識の吸収がより満足されるはずです。

ですので
ここは電話フォローではなく
系統が同一の専門性の高いセミナーへの誘導が
正しい手法でしょう。

即御社の製品やサービスを買いたいならば
電話や説明を求めて連絡をしてくるはずです。

嫌われないようにするためには
じっくりwebやメールでもコミュニケーションを
とりつつ、時期を待つということになります。

次回は、顧客の反応をwebマーケティングを活用して
判別させる手法をご紹介いたします。

Photo by YF








2010年05月16日

横浜セントラルタウンフェスティバルy-150→200

header_logo







プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

今日も良い天気でしたね
今回は「横浜セントラルタウンフェスティバルy-150→200」を
ご紹介いたします。

昨年150周年だった横浜市ですが
151年から200年周年へ向けて「Y151→Y200」を旗印に
今年の「Y151」、さらに「Y152」、「Y153」
へと発展成長を続け、50年後の『開港200周年』、
すなわち「Y200」という遠大なロマンを目指して、
港町横浜の発展を目指していくイベント企画プロジェクトです。

以前ご紹介させていただきました
地元横浜の不動産デベロッパーのリストの新井さんも企画に
参加されておられるということで
私もお手伝いをさせていただこうかと思っています。

今年は151周年ということで
横浜セントラルタウンフェスティバル「Y151」
2010年6月4日(金)〜6日(日)

会場は、山下公園石のステージ、お祭り広場周辺を中心に
6月5日(土) 11:00〜19:00 ジャズやポップス、一般参加型コンサート
6月6日(日) 11:00〜15:30 ハマこい踊り
(山下公園、象の鼻パーク、日本大通)
16:00〜17:00 リカちゃんコスプレコンテスト
19:00〜20:30 メインコンサート
(出演:YOKOHAMA Port Beats)

◆出演
YOKOHAMA Port Beats(Y151を祝し、横浜を中心に活躍している
屈指のプロミュージシャンが一同に会し編成されたビッグバンドです。
作編曲・指揮は、泰地虔郎。ボーカルは、キャロル山崎、むらい千晶です)

各所
馬車道・関内・中華街・元町山手などで
様々なイベントが開催されます。

今後TwitterやUstreamなども活用して
ネットでも盛り上げていく予定です。
特に横浜在住の方、
是非参加いただければと思います。

y151-200のサイトはこちら↓
http://www.y151-200.com/index.html

y151-200のtwitterはこちら↓
様々な横浜ならではのイベント情報をゲットできますよ。
http://twitter.com/Y151_200





横浜ぶらりサイクリング

100577581















100552457














100554841





















プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は天気が凄くよかったので
みなとみらいまでサイクリングへ行ってきました。

大岡川沿いに走らせて
横浜中央図書館
ランドマークタワーから
BMWアルピナショップ
ジャックモール
マリノスタウン
臨港パークを抜け
コスモクロック
赤レンガ倉庫
像の鼻公演
日本大通り
神奈川県庁
大通り公園
ライブハウス
などなどを回ってきました。

風も心地よく
大変いい運動になりました。

http://twitter.com/ykfuruya
に写真を掲載しましたので
興味のある方はご覧ください!

自転車って良いですね






2010年05月14日

セミナーブランディングの極意 2

icon9








プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は「セミナーブランディング」の第2回
セミナーをするために準備すべきことについてお話をしたいと思います。

まず、セミナーの目的は何でしょうか?
既存顧客の満足度向上か?
新規見込み客の想像か?
ブランドアップのためか?

色々な目的があると思います。

うまくこのポイントを押えることが重要です。
またこの3つのバランスの押し出し方も重要なポイントです。

まずは、この目的を踏まえて
企画を考えましょう!

企画の骨子は具体的には、
セミナーの講演者
セミナーのタイトルや講演内容
セミナーの共催相手
のことを言います。

この講演者・講演内容・共催相手により
先ほどの目的をコントロールすることができます。

例えば
あまり認知されていない
ITサービスを紹介したいセミナーの場合
共催相手が一流の企業名であるほど
このIT企業は共催するだけでブランドはアップします。

単独では、集客できない
一流企業の担当者を集客することができます。
なぜならば来客者は、一流企業の名前に弱いという傾向があります。

また税理士・会計士・社会保険労務士
など、士業の方を共催先に追加すると
より専門的な知識を得ようという集客が期待できます。

ここでは
「一流企業」と「士業」の組み合わせで
一流企業のブランドでより専門的な知識を得ることができる
またITサービス業は具体的にシステムで課題を解決できる
という組み合わせが可能です。

当然ITサービス企業は
デモンストレーションと専門的な知識を交え
説得力のあるセミナーを行うことができます。

他にも、アイデア次第で手法はいくらでも組み合わせできます。

皆さんの会社では、しっかりとした説得力のある
セミナーブランディングはされているでしょうか?

