2013年07月22日

ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント

1106303895

プロジェクト管理会計研究所 古谷です。

PROJECT INITIATIVE株式会社 藤田 勝利さんが執筆された
ドラッカー・スクールで学んだ本当のマネジメント
という新刊のご紹介

藤田さんは前職で一緒に事業開発をした仲間
現在でも何かコトを起こすべく語り合っています
経歴は
1996年上智大学経済学部卒業。住友商事株式会社、アクセンチュア社勤務後、
2004年米Claremont Graduate University P.F Drucker Graduate School of Managementにて
経営学修士号取得(成績優秀者表彰)。
2005年よりIT系ベンチャー企業にてマーケティング責任者、
事業開発担当執行役員等を歴任。2010年経営コンサルタントとして独立し、Manage For Goodを創業。
2013年PROJECT INITIATIVE株式会社設立。
コンサルティングおよび経営リーダー育成事業、各種新事業のプロデュースを展開されています

「ドラッカー・スクール」とは、
米国カリフォルニア州のクレアモント大学院大学に所属する小規模のマネジメント・スクールで
創設者でもあるピータードラッカーの名前を冠した同スクールは、経営分析だけではなく、
学生と教授との深い対話と思考を通じ、
「本当のマネジメントとは何か」についてじっくり学ぶ環境を提供しています。

日本では、「マネジメント=管理、もしくは管理職」とされていますが、
それはドラッカーが本来伝えたかったマネジメントの本質とはかけ離れています。
マネジメントとは、自分がかかわる人の強みと創造性を引き出して成果を上げる考え方
それは、人と協力して生きる上で誰もが身につけるべき「リベラルアーツ(一般教養)」の1つでもあります。

本書では、マーケティング、イノベーション、会計、ITなどの
個別テーマのなかでマネジメントの原則をどう活かしていくかについて、
具体的なケースに基づいて言及することにより、多くの人がイメージしやすい内容
ドラッカー・スクールでドラッカー本人や、その思想を受け継ぐ教授陣から学んだ、
マネジメントの本質が分かります。

マーケティング、イノベーション、会計、ITという観点から
ドラッカーのマネジメントについて語られた本はほかには存在しません
「自分がかかわる人の強みと創造性を引き出して成果を上げる考え方」
これからの働き方生き方について模索されている方
特に人と繋がり新規事業を創造されている方にはオススメの一冊です。




トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
経歴
「プロジェクト管理会計研究所」
はじめまして 私は相鉄建設株式会社という建設業で経理財務を経験後、株式会社TYO(CM制作会社)の財務を経て、2002年2月へエンプレックス株式会社(ITサービス)へ取締役経営管理部長を担っておりました。なのでゼネコン〜CM制作会社〜ITベンチャーと業種は異色です。ソフトウェア業界や広告業界などは、建設業と比べ歴史が浅く会計処理をとっても、業務などが確立されておらずその会社のやり方により利益管理や業務処理も様々です。これら業界では、ひとつひとつの製品を「プロジェクト」と呼んでいます。今後、このブログにて​
プロジェクト管理会計の妄想 理想のプロジェクト管理会計・プロジェクト管理会計のノウハウや業界の悩み事・プロジェクトの利益算出・業務フロー・先読み経営などをテーマに、お悩みの方や今ひとつ答えがでないという経営者/経営管理CFOの方などへ少しでもヒントとなり役立てていただければ幸いです

プロジェクト型ビジネスに関わる方々へのサービス
1)制作・開発現場の採算意識向上
2)個別原価計算の会計処理効率アップ
3)業績予測管理の精度向上
4)販売・購買管理の内部統制強化
5)営業・現場・管理・経営層の情報共有

経歴:古谷 幸治(ふるや ゆきはる)

1967年生 神奈川県横浜市出身
関東学院大学経済学部経済学科卒。
相鉄建設(総合建設業)
ティー・ワイ・オー(CM映像制作業)などを経て
2002年2月エンプレックスに参画。取締役に就任。
「セミナー講演多数」

建設業の会計業務知識をベースに、
映像制作業やソフトウェア開発/SI業での
経営管理経験から「プロジェクト管理会計」の手法を自ら体系化。
BIG3の監査法人の指導を得て、自社開発でプロジェクト管理会計
システムをプロデュース「eMplex PBM」の機能に昇華。
コンサルティングした企業は200社を超える
そのプロジェクト管理会計手法は圧倒的な支持を得ている。

また新規事業の立ち上げ/クロスメディアマーケティング
/NEWビジネスにおける経営管理のあり方を体系化
​ERPCRMコンサルタント プロジェクト管理会計
精度の高い業績予想体制を確立するコンサルティングサービスを行っている

三児の父
人とのつながり
人とそこから広がるご縁を一番大事にしている

趣味/特技は
船釣り・バンド活動・映画鑑賞・写真・読書・パン作り・BMW・横浜ベイスターズ観戦・ラグビー観戦・キャンプ
・地元横浜めぐり・ボーリング・バーベキュー・自転車

facebookページはこちら

お問い合わせはこちら
email:furuya@projectinnovation.yokohama
TEL:090-4364-5554

タグクラウド