Photo by MK





























2010年05月13日

黒尊 (くろそん)

img_02





























プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は銀座にある隠れ家的な和風料理店「黒尊」さんをご紹介いたします。
以前エンプレックス時代は、数分の場所であったため
ランチでも夜のお食事でもよく利用させていただいておりました。

黒尊さんは、全国から取り寄せるこだわりの魚を中心とした
美味しいものづくしが楽しめます。

店内はカウンター、テーブル席と掘りごたつ席からなる落ち着く和空間です。
気取らない居心地の良さは適度にリラックスできるので、
少し距離が縮まった取引先と差し向かうにはぴったりだと思います。

カウンター間、テーブル間が少し狭いですが、
使い勝手が良くリーズナブルなので、予約は忘れずにしてください。

http://kuroson.com/

2010年05月12日

ふーみん

写真3












プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は青山 骨董通りにある「ふーみん」という
中華料理店をご紹介いたします。

場所は、南青山の骨董通り、小原流会館というビルの地下にあります。

中華としては独特な雰囲気の店内で、基本的には明るい雰囲気です。
ここは、中華でも食べたことない料理が沢山あります。
定番もありますが食べたことがない料理がおすすめです。

牛肉麻婆豆腐、おいしかったです
角切り牛肉が柔らかく、しめじ、椎茸と具材も日本風です。

厨房の様子が見えておもしろいし、かなりの料理人の数です。
料理も脂っこくなく、中華を食べた後としては胃もたれしない。
日本の家庭料理的なやさしい味の中華です。



2010年05月11日

MANOA  aloha teble

写真7







プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は、今年3月に出来た横浜みなとみらい コレットマーレ1Fにある
「MANOA」というカフェバーをご紹介いたします。

このお店
アロハテーブルというカフェバーの姉妹店で
ハワイアンな気分にさせてくれるお店です。

開放的なテラスの雰囲気の中
ロコモコやハワイアンスイーツを味わうことができます。

場所は、コレットマーレの奥にあるので
ちょっとわかりずらいかも知れませんが
おすすめのお店です。

平日ランチは、フリードリンクです。
平日横浜へ遊びに来た時は是非!





2010年05月10日

Photo by MK

98071678















プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は、以前ご紹介しました松橋さんの写真を
ご紹介いたします。

松橋さんのご紹介は以前本ブログでしておりますので
ご覧いただければと思います。
昨年一眼レフを購入された松橋さんは↓のサイトにて
http://twitpic.com/1me0la

自分で撮った写真を紹介しています。

最近本ブログにて Photo by Mk で写真を
貼っておりますが
こちらは松橋さんの作品です。

面白い写真を撮っているので
私の方で紹介をさせていただいております。
ちなみにカメラはPENTAX K-7なかなかの名機です。

もともとシステムエンジニアの松橋さんですが
最近ではデザイン等の方向にも興味をもっているようです。




2010年05月09日

IT導入のステップ

icon







プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は、企業におけるIT導入のステップについてお話をしたいと思います。
基本的なステップとしては7段階に分けられます。

1)経営課題、経営ゴールの明確化
2)検討推進リーダー/チームの編成
3)改善対象となる業務プロセスの特定
4)IT化の範囲の特定(スコープ定義)
5)IT導入による期待効果(定量・定性)
6)導入予算・費用明細・スケジュールの確定
7)ソフトウェア導入形態やベンダーの選定
8)業務要件定義 または パッケージシステムとのFit/Gap分析

この7ステップを図るためには
先頭を切るリーダーが必要です。
コミュニケーションスキルは勿論必要ですが
過去の経験上 「業務」「IT」「会計」の3つのスキルを
カバーしている事が求められます。
所謂経理屋でいきますと
経理業務中心に考え現場の使いやすさが損なわれていますケース
が多いようです。
3つのバランス感覚をもった人材をリーダーに据えることが
IT導入の成功を握ります。
皆さんの会社ではいかがでしょうか?

Photo by MK



2010年05月08日

ネットのパン屋で成功しました

9784480877512











プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は「ネットのパン屋で成功しました」
という本を紹介いたします。

不況といわれる現在、一斤2600円の最高級パンが数分で
売り切れる店があります。

「@シナモン」というシナモンパンは、
最高の材料で焼き上げられ、
売るために最も適した方法が考え抜かれました。

ネット商売で成功する秘訣が詰まっていたのです。
そして、このビジネスモデルを作り上げたのは、
若干23歳のごく普通のOL

「こんなパンがあったらいいのに」
そんな素朴な思いを、どうやって実現していったのか。

「ルセット」という小さなパン屋の、
ネット商売で確実に成功するための戦略とイメージ作り、
こだわり、マーケティングなど、ノウハウの公開しています。

私がよく語っているオンリーワンブランディングの要素が
ここにつまっています。


2010年05月06日

iphone購入

333e4004a48c6302





プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

先日docomoからiphoneへ乗り換えをしました。
iphoneは以前会社でも使用していましたが
今回は3GSということで
どの程度改善されたのか期待していました。

やっぱりiphoneは便利ですね

よく使う機能としては
メールは
iphone/gmail/yahoomail
3つを使い分けることができます。

カメラで写真をとりワンボタンでメールで送信できます。
twitterもアプリボタンを押せばすぐつぶやくことができます。
livedoorblogのブログ更新もワンボタンです。
最近でた相鉄アプリというのもヲタ心くすぐられました。
yahooBBへの電話も無料ということ。

昨日の屋上キャンプもlivedoorblogアプリで
更新しました。

機能性に優れたアプリが多いのは
少し電波がつながりにくくても許せます。
ちなみに自宅の1階ではアンテナがでていません・・・

5月10日に無線基地の無料配布が始まるということで
期待したいところです。

iphoneはすっかり生活の一部になっています。
当たり前ライフスタイルになってしまうと
逆に故障等で使えなくなったとき怖いなあと感じました。










2010年05月05日

TOHOシネマズ 上大岡

filename_=iso-2022-jp''%1B%24B%3C7












プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

先日地元上大岡にできたTOHOシネマズというシネコンへ
行ってきました。
以前取引先である横浜を代表する不動産デベロッパーの
リストさんがジョイントベンチャーで建築した
ビルに入居しています。
上大岡駅から雨に濡れないで数分の位置にあります。
数日後にはヤマダ電機も開業ということで
かなり人数も多いことでしょう

できて間もないということで大盛況の賑わいぶりです。

今回は「アリス イン ワンダーランド」を見ました。

あのアリスが20歳になった時のストーリーです。
ストーリーは決められたものではなく
人生は自分で創り上げるもの

ディズニー映画はしっかりとメッセージが込められていますね
ジョニーデップもいい味出していました。

3Dということで、なかなかの映像効果がありました。

自転車で10分程度で行ける映画館
これからも気分転換にちょくちょく通いたいと思います。




2010年05月04日

屋上キャンプ


プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は、のんびりGWを

すごしています。

皆さんはいかがお過ごしでしょうか?

屋上にテントを張って

キャンプ気分を満喫しでいます。

どこからか

カッコーの鳴き声もきこえてきます。

今日は

このまま朝まで

いってみようと思います。



2010年05月03日

カサゴ&イシモチ釣り

filename_=iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B





filename_=iso-2022-jp''%1B%24B%3CL%3F%3F%1B%28B2














プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日は、カサゴ&イシモチ釣りに行ってきました。

船宿は金沢八景の「新修丸」さんです。

午前中は追浜沖でイシモチ
午後は観音崎沖でカサゴを狙いました。

本日は潮が悪いせいか なかなか当たりがありません。

それでも、なんとかイシモチ10匹 カサゴ8匹を
釣り上げました。
久々に天気の良い中釣りを楽しめました。

新修丸さんは、基本カサゴ専門で
中乗りさんもいて親切に釣り方を教えてくれます。

むずかしい潮の中、なかなかの釣果を残せたのは
非常に満足しています。

食べ方はカサゴはから揚げ イシモチは刺身&塩焼きで
食べました。
釣りたては、最高ですね!

次回は、そろそろあたたくなってきたので
タチウオなどを狙いにいきたいと思います。






2010年05月02日

セミナーブランディングの極意

small








プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

本日はセミナーブランディングについてお話をしたいと思います。
「セミナーブランディング」という言葉は私が作った造語です。

セミナー活動をしつつ、
御社(あなた)がユーザーと思う見込み客へ
サービスや製品のブランドを築く手法です。

自社の認知が低い場合
どうしても他社の力を活用する必要があります。

目的は
市場ユーザーへ認知を広く
サービス製品のストーリーを知ってもらう
サービス製品に関する周辺の深い知識を持たせる
自社のサービス製品を良く知ってもらう
見込み客にFANになってもらう

以上
目的別に セミナーの企画方法し、演出をすることが可能です。

この目的別に見込み客管理をする事が重要です。

また営業支援管理とは
この目的別に見込み客と接点があった情報を
徹底管理することが必要です。

次回は、この見込み客管理の方法についてお話をしたいと思います。

Photo by MK



2010年05月01日

ブランディング方法論

icon11





プロジェクト管理会計研究所の古谷です。

先日オサマジョールの陣内社長とブランディングについて
ディスカッションをさせていただきました。

陣内さんは元博報堂でブランディングを専門領域として活躍され
その後独立し現在オサマジョールの代表をされております。

ブランディングを構築するための独自の方法論を確立され
中小企業から大企業 ビジネススタイルも
BtoC BtoBまで
大変参考になる情報交換をさせていただきました。

最近のブランディングの構築方法は
デザインからのこじつけ論が多いようですが
ここの方法論は、しっかりとした落とし込みがポイントです。
現在版CIの手法はこの方法です。

デザインありきでいくと
その時代のかっこよさで終わるケースが多いようです。

現在不況で現在のビジネスモデルに限界を感じている経営者
新しい領域へ進んでいかなければないらないと感じている経営者
などには今の悩みを整理することができると言えます。

一度陣内さんのお話を聞けば
デザインありきはないことは理解できますよ

http://www.osa-mayor.com/

Photo by MK



経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